タイ、カップルで楽しめるおすすめ観光5選

開放的な気分が味わえるリゾート、歴史や宗教観を味わえる建造物、そして神秘的な大自然…。アジアに位置する人気観光地タイには実に多彩な魅力があります。
今回はそのなかでもカップルにおすすめの絶景観光スポットを5つ紹介します。
ぜひ大切な人と訪れて素敵な思い出を作ってみてくださいね。

 

最新の新型コロナウィルスによるタイへの渡航制限状況

  

クラビ

タイ、クラビ

秘境のビーチリゾートとして知られる「クラビ」。
「クラビ」は断崖絶壁の岩に囲まれた珍しい地形のため、豊かな自然が手つかずのまま残されており、その魅力を活かして近年リゾート開発が進められています。船でしか上陸することができない隠れ家ホテルや、洞窟を利用したレストランなど遊び心満載のスポットは訪れる人々の心を掴んで放しません。

そんな魅力たっぷりの「クラビ」ですが、なんといっても一番のみどころは天然温泉である「エメラルドプール」と「ブループール」。どちらも非常に鮮やかな水の色が特徴的で、死ぬまでに一度は見てみたい絶景とも称されています。
「エメラルドプール」と「ブループール」は「クラビ」の中心地から車でおよそ1時間。ジャングルのなかを進んでいきます。さらに20分ほど歩くと「エメラルドプール」に到着。こちらは水の中に入ることができるので、水着に着替えてリラックス気分を味わいましょう。
そしてそこからまた15分くらい歩くと、そこで待ち受けているのは「ブループール」。多くの人々で賑わう「エメラルドプール」とはうって変わり、「ブループール」は木が揺れる音や鳥のさえずりがはっきりと聞こえるほど静寂に包まれています。「ブループール」の水の中には入ることはできませんが、太陽の光に照らされて宝石のように輝く姿はなんとも神秘的で時間が経つのを忘れてしまいそう。
ぜひ大切な方と訪れてみてはいかがでしょうか。

プラヤー・ナコーン洞窟

タイ、プラヤーナコーン洞窟

タイ随一のパワースポットとして知られるのが、「カオ・サームローイヨート海洋国立公園」のなかにある「プラヤー・ナコーン洞窟」。
「プラヤー・ナコーン洞窟」内部には宮殿が鎮座しており、その宮殿が天井の開口部から差し込む太陽光によって照らされる光景がなんとも神秘的であると観光客の間で話題沸騰中のスポットなんです。
「プラヤー・ナコーン洞窟」にある宮殿は正式名称を「クーハーカルハット宮殿」といいます。
1890年にラーマ5世が洞窟を訪問したことを記念してつくられてもので、宮殿と名がついているもののかなりこじんまりとした印象。しかしまるでスポットライトに照らされるかのように、日光を受けてそびえ立つ姿はなんとも言えぬ迫力があります。特に洞窟観光のベストタイムといわれている10時~10時半の間は綺麗に日光があたっていて幻想的です。

「プラヤー・ナコーン洞窟」は海洋国立公園の沿岸部に位置しているため、周囲は広大なビーチやマングローブに囲まれています。周辺の島々をロングテールボートで巡るツアーのあるのでそちらもおすすめです。

コムローイ祭り

タイ、コムローイ

毎年11月頃にタイのチェンマイで開催される「コムローイ祭り」。
このお祭りでは、天のブッダへ感謝の気持ちを捧げ、日々の生活が幸福であるあるようにとの願いを込めてコムローイと呼ばれる熱気球を空に贈ります。何万ものコムローイが夜空に浮かび上がる迫力と美しさはまさに絶景…!ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のワンシーンのモデルにもなったことで知られています。

「コムローイ祭り」への参加は基本的に無料ですが、一部には観光客向けの有料イベントも開催されており、コムローイが一斉に打ち上げられる光景を目にすることが出来ます。このようなイベントに参加するには事前にチケットの購入が必要です。
なかでも規模が大きく有名な有料イベントは「イーペンランナー・インターナショナル」というもの。
メージョー大学近くにあるトゥドンカサターランナー寺院にて開催されるイベントで、毎年多くの外国人観光客が訪れます。「イーペンランナー・インターナショナル」では花火も打ち上げられ、満月の夜空に放たれた無数のコムローイと色鮮やかな花火が織りなす幻想的な光景を楽しむことができます。
ぜひ大切な人と一緒に映画の美しい世界に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

ワットパクナム

タイ、ワットパクナム

バンコクで随一のフォトジェニックスポットとして今話題沸騰中のお寺「ワットパクナム」。
正式名称を「ワットパクナムパーシーチャローン」といい、アユタヤ王朝時代(15世紀後半~17世紀はじめ)に建立されたお寺です。タイにはたくさんのお寺(ワット)がありますが、「ワットパクナム」はまるで宇宙のなかに放り込まれたかのような感覚を味わえる寺院として人気を博しています。

そんな「ワットパクナム」の一番のみどころは、なんといってもエメラルド色に輝く仏舎利奉安塔。
大仏塔の5階フロア中央部に位置しており、「ワットパクナム」観光の要として多くの観光客で賑わっています。
仏舎利奉安塔はなんと800枚にも及ぶエメラルド色のガラスを丹寧に重ねてつくりあげられており、下部にはおなじくエメラルド色に輝く80頭のガラス製竜王(パヤナーク)の姿が…。神々しい光を放つ仏舎利奉安塔を目にすれば、思わず溜息が漏れること間違いなしです。
さらに仏舎利奉安塔のうえに広がっているのは、過去二十八仏とそれぞれの仏様が悟りを開いた28種の菩提樹が描かれた天井画。この天井画は宇宙空間を表現しており、仏舎利奉安塔と相俟って大きなプラネタリウムのような空間をつくりあげています。

ぜひ「ワットパクナム」が誇る神秘的な空間に身を置いて、瞑想したり、写真を撮ったり、はたまたタイ人参拝者がするように仏塔の周囲を時計回りに3周歩いてお参りしたりと様々な方法でお寺を満喫してみてくださいね。

 

エレファントキャンプ

タイ、エレファントキャンプ

タイ国内には「エレファントキャンプ」や「エレファントビレッジ」と呼ばれる、象乗り体験を楽しめる観光スポットが各地に存在します。タイでは昔から、戦争や森林伐採において象が人間の役に立っていました。現在はそのような用途で使われることがなくなったため、象達は人間の手で飼育されながら「エレファントキャンプ」にてショーやトレッキングを行っています。

タイ各地にある「エレファントキャンプ」のなかでも規模が大きく、有名なものとしてはチェンマイの「メーサーエレファントキャンプ」が挙げられます。「メーサーエレファントキャンプ」では、象乗り体験、象との記念撮影、赤ちゃん象への餌やり、エレファントショーなど様々なアクティビティを楽しむことが出来ます。特におすすめなのは象乗り体験で、険しい山道を象に乗って探検します。多くの場合、象は2人乗りなのでカップルで楽しむにはもってこいです。ただ象の背中は思ったよりもバランスがよくないので、長時間乗るのは少し大変かも…。「メーサーエレファントキャンプ」には30分のコースと60分のコースがあるので、時間や体力と相談しながら自分たちに合ったコースを楽しんでみてください。

 

タイに行こう!

いかがだったでしょうか。
今回は「タイ、カップルで楽しめるおすすめ観光5選」と題して、タイに数多くある観光スポットの中から、大切な人とぜひ訪れていただきたいスポットを厳選して紹介致しました。
皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたしますので、ぜひ気軽にご相談ください。

チャットでタイ旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!