現地の担当者に聞いてみた!南米の知る人ぞ知る旅行、グルメ、文化などなど

料で海外旅行の相談がチャットで出来る「Oooh(オー)」では、現地のパートナーさんのお力添えが何より大切です。どんな旅行を提案してくれるの?現地でしか分からない情報は?と、海外旅行にいく前は不安はつきもの。

今回はブラジルで現地の旅行会社で仕事をされて約10年となるの佐々木さん(以下:佐々木)にインタビューしました。ブラジル現地に住んでいるからこそわかる、おすすめの旅行スポット、グルメ、現地の習慣などローカル情報満載でお届け致します。
<聞き手=森 友希乃>

佐々木 信仁(ササキ ・ ノブヒト)さん
佐々木さん

F.T.S. Turiamo。年生まれ、県出身。前職の大手旅行会社にて南米で旅行業の経験を培った後、2018年に独自の旅行会社を企業。

前職から培ってきた経験を活かしながら、日本とは全く違う文化を持つブラジルで奮闘する毎日です。

Oooh編集部
本日はお忙しい中、ありがとうございます!
早速ですが、佐々木さんが担当されている国とエリアを教えてください。
佐々木

私は、ブラジルで、中南米全土の旅行手配をメインに行っています。また、中南米現地から日本に行くお客様の航空券の手配も手がけています。

 

Oooh編集部
佐々木さんの具体的な業務内容はどのようなものですか?
佐々木

日本や他の海外から中南米を訪れる日本人の方、また中南米(主にブラジル)から日本へ行かれる方の旅行の手配をお手伝いさせていただいています。また人材派遣も行っていて、日本にブラジル人の方を派遣するという仕事もしているんです。佐々木

Oooh編集部
ブラジルで旅行業をやろうと思ったきっかけは何ですか?
佐々木

きっかけは前職の大手旅行会社にて、ブラジルで、南米第一号店となる支店の立ち上げを行ったことです。ブラジルでのビジネスは、日本でのものとは全く違い戸惑うことも多かったですが、やりがいのある仕事でした。しばらくその仕事を続けたのち、お世話になった上司の退職などもあり、培った経験を活かして自分で事業をやってみたいという思いが強くなったので、ブラジルで旅行会社を起業するに至りました。

Oooh編集部
大手旅行会社で学んだスキルや経験が、今のお仕事に繋がっているんですね。
実際にブラジルに住まれて、驚いたことや日本との違いはありますか?
佐々木
一番驚いたのは、中南米には時間を守るという習慣がないことですね。ブラジルの方にとっては、自分からした約束でも30分や1時間遅刻してくることはあたりまえ。それもそのはず、私も現地で働いてしばらくしてから知ったのですが、ブラジルの労働法には「就業時間に遅れてもよい」ということが書かれているみたいなんです…。
またブラジルで英語が全くと言っていいほど通じないことにも驚きました。ポルトガル語でコミュニケーションをとらなければいけないのですが、なかなか意思疎通が図れず今でも苦労しています。
Oooh編集部
それは、とても大変ですね。
ちなみにブラジルに住まれて、最高なことと最低なことを教えてください。
佐々木
最高なことは、中南米の方は皆さん陽気で親しみやすい方が多く、時の流れもゆったりと感じられることですかね。日系人の方が多いこともあってか、日本人に友好的な態度をみせてくれる現地の方もたくさんいらっしゃるので、非常に過ごしやすいです。
最低なことというか、よくないなと思うことは、自分が悪くても謝らない方が多いこと。
それに対して注意することもありますが、ブラジルにはナイーブな方が多いのか、注意の仕方にも気を付けないといけないので、そこは少し大変ですね。
Oooh編集部
中南米の方は陽気なイメージだったので、ナイーブな方が多いというのは意外でした。
他に何か、ブラジルで旅行業をする上で苦労されたことはありますか。
佐々木
まずブラジルは、日本と会計のシステムが全然違うということ。日本でのやり方が通じないので、これには戸惑いました。
あとは、現地の従業員とコミュニケーションを図ることの難しさですかね。日系人の方など、日本語がある程度わかる場合であっても、なかなか言いたいことが伝わらない。海外で仕事をする際に誰もが感じることですね。
Oooh編集部

そうなんですね。やはり言語の壁や、文化・習慣の違いを乗り越えるのは簡単でないということがわかりました。

 

中南米には、あまり観光客に知られていない秘境がまだまだたくさんあります。

Oooh編集部
中南米は日本から行くとなると遠くて大変ですが、その分ほかでは楽しめない自然などがたくさんあり、魅力的なエリアだと思います。中南米を訪れる日本人旅行者の年齢や性別など特徴的なところがありましたら教えてください。
佐々木
日本からいらっしゃる方は女性が多く、8割くらいを占めている気がします。
旅費をある程度節約して、そこにあるものを思う存分楽しむという旅の形をとる女性が多いです。
Oooh編集部
なるほど。日本人観光客に人気のあるスポット、エリアにはどのようなものがありますか?
佐々木
やはりメジャーなところでは、ペルーのマチュピチュ、ブラジルとアルゼンチンのイグアスの滝、ウユニ塩湖あたりが人気です。最近は、砂丘の中に鱗のように水がたまるブラジルのレンソイスも人気が出てきました。パタゴニアなんかもいいですね。
中南米には、観光客にあまり知られていないスポットがまだまだたくさんあると思いますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

シュンヤ(@shunya_20journey)がシェアした投稿

レンソイス

Oooh編集部
そうなんですね。佐々木さんがおすすめするあまり観光客に知られていないスポットというのはどこかありますか。
佐々木
シャパーダ・ディアマンティーナというところがあります。昔のダイヤモンド鉱山で、渓谷の眺めを楽しめたり、トレッキングをしたりできます。交通の便があまりよくないのが難点ですが(笑)
またアマゾンは3、4日間くらいあれば十分楽しめますよ。原始的な方法でピラニア釣りをしたり、そのピラニアを唐揚げにして食べたりできます。寒流と暖流で、色の違う川なんかも綺麗ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

rrryo(@rerrryo)がシェアした投稿

アマゾン

旅行業に携わっていると、様々な方との出会いや、ヒヤッとする場面など色々な事を経験できます。

Oooh編集部
佐々木さんは、旅行業をしていて面白かったエピソードはありますか?
佐々木
以前、能や狂言など日本の伝統芸能に携わっている方がブラジルに訪れ、その方と仲良くさせてもらう機会がありました。そしてその方とブラジルでなにか日本の伝統芸能に関するイベントを計画しようという話になり、2年後に日本からスタッフを20人ほど集めて、サンパウロで実現させることができました。2日間で、日系人をはじめとする1200名ほどの方が集まってくださり、楽しかったですね。赤字でしたけど、いい思い出です(笑)
Oooh編集部
旅が繋ぐ出会いって素敵ですね!
ほかには何かありますか?
佐々木
ブラジルにいる間に、オリンピックとワールドカップが開催されたのもよかったですね。
ワールドカップでは日本からのお客様も300人ほどいらっしゃって、会場に出入りできるライセンスを持つバスの手配も行いました。ブラジルの企業が少し適当だと思ったこともあり、多めにバスを手配していたのですが、当日蓋を開けてみれば案の定2台のバスがライセンスを持っていないことが判明…。多めに手配をしていたことが功を奏しましたね(苦笑)
トラブルにならなくて本当によかったです。
Oooh編集部
それまでのブラジルでの様々な経験がピンチを救ってくれたんですね!
話は変わりますが、ブラジルでおすすめのグルメは何かありますか?
佐々木
ブラジル料理だと、フェイジョアーダという豆料理やカイピリーニャというお酒が有名です。
フェイジョアーダは、元々奴隷時代の食べ物で、黒人の方のソウルフードでした。お米の上にのせて食べることが多いです。
カイピリーニャは、切ったライムと砂糖、蒸留酒を混ぜたアルコール度数40%くらいのお酒で。美味しいですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sugarcane Island(@sugarcaneisland)がシェアした投稿

カイピリーニャ

Oooh編集部
いいですね!ぜひ味わってみたいです。
おすすめのレストランはありますか?
佐々木
ブラジルに来たなら、普通のレストランよりボテッコがおすすめ。ボテッコは日本でいう居酒屋で、ブラジル料理が手軽に楽しめます。
あとは美味しい和食屋さんも多いので、日本人には過ごしやすいところと言えそうです。
Oooh編集部
ありがとうございます!
日本の観光客に人気のお土産は何かありますか?
佐々木
東ブラジルのブランド「ハワイアナス」のサンダルは、どこの国の観光客の方にも人気ですね。あとはやはりコーヒー。日本のものに比べて濃いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Havaianas Japan🌴👣(@havaianasjapan)がシェアした投稿

ハワイアナス

Oooh編集部
コーヒーは有名ですよね!
ちなみに物価は日本と比べていかがでしょうか?
佐々木
物価は日本と同じくらいだと思います。
ミネラルウォーターは500mlで50~60円くらいで買えますが、その他のものはあまり日本と変わらない気がします。
Oooh編集部
そうなんですね。では治安についてはどうでしょうか?
旅行客の多くが気にしているところだと思うのですが…。
佐々木
治安については、残念ながら悪いと言わざるを得ないですね…。
私は一度も大変な目に遭ったことがありませんが、知人の中にはピストルで強盗された人も多くいます。
また旅行者は、空港からつけられているケースがあるので注意が必要です。
両替所も狙われやすいですね。レートは悪いですが、安全面でいうなら空港での換金をおすすめします。
財布や時計は持たない、携帯電話などはチャックのついたポケットにしまうなど防犯対策を徹底することが必要ですね。
Oooh編集部
なるほど。旅行中は常に用心していなければいけませんね。
中南米に訪れる際に何か持って行った方がよいものはありますか?
佐々木
クレジットカードは必須です。ブラジルでは基本どこでも使えるので、現金は最小限にしてクレカでの支払いをおすすめします。
行く場所によっては、蚊よけスプレーや日焼け止め、サングラスもあるといいと思います。
Oooh編集部
交通手段についても、料金などおしえてください。
佐々木
バスと地下鉄は90円くらいで乗れますが、都市部ではあまりバスは使わないですね。
タクシーもありますが、ウーバーという配車サービスがタクシーに比べて安いので、皆それを利用しています。
Oooh編集部
わかりました。最後にインターネット環境について教えてください。
佐々木
SIMは最初の設定が難しく、現地で戸惑ってしまい。結局使えないというケースがよくあるので、できればWi-Fiルーターの持参をおすすめします。中南米の多くの場所ではWi-Fiルーターがないので、それをあてにするのもやめておいた方がよさそうです。
Oooh編集部
本日はありがとうございました!
ブラジルでもう10年も生活をされている佐々木さん。
文化や習慣の違いを乗り越えながら、日々エネルギッシュに活動されていることが伝わってきました。
旅行についても、まだまだ知られていない魅力的なスポットがたくさんあることがわかり、行ってみたいという気持ちが高まりました。まだ一度も中南米を訪れたことのない方も、既に足を運ばれた方も、今一度秘境多き中南米に行ってみてはいかがでしょうか。

★ブラジル旅行の相談は Ooohで!★

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!