チュニジアのおすすめ観光&体験10選

北アフリカに位置し、北東部は地中海に面しているチュニジア。美しいビーチが続く地中海リゾートと、サハラ砂漠やカスバといったアラブ・イスラム世界の雰囲気を併せもっています。首都チュニスは北アフリカ最大の都市のひとつでありながら、世界遺産も多くあります。今回はチュニジアを訪れた際はぜひ観光したいスポットとアクティビティを紹介します。

 

最新の新型コロナウィルスによるチュニジアへの渡航制限状況

 

チュニジアについて

チュニジアの香辛料

チュニジアは北アフリカほぼ中央に位置し、国土の北と東を地中海に臨むイスラム教の国です。面積は日本の約1.5倍ほどで、そこに約1,155万人が暮らしています。首都は北部にあるチュニス。この旧市街のメディナは世界遺産にも登録されており、迷路のように入り組んだ細い路地に商店などが並んでいます。日本からチュニジアへの直行便はなく、12∼18時間の飛行時間を要します。
チュニジアの沿岸部は夏は暑くて少雨、そして冬は比較的おだやかな地中海性気候に属しています。湿度が低いために、気温のわりには比較的過ごしやすいです。夏でも朝晩は冷え込むことがあります。内陸部は大陸性気候で、日中は暖かく朝夕は冷えるのが特徴。年間を通して上着を持っていると安心です。
チュニジアはフランスの支配下にあったことと、遥か昔にローマ帝国によって支配されていた時代があったことから、現在でもローマ時代に造られた施設が遺跡となって残っています。

チュニジアの観光スポット

(1)カルタゴ遺跡

カルタゴ遺跡

チュニジアの首都チュニスの郊外にある遺跡です。ユネスコ世界文化遺産に登録されています。カルタゴは紀元前9世紀~8世紀頃に築かれた都市国家で、貿易で栄えるもローマによって滅ぼされた街です。広々とした、アントニヌスの共同浴場が代表的な遺跡です。

(2)エル・ジェムの円形闘技場

エル・ジェムの円形闘技場

ローマによる統治時代に建てられた巨大なコロセウム。イタリア・ローマにあるコロッセオと比較すると規模は小さいものの、3階建ての観客席は3万5,000人を収容でき、保存状態も良く見応えは抜群です。

(3)ドゥッガ

ドゥッガ

北部にあるアフリカ最大規模のローマ帝国の都市遺跡。紀元2~4世紀に繁栄を極め、当時約1万人の人々が住んでいたと言われています。標高600mの小高い丘の上にあり、ローマ時代に建設された野外劇場や神殿、公共浴場など、点在するたくさんの遺跡を見ることができます。1997年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

(4)古都ケロアン

古都ケロアン

チュニジアの中部にあるエリアで、イスラム文化が強い地域でもあります。ここはローマの遺跡ではなく、7世紀にウマイヤ朝より派遣された提督ウクバ・イブン・ナーフィにより建設された、北アフリカにおけるイスラム発祥の地。イスラム教では、サウジアラビアのメッカとメディナ、イスラエルのエルサレムに次ぐ第4の聖地となっています。街全体はこじんまりとしており、静かでのんびりとした雰囲気に包まれています。

(5)ハンマメット

ハンマメット

たくさんのヨーロッパの著名人が別荘を構える、ボン岬にある海沿いの人気リゾート地。ゆったりと過ごすことができるエリアです。ディスコなどのナイトライフや、地元の祭りも楽しむことができ、エンターテインメント性に富んだ場所です。

(6)スース

スース

チュニスの南160キロにあるケロアンの街からバスで1時間ほどのところにある港町。「サヘル地方の真珠」と称される欧米に人気のビーチリゾートです。城壁に囲まれた旧市街地がユネスコ世界文化遺産に指定されています。グランド・モスクがあり柵の外からですが内部を見られます。内部は太陽の光が入らないように造られているので、薄暗い空間が広がっています。周辺にある塔にのぼると、街並み全体を見渡すことができます。

(7)バルドー博物館

バルドー博物館

「チュニジアのルーブル」と称されるバルドー博物館は、もともとオスマン帝国時代にチュニジアを統治していた地方長官の宮殿でした。ローマと初期キリスト教時代のモザイクコレクションは世界屈指の規模と保存状態を誇っています。モザイク画のコレクションが多く、当時の日常生活を垣間見ることができます。

(8)ジェルバ島

ジェルバ島

チュニジアの南部、リビア国境の近くにある島で、地中海で最も人気のあるリゾート地のひとつです。旧市街地・メディナではアラブの文化に触れることができ、長期バカンスで滞在する人も多い場所です。美しいビーチがあり、親子連れやカップルの微笑ましい姿を見ながら、穏やかな時間を過ごすことができます。

(9)トズール

トズール

チュニジア南部にある街で、アルジェリアと国境を接しています。広大なサハラ砂漠の玄関口になっており、そのダイナミックな自然の景観を見ようと、多くの観光客が訪れるスポットです。また車で1時間ほどの場所にあるサハラ砂漠の村、オング・エル・ジェメルは映画「スターウォーズエピソード1」のロケ地になった場所です。セットが今も残されているので、こちらにもぜひ足を運んでみてください。

(10)ブルギバ廟

ブルギバ廟

1956年にチュニジアをフランスから独立させた初代大統領ブルギバの霊廟です。パリやロンドンで政治と法律を学んだブルギバは19歳で政治家として活動を始め、独立運動を進める中で何度も逮捕されながらも、独立を果たしました。チュニジアの独立は、1960年のアフリカ諸国の独立にも強い影響を与え、現在もブルギバは英雄として称えられています。

チュニジアの旅を満喫しよう

いかかでしたか?チュニジアのおすすめの旅行プランをまとめてみました。地中海と遺跡と砂漠の国チュニジア。まだまだ日本では知られていない未知の国ですが、この記事を参考にぜひ魅力溢れるチュニジアを観光してみてはいかがでしょうか?
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さい。

チャットでチュニジア旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!