モルディブのおすすめホテル・移動手段まとめ

1,000 を超える珊瑚島と 26 の環礁からなるインド洋に浮かぶ熱帯の国、モルディブ。天国の島とも呼ばれるほど美しく、透明度の高い海と真っ白な砂浜が魅力です。マリンスポーツ、スパ、ホテルやヴィラでリラックスしたり、日常を忘れてのんびりとすごすことができ何度でも訪れたい国です。
そこで今回はモルディブ旅行を考えていらっしゃる方必見、おすすめのホテルや移動手段についてご紹介します。

 

モルディブの基本情報

モルディブ 地図まずはじめに、最も基本的なモルディブという国に関する情報を紹介します。

・国名:モルディブ共和国(Republic of Maldives)
・首都:マレ
・国旗:赤は国民の勇気を示し、最後の一滴まで、その血を国家にささげるという意味をもつ。緑は命の源とされるヤシの木を指し、中央にはイスラム教の象徴である三日月が描かれている。
・人口:約51.6万人 (2018年)
・面積:298km2(淡路島の約半分)
・通貨:モルディブルフィア Rf(Maldives Rufiyaa)とラーリ La(Laari)
・時差:日本の-4時間
・言語:ディベヒ語
・民族構成:モルディブ人約33万8000人、外国人約6万9000人(2014年)
・宗教:イスラム教が国教
・出入国の手続き:
①ビザ
観光目的であれば、通常は30日以内の滞在についてビザは不要。ただし、復路航空券の所持、ホテルの予約が求められる。30日を超える場合は、モルディブの出入国管理局で申請する。最大90日まで延長可能。
②パスポート
機械読み取り式で、出国時に有効期間が6か月以上残っているものが必要。

 

厳選!モルディブのおすすめホテル

つづいて素敵なひとときを過ごすことができるおすすめホテルを厳選してご紹介します。

(1)シーサイド フィノール(Seaside Finolhu)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seaside Finolhu(@finolhu_maldives)がシェアした投稿

水平線に続く1本の長い砂州がトレードマークのホテルです。 バルコニーが広く設けられている客室はは、可愛らしい家具や調度品で揃えられ、その他の施設は淡いパステルカラーでお洒落に統一されています。 夜になると、バーには軽快な音楽が流れ、プールサイドでファイヤーダンスショーが開催されたりと、毎日を飽きさせない細かい気配りがリゾート気分を更に盛り上げてくれます。

◎詳細情報
住所:Kanufushi Island Baa Atoll, Maldives
客室数:125室
アクセス:マレ国際空港から水上飛行機で約25分、国内線約15分とスピードボートで約30分
URL:https://www.finolhu.com/

 

(2)オーゼン ライフ マードゥー(OZEN Life Maadhoo)

 

この投稿をInstagramで見る

 

OZEN LIFE MAADHOO(@ozenlifemaadhoo)がシェアした投稿

南マーレ環礁の南部にあり、近くには魚影の濃いシュノーケリングポイントや、ダイビングポイントなどが多数あります。 モルディブに到着した日に、そのままスピードボートで行けるアクセスの良さに加え、リーズナブルな価格でも、食事・飲み物・アクティビティなどが含まれる、内容充実のオールインクルーシブプランで滞在できるリゾートです。客室はスタイリッシュで女性好みの可愛らしいインテリアで、バスタブからはモルディブの海が一望できます。

◎詳細情報
住所:Maadhoo Island South Male’ Atoll The Maldives
客室数:90室
アクセス:マレ国際空港からスピードボードで約45分
URL:https://www.ozen-maadhoo.com/

 

(3)コモ ココア アイランド(COMO Cocoa Island)

 

この投稿をInstagramで見る

 

COMO Cocoa Island(@comococoaisland)がシェアした投稿

1周わずか5分の小さな島に、お部屋は33室のみという究極のプライベートアイランドリゾートです。プライベート感が非常に高く、 静かでのんびりとした休日をモルディブで楽しみたいという方にオススメのリゾートです。島の東側には、美しいサンドバンクが広がり、ビーチとハウスリーフ両方を楽しむことができる非常に珍しい地形が魅力です。 

◎詳細情報
住所:Makunufushi, South Malé Atoll 20109 Maldives
客室数:33室
アクセス:マレ国際空港からスピードボードで約50分
URL:https://www.comohotels.com/en/cocoaisland

 

(4)アミラフシ(Amilla Fushi)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Amilla Fushi(@amillafushimaldives)がシェアした投稿

自然豊かなホテルで、2014年のオープン以来高い人気を誇っています。アミラフシとは現地の言語で「My Island Home」を意味し、まるで自分の家で過ごすかのような居心地の良さを提供することがリゾートコンセプトとなっています。島全体をぐるっと美しいハウスリーフで囲まれているため、魚影も濃く、気軽にシュノーケルが楽しめます。

◎詳細情報
住所:Kihaadhoo, Maldives
客室数:67室
アクセス:マレ国際空港から水上飛行機で30分、国内線飛行機15分+スピードボート10分
URL:https://www.amilla.mv

 

(5)バロス モルディブ(Baros Maldives)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baros Maldives(@barosmaldives)がシェアした投稿

極上のハウスリーフを持つ、半月形の小さな島の居心地のいいリゾートです。島を取り囲むハウスリーフは、ビーチから10~15メートル程の至近距離にあり、水上のお部屋から直接海に降りれば、すぐ近くでシュノーケリングを楽しむことが出来ます。

◎詳細情報
住所:North Male Atoll, Rep of Maldives
客室数:75室
アクセス:マレ国際空港からスピードボートで20分
URL:http://www.baros.com/

 

モルディブ国内の便利な移動手段

モルディブ 移動手段

お次にモルディブの便利な移動手段についてご紹介します。環礁によって移動手段が変わるモルディブは、移動手段もホテルリゾート選びの一つの重要なポイントです。滞在期間や予算に合わせて、ベストな手段を選んでくださいね。

(1)スピードボード

マーレ空港から近い環礁に位置するリゾートには、スピードボートで送迎します。距離が短く、到着時間に合わせて発着してもらえるため、到着日からリゾートに滞在できます。モルディブでの滞在期間が短い方には「全泊リゾート滞在」が出来るスピードボート移動のリゾートがおすすめです。限りなく透明なラグーンに浮かぶモルディブの島々を眺めながら、水しぶきを上げながら進む爽快なクルージング冒険の旅をお楽しみ下さい!

(2)水上飛行機

モルディブの魅力と言えば、水上飛行機での送迎です。上空から眺める美しいサンゴ礁に浮かぶ島々の姿を楽しむことができます。インド洋に描かれた優美な紺碧の花輪は、モルディブに来なければ出会えない絶景です。

 

モルディブへ行こう!

いかがだったでしょうか。今回はモルディブのおすすめホテルや便利な移動手段をまとめてご紹介しました。ぜひモルディブ旅行を心ゆくまで楽しんでくださいね。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽にご利用くださいね。

チャットでモルディブ旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!