現地の担当者に聞いてみた!台湾の知る人ぞ知る旅行、グルメ、文化などなど

料で海外旅行の相談がチャットで出来る「Oooh(オー)」では、現地のパートナーさんのお力添えが何より大切です。どんな旅行を提案してくれるの?現地でしか分からない情報は?と、海外旅行にいく前は不安はつきもの。

今回は台湾で現地の旅行会社で仕事をされて約2年となる頼 思伶(ライ シレイ)さん(以下:頼)にインタビューしました。台湾現地に住んでいるからこそわかる、おすすめの旅行スポット、グルメ、現地の習慣などローカル情報満載でお届け致します。
<聞き手=松尾 佑妃>

頼思伶(ライ ・ シレイ)さん
マルフさん

「MyTaiwanTour」のトラベルコンシェルジュ。
1983年生まれ、台湾宜蘭県出身。
日本 ・北海道在住歴四年。
趣味は語学と海外旅行。

各国の文化や風習に応じることが一番大事。それぞれに合ったプランを組むコツを掴むのは大変でした。

Oooh編集部
本日はお忙しい中、ありがとうございます!
早速ですが、頼さんが担当されている国とエリアを教えてください。
私は台湾の現地オペレーターとして仕事をしています。
Oooh編集部
具体的な業務内容はどのようなものですか?

パッケージツアーの手配とカスタマイズツアーの提案をメインに行っています。たまに英語圏のカスタマイズツアーの提案もしております。
細かく言うとお客様との連絡、ガイド、ドライバーさんや車両の手配、ホテルやレストランの予約、旅行に必要な全般的な手配を行っています。お客様に喜んで頂くために万全の準備をするのが私の仕事です。

Oooh編集部
なるほど。頼さんは日本人向けの手配をしているということですか。

私の場合は日本人をガイドするために会社に入りました。日本人のお客様をメインで仕事をしています。会社としては欧米圏の方が多く利用されます。半分くらいは欧米圏のお客様です。

Oooh編集部
今のお仕事を始めたきっかけは何ですか?
以前日本で四年間、ホテルに勤めていました。観光業が好きなんですね。台湾に帰ってきても、日本語を使った仕事がしたいと思って探したところ、今の会社と出会いました。
Oooh編集部
そうなのですね!日本の大学に通っていたということですか?
いえ、大学は台湾の学校です。しかも日本語と全く関係のない学部でした。卒業した後日本に興味を持って、東京の大学で半年くらい勉強しました。一度台湾に戻った後、ワーキングホリデイという形で再び日本に行きました。ホテルに就職して社員になり、日本での生活を始めました。
Oooh編集部
日本と台湾で暮らしてみて、違いを感じる部分はありますか?
大分違いますね。例えば、台湾では人との距離をあまりとらないのですが、日本はお互いに距離を作っている感じがします。あと日本では空気を読むことが大事ですよね。台湾の人たちは好きなように生きている感じがします。台湾人はよく親切と言われますが、たまに親切しすぎて困ることもあります(笑)
Oooh編集部
旅行業をしていくなかで苦労したことはありますか?
いろんな国のお客様がいらっしゃいます。各国の文化や風習に応じることが一番大事だと思うのですが、それが一番難しいです。あと、欧米圏と日本、東南アジアのお客様など、国民性によって好むアクティビティや観光地が大分違います。苦労だとは思っていませんが、それぞれに合ったプランを組むコツを掴むのは大変でした。
Oooh編集部
ざっくり言うと、どんな違いがあるのですか?
日本の方はガイドブックに載っていないところには行かないですね。名所に多く行かれるイメージです。欧米圏のお客さんはアウトドアが好きなので、都会のツアーに行かれる方は少ないです。
Oooh編集部
なるほど。台湾のアウトドア観光にはどういったものがあるのですか
遊歩道を歩いたり、山登り、弊社でもそのようなツアーがあります。日本ではあまり有名ではないですよね。

台湾を訪れた際は是非、個性あふれる朝市へ。台湾の昔ながらの味が楽しめます。

Oooh編集部
台湾を訪れる日本人旅行者の年齢や性別など特徴的なところがありましたら教えてください。
時期やツアー内容によって違いますね。一日ツアーの場合は30∼40代家族、仲間旅行。女性の方が多いですね。3日以上のカスタマイズツアーだと、50代~60代の夫婦。GWは特に家族の方が多いです。
Oooh編集部
日本人に人気のエリアや観光スポットはどこですか?
初めて台湾に来る方には九份(キューフン)が人気です。あとはやはり有名なスポットに行く傾向がありますね。特に台北を巡るツアーが人気です。スポットでいうと、台北101、国立故宮博物院、夜市が人気です。
Oooh編集部
なるほど。頼さんがおすすめするあまり観光客に知られていないスポットというのはどこかありますか。
台湾東部だと花蓮の太魯閣峡谷がおすすめです。東南部は山に囲まれていて、離島や温泉もあります。また年間を通じて旅行に最適な気温で、自然に恵まれた場所です。
Oooh編集部
他に、頼さんおすすめの台湾グルメも教えてほしいです。
地元に住んでいるものとしては、普通の夜市グルメではなく、個性のあふれる朝市に行ってみてほしいです。台湾の伝統市場がすごく良いんです。伝統的な雰囲気を味わいながら、昔ながらの食べ物を買って食べ歩いたり、ホテルで食べるのもぜひ一度体験してみてほしいです。
Oooh編集部
楽しそうですね。朝市だと具体的にどんな食べ物がおススメですか。
ガイドブックに載っていないようなものを紹介しますね。ひとつめは油飯(ヨウファン)という台湾風のおこわです。油っぽくはなく、さらっと軽いのが特徴です。乾物の風味がきいた素朴な味わいです。ふたつめは刈包(グアバオ)。台湾式のハンバーガーです。饅頭(中華まんの皮の部分)で具を挟んだものです。他には台湾式春巻きの潤餅(ルンビン)、蘿蔔絲餅(ルォボースービン)という千切り大根が入った揚げ餅も美味しいですよ。
Oooh編集部
どれも美味しそうですね。ちなみに頼さんオススメの現地のレストランを教えて欲しいです。
小籠包だったら、「点水楼」がおすすめです。あまり混雑していなくて落ち着いて食事ができます。あとは、地元の名無しのお店です。本当にちっちゃくて看板もないようなお店。都市によって変わってくるので、ぜひ台湾にいらした際はご案内いたします。
Oooh編集部
ぜひ台湾にいった行った際は立ち寄ってみたいです。グルメと併せて、おすすめのお土産もあったりしますか?
パイナップルケーキ、お茶セットが定番です。最近はリピーターが増えてきて、女性のお客様には台湾雑貨が人気です。布のマスクや小物類ですね。
Oooh編集部
ありがとうございます。旅行業をしていて面白かったエピソードがあれば教えてください。
新人の頃、仕事を体験するために会社の日帰りツアーに参加しました。見学みたいな感じで。その日参加していたお客様は60代の日本人の女性の方ひとりでした。少し足の良くない方で、心配だったのでお客様の手を握ってゆっくり歩くことにしました。旅の最後には仲良くなってLINEを交換しました。その後も台湾によくいらっしゃるので、その時は必ず会ってお土産を交換したり、食事しています。
Oooh編集部
素敵なお話ですね!台湾は安心して旅行できるイメージがあるのですが、治安の方はいかかでしょうか。
個人的に治安は日本とほぼ変わらないと思います。都会だったら女性一人でも夜遅くまで外を歩いても安心な国だと思います。親日で有名だと思うのですが、日本人に対して親切な方は多いですし、日本語を話せる人もたくさんいます、話せない人でも身振り手振りで親切に教えてくれます。なので初めての海外旅行には台湾はおすすめです。ちょっと気を付けた方がいいのは、台湾では歩行者を優先しないので観光される際は気を付けてください。
Oooh編集部
物価は安いのでしょうか。
東南アジアよりほどではないですが、日本に比べれば安いと思います。
Oooh編集部
次に日本から行く時にどの程度現金を持っていったほうがいいか教えて欲しいです。
一日宿泊付きのプランに参加する場合だったら、食事と買い物をするだけなら1000元、日本円で3000円で十分だと思います。
Oooh編集部
キャッシュレスは進んでいますか?
都会はほぼカードが使えます。コンビニでしたらアップルペイのような電子マネーも使えます。田舎は現金を持っていくと安心です。あと屋台は基本現金ですね。
Oooh編集部
他に台湾旅行に持って行った方がいいものはありますか。
ないと思います。コンビニやスーパーは24時間空いているものもありますし、現地で揃うと思います。Wi-Fi環境も日本と同じ、整っていますよ。
Oooh編集部
本日はありがとうございました!
日本と台湾で旅行業の経験を持つ頼さん。
お客様それぞれに合った旅行作りを大切にしていることが伝わりました。
またガイドブックには載っていないスポットやグルメを教えていただき、台湾の魅力を再発見するインタビューでした。
日本から近く、安全に旅行できる台湾。是非一度訪れてみませんか?

★台湾旅行の相談は Ooohで!★

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!