インド、ジャイプールのおすすめ観光&体験10選

砂漠の国、ラジャスタンの州都で知られるインド「ジャイプール」。またの名を「ピンクシティ」と呼びます。街の中心地にある宮殿や王宮はかわいらしいピンクで、まさに街の象徴。まるでアートのような芸術的な建造物も多く、街歩きも楽しめること間違いなし。今回はそんなインドのジャイプールのおすすめ観光&体験10選をご紹介致します。

1.インド ジャイプールについて

ジャイプールはデリーから南西266kmにあるラジャスターン州の州都です。ジャイプールの観光スッポットは大きく3つ、城壁に囲まれた旧市街と城壁の外の新市街、郊外のアンベールに分けることができます。旧市街にはピンクの建物が多く立ち並び、ピンクシティとして親しまれていますが、1876年にイギリス王子が訪問した際に、当時の王が歓迎の意味を込めて街中の建物をピンク色に塗ったことから生まれました。

ジャイプールへのアクセスは、デリーから国内線が1日15便運航しており所要時間は約1時間。鉄道は1日11〜14便運行しており所要時間は約4時間30分〜6時間です。

2.インド ジャイプールのベストシーズンは?

ジャイプールは大きく乾季(11〜3月)と雨季(4〜6月)の2つのシーズンに分けられます。12〜2月は最高気温が25度前後と過ごしやすくベストシーズンと言えるでしょう。4〜6月は気温が40度を超えることもありとても暑い時期です。7〜9月は非常に雨が多くなります。

3.インド ジャイプールで体験したいこと

(1)ファサードが美しいピンクシティの象徴「風の宮殿(ハワー・マハール)」


Photo by Annie Spratt on Unsplash

宮中女性は姿を隠す必要があったため、女性のために作られた宮殿です。5階建てのピンクの宮殿は細かい装飾が美しく、ファサードが特徴的です。風通しもよく、街を一望することができます。

風の宮殿(ハワー・マハール)

住所:Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan
営業時間:9:00-17:30
アクセス:ジャイプール駅から車で10分
入場料:Rs.200

(2)今もなおマハラジャ一家が住む「シティ・パレス」

旧市街の中心に位置する王宮。アンベールからジャイプールに都を移した王によって1729年に建てられました。今もマハラジャ一家が暮らす住居の一部を博物館として公開しています。中庭へと続くラジェンドラ門や月の宮殿を意味するチャンドラ・マハールなど見どころがたくさん。

シティ・パレス

住所:Tulsi Marg, Gangori Bazaar, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan
営業時間:9:30-17:00(博物館は-16:00)
アクセス:風の宮殿から徒歩5分

(3)まるでアート!?世界遺産の天文観測「ジャンタル・マンタル」


Photo by Ibrahim Rifath on Unsplash

滑り台のような時計ラグ・サムラート・ヤントラや、地面を窪ませた計測儀ジャイ・プラカーシュヤントラなどアートのように見え、正確に時間などを計ることができる天文観測施設です。

ジャンタル・マンタル

住所:Gangori Bazaar, J.D.A. マーケット Pink City, Jaipur, Rajasthan
営業時間:9:00-16:30
アクセス:風の宮殿から徒歩3分

(4)ジャイプールの工芸品がそろう「ハワー・マハール・バザール」

風の宮殿の正面から道沿いに続くバザール。観光客の向けのお店が多いためお値段は少々お高めですが、ツアーなどで時間があまりない方にはジャイプールの工芸品がそろう便利なショップです。製品クオリティはピンキリなのでしっかり確認して購入しましょう。クレジットカードの使用は避けるのが無難。

ハワー・マハール・バザール

住所:Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan
営業時間:店舗によって異なる
アクセス:風の宮殿からすぐ

(5)布製品や洋服が並ぶ「バープー・バザール」

こちらは布製品を扱うお店が並ぶバザール。約400mの通りに、様々な種類の生地や衣服、ドレス、布製のポーチやバッグなどがたくさん売られています。

バープー・バザール

住所:New Gate, Bapu Bazar, Pink City, Jaipur, Rajasthan
営業時間:店舗によって異なる
アクセス::風の宮殿から徒歩10分

(6)ジャイプールの前に都があった「アンベール城」

アンベールはジャイプールに都が遷される前に王国の都があった都市。アンベール城はとても広大で、見学の所要時間は約2時間。必見スポットは門や王宮の間などたくさんあるので、像タクシーなどを利用して効率よくまわりましょう。

アンベール城

住所:Devisinghpura, Amer, Jaipur, Rajasthan
営業時間:8:00-17:30
アクセス:風の宮殿から車で20分

(7)ジャイプールの伝統陶器「ブルー・ポッタリー」

スカイブルーの綺麗な色が特徴的なジャイプールの伝統陶器。他に赤や黄色などを使い、カラフルな物が多く見られます。絵柄は植物や像などが多く、食器の他にアクセサリーなども種類豊富。ぜひお土産にいかがでしょうか。

ブルー・ポッタリー・アート・センター

住所:Near Jain Mandir, Amer Road, Jaipur, Rajasthan
営業時間:10:00-20:00
アクセス:風の宮殿から車で13分

(8)芸術的な巨大階段井戸「チャンド・バオリ」


Photo by elCarito on Unsplash

ジャイプールから車で約2時間の郊外、アバネリ村にあるのが9世紀に造られたとされる階段井戸。下へ内へと大きく掘られたその姿は芸術的でSNSでも話題に!深さ30mの中にある3500もの階段が、どの水位にも対応できるようになっています。

チャンド・バオリ

住所:Abhaneri, Rajasthan
営業時間:日の出から日没まで
アクセス:ジャイプールから車で約2時間

(9)伝統工芸ブロックプリントの博物館「アノーキー・ミュージアム」

ブロックプリントとは、 手彫りの木版を使って布にインクを押し付けていくインドの伝統工芸です。その展示や制作の実演の様子を見ることができるのがアノーキー・ミュージアム。小さい店舗ですが、ここでしか売っていないレアな布がGETできます。カフェも併設しています。

アノーキー・ミュージアム

住所:Anokhi Haveli, Kheri Gate, near Badrinath Temple, Amer, Jaipur, Rajasthan
営業時間:10:30-17:00
アクセス:アンベール城から車で5分

(10)宮廷で豪華ディナーを「スヴァルナ・マハール」

誰でも宮廷ディナーを楽しめるおしゃれなレストラン。ルネッサンス様式の内装や食器はとても豪華で、気分も上がること間違いなし!郷土料理やインド料理が楽しめる、一度は行きたいお店です。ドレスコードはスマートカジュアルでOK。

スヴァルナ・マハール

住所:Bhawani Singh Rd, Rambagh, Jaipur, Rajasthan
営業時間:12:00-15:00,19:00-24:00(4-9月は19:00-24:00)
アクセス:風の宮殿から車で20分

4.まとめ

今回はインド ジャイプールのおすすめ観光&体験10選をご紹介致しました。この他にもまだまだ書ききれないほどたくさんの観光スポットやオススメのレストラン、ショップ、アクティビティなどがあります。Ooohでは、現地の旅のプロがあなたの希望に沿った旅行プランをチャットで簡単ご提案致します。もちろん無料ですのでお気軽に相談してみてくださいね。

チャットでインド旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!

CTR IMG