ボツワナのおすすめホテル・各都市へのアクセスまとめ

ダイヤモンドの生産地として経済力を蓄え、アフリカ南部のなかで最も豊かな国といわれるボツワナ。
南西部には乾いたカラハリの地が広がりますが、それとは対照的に北部は「オカバンゴ湿地帯」や「チョベ国立公園」など動物たちの楽園が点在しており、サファリツアーが人気となっています。
そこで今回はボツワナ旅行を考えていらっしゃる方必見、おすすめのホテルや、カサネ・ハボロネ各都市へのアクセスについてご紹介します。

1.ボツワナのおすすめホテル

(1)カサネ(Kasane)

チョべ国立公園

7万頭を超えるアフリカゾウが生息していることで知られる「チョべ国立公園」の入口まで約5㎞のところに位置する都市カサネ。
カサネの町は治安がよく、ゆったりとした空気が漂っています。カサネ周辺の一番のみどころは、やはり「チョべ国立公園」ですが、そのほかにも地元民の間で“幸せの湯”といわれている「カサネ・ホット・スプリング」や小さな村「レソマ村」へのツアーも催行されています。
またカサネには小さなゲストハウスから豪華なサファリロッジまでさまざまなタイプの宿泊施設が揃っており、豪華なロッジの場合には宿泊費のなかに全食事とゲームドライブやボートサファリなどのアクティビティ代がすべて含まれていることが多いです。

◇チョべ・ゲーム・ロッジ(Chobe Game Lodge)

「チョべ国立公園」内に位置する豪華なロッジ「チョべ・ゲーム・ロッジ」。
全客室からチョべ川を望むことができ、庭にはイボイノシシが現れます。さらに夜になるとハイエナやカバの鳴き声も聞こえてくるというまさに大自然に囲まれたステイが楽しめます。
ゲームドライブをはじめとしてウォーキングサファリなどアクティビティの種類も豊富で、「チョべ国立公園」を思う存分満喫したいという方にはぴったりの宿泊施設です。

◎詳細情報
所在地:Chobe Natinonal Park
電話番号:625-0340
客室数:48室
Wi-Fi:あり(客室)
公式HP:http://www.chobegamelodge.com/the-chobe-boardwalk-live-webcam/

◇クレスタ・モワナ・サファリ・リゾート&スパ(Cresta Mowana Safari Resort & Spa)

日本人観光客に絶大な人気を誇るロッジ「クレスタ・モワナ・サファリ・リゾート&スパ」。
大きなバオバブの木がシンボルのこちらのロッジは、2011年に行われた改装を経てさらにゴージャスに生まれ変わっています。敷地内には、レストランやバー、プール、9ホールのゴルフコースやテニスコート、スパまで揃っており、サービスも行き届いていて優雅なひとときを過ごすことができます。

◎詳細情報
所在地:Chobe River
電話番号:625‐0300
客室数:116室
Wi-Fi:あり(共用エリア)
公式HP:https://crestahotels.com/hotels/botswana/cresta-mowana-safari

◇ガーデン・ロッジ(The Garden Lodge)

客室数が8室のこぢんまりとしたアットホームなロッジ「ガーデン・ロッジ」。
客室棟の前には緑あふれる大きな中庭が広がっており、開放感抜群。イボイノシシやカバの姿を見ることができる場合もあります。夜は小さなバーで気さくなオーナーやゲストたちとの会話を楽しむのもおすすめの楽しみ方です。

◎詳細情報
所在地:Chobe River
電話番号:625-0051
客室数:8室
Wi-Fi:あり(共用エリア)
公式HP:https://thegardenlodge.com/

 

 

(2)ハボロネ(Gaborone)

ハボロネ

セシル・ローズによって鉄道が敷かれ、駅が設置されたことで町として発展してきたハボロネ。
1966年の独立と同時に首都となり、近年急激に人口が増加しています。
ハボロネのおもなみどころとしては、ボツワナの歴史や文化に触れることができる「国立博物館&アートギャラリー」があり、郊外のみどころとしては、シマウマなどを観察できる「ハボロネ野生動物保護区」や地元民にも愛される「モコロディ自然保護区」、伝統的な手織物を今でも生産し続けている工房「オーディー・ウィーバー」があります。

◇グランド・パーム(Grand Palm)

立派な白亜の門が印象的な豪華リゾート「グランド・パーム」。
カジノやレストラン、プール、スポーツ施設など充実した設備が整っており、客室の設備もしっかりとしています。敷地内には3つ星の「メットコート・イン(Metcourt Inn)」と5つ星の「ウォルモント(Walmont)」の2つのホテルがあります。

◎詳細情報
所在地:Bonnington Farm, Molepolole Rd.
電話番号:363-7777
客室数:149+188
Wi-Fi:あり(客室)
公式HP:http://www.grandpalm.bw/

◇アヴァニ・ハボロネ・リゾート&カジノ(Avani Gaborone Resort & Casino)

ぬくもりのあるインテリアで統一されたくつろぎ空間が魅力的な「アヴァニ・ハボロネ・リゾート&カジノ」。
カジノをはじめとして2つのレストランにバー、ラウンジ、プールやスポーツセンターなど充実した設備が整っています。また旅行会社のデスクもあり、近隣へのツアーの申し込みも可能となっています。

◎詳細情報
所在地:Chuma Dr.
電話番号:361-6000
客室数:196室
Wi-Fi:あり(客室)
公式HP:https://www.minorhotels.com/en/

◇ファルコン・クレスト・スイート(Falcon Crest Suites)

町の中心部に建つこぢんまりとした別荘風のホテル「ファルコン・クレスト・スイート」。
8室ある客室はそれぞれ個性的なデザインでまとめられており、家具や調度品もクラシカルでセンスの良いものとなっています。プールやレストランなどの設備も整っているため、落ち着いたひとときを過ごすにはぴったりのホテルです。

◎詳細情報
所在地:Phologolo.Ext.9
電話番号:393-5373
客室数:8室
Wi-Fi:あり(客室)

2.カサネ・ハボロネ 各都市へのアクセス

ボツワナ地図

ここでは上でも取り上げたボツワナの都市、カサネとハボロネについて、周辺国や周辺都市からのアクセス方法をご紹介します。ぜひ旅のプランづくりの参考にしてみてくださいね。

(1)カサネ(Kasane)

①飛行機
エア・ボツワナがヨハネスブルグから毎日、ハボロネとマウンから週2~4便運行。

②バス
フランシスタウンから所要時間約6時間30分。
ハボロネからの直通バスはなし。

③車
ビクトリア・フォールズ、リビングストンから車で約2時間。
公共の交通機関はないので、ツアーに参加するのがベストでしょう。

(2)ハボロネ(Gaborone)

①飛行機
エア・ボツワナがヨハネスブルグから毎日7便程度運行。所要時間は約1時間。
南アフリカ航空とSAエア・リンクも毎日数便運行しています。
ケープタウンからの便もあります。

②バス
ヨハネスブルグからインターケープまでのバスが毎日1便運行、所要時間は約5時間30分。

ボツワナに行こう!

いかがだったでしょうか。今回はボツワナのおすすめホテルやカサネ・ハボロネ各都市へのアクセス方法をまとめてご紹介しました。ぜひボツワナの旅を心ゆくまで楽しんでくださいね。
Ooohでは、皆さま一人ひとりのご要望に合わせた旅のプラン作りのお手伝いをさせていただいております。些細なことでも構いませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

チャットでボツワナ旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!