キュラソーのおすすめホテル・島内の移動手段まとめ

果てしなく広がる青い空、輝く海、白い砂浜、そして世界遺産にも登録されている美しい街並み…ここは楽園かと錯覚するほどの風景が広がるカリブ海の島、キュラソー。
キュラソー酒の産地としても知られるキュラソーは、日本ではあまりなじみのない観光地ですが、欧米を中心に人気を集めている場所です。
今回はそんなキュラソーへの旅行を考えていらっしゃる方必見、おすすめホテル、キュラソー島内の移動手段についてご紹介します。

 

1.キュラソーの基本情報

キュラソー国旗

【首都】ウィレムスタット(Willemstad)
【人口】約153,500人
【面積】444㎢
【通貨】アンティル・ギルダー(ANG)
【時差】日本より13時間遅れ、サマータイムの適用なし
【言語】オランダ語、パピアメント語、英語
【宗教】ローマカトリック、ペンテコステ、プロテスタントなど
【気候】年間を通して雨が少なく、気候の変化も少ない。気温は30℃くらいで安定しており、ハリケーンの進路からも外れているため、年間を通して観光できる。
【治安】比較的良好。リゾートでの軽犯罪に注意。

 

2.キュラソーのおすすめホテル5選

ウィレムスタット

(1)バオアセ・ラグジュアリー・リゾート(Baoase Luxury Resort)

ウィレムスタットで高級リゾートといえば「バオアセ・ラグジュアリー・リゾート」がおすすめ。
美しいカリブ海の風景が楽しめるロケーションに位置し、ゆったりとくつろげる客室で豪華なひとときを過ごすことができます。客室には、薄型テレビや冷蔵庫などが完備されており、無料のWi-Fiも利用可。
スタッフのサービスも細やかで、温かくフレンドリーなおもてなしが期待できます。

◎詳細情報
所在地:2 Winterswijkstraat, Willemstad
公式HP:https://baoase.com/

(2)ルネッサンス クラカオ リゾート & カジノ(Renaissance Curacao Resort & Casino)

キュラソーのおもな観光スポットへのアクセスの良さが魅力的なホテル、「ルネッサンス クラカオ リゾート & カジノ」。
客室は美しい内装が施され、広くて快適。部屋によってはオーシャンビューを楽しめるバルコニーがついています。また、大きなインフィニティプールには砂浜が敷かれており、優雅なひとときを過ごすことができます。

◎詳細情報
所在地:#1 Baden Powellweg, Willemstad
公式HP:https://www.marriott.com/hotels/travel/curbr-renaissance-curacao-resort-and-casino/

(3)スキューバ ロッジ(Scuba Lodge & Ocean Suites)

パステルカラーの外観がかわいらしいホテル「スキューバ ロッジ」。
ホテル内にスキューバセンターが常設されているため、ダイビングツアーなどの申し込みが可能です。眺めの良いインフィニティプールも評判で、カクテルを嗜みながら眺めるサンセットは圧巻。スタッフも陽気でフレンドリーな方が多いです。

◎詳細情報
所在地:104 Pietermaai, Willemstad Pietermaai
公式HP:https://www.scubalodge.com/en/

(4)コンティキ ビーチ リゾート キュラソー(Van Der Valk Kontiki Beach Resort)

南国の植物が生い茂る広い敷地内を探検できるホテル、「コンティキ ビーチ リゾート キュラソー」。
客室は広くて清潔。冷房の効きも良いので快適に過ごすことができます。ビーチではシュノーケリングや海水浴を楽しむことも。

◎詳細情報
所在地:z/n Bapor Kibrá, Willemstad
公式HP:https://www.kontikibeachresort.nl/

(5)アビラ ホテル(Avila Beach Hotel)

素晴らしいロケーションが評判の「アビラ ホテル」。
敷地内は手入れが行き届いていて、客室、プール、ビーチとどこをとっても清潔感が漂っています。客室によっては、カリブ海の絶景を独り占めできるバルコニーもついており、ゆったりとくつろぐことができます。

◎詳細情報
所在地:Penstraat 130 Willemstad,
公式HP:https://www.avilabeachhotel.com/

 

3.キュラソー島内の移動手段

キュラソー ビーチ

キュラソーには、電車や地下鉄はありません。
よって旅行者の移動手段として用いられるのは、おもにタクシー、バス、レンタカーの3つです。

(1)タクシー

最も楽な移動手段がタクシー。
しかしキュラソーのタクシー料金はかなり高額となっています。
キュラソー国際空港からも出口を出るとすぐにタクシーを捕まえることができますが、空港~ウィレムスタットのオトロバンダ地区(約11㎞)で35ドルと高額なのでなるべく他の手段を利用することをおすすめします。

(2)バス

キュラソー島内のバスは、伝統的な大型バスと小型バスの 2 種類が運行しています。
大型バス(コンヴォイ)は、市内の主要地点の間を不定期に運行しています。小型バスはより頻繁に運行しており、乗客の目的地に応じて路線を変えてくれることもあります。また、大型ホテルの多くが、ウィレムスタッドのショッピングエリアまで無料シャトルを運行しています。

キュラソー国際空港~ウィレムスタットのオトロバンダ地区・プンタ地区のバスターミナルを運行するバスもあり、料金はなんと1米ドル。タクシーと比べると破格の値段です。
米ドルで支払う場合はお釣りが出ないので注意しましょう。

(3)レンタカー

キュラソー島内を巡るにはレンタカーが便利。
絶景を見に行ったり、島を探検したり、はたまた近くのスーパーマーケットに行ったりと、さまざまな場面で重宝します。
キュラソー国際空港には、Avis、Budget、Hertz 等9つのレンタカー会社が入っており、車を借りることができます。そのほか、車は市内でもレンタル可能。ただし、道路標識は整備されていないことが多く、歩行者以外にもロバ、ヤギ、イグアナ等に気をつけて運転しなければならないので注意してください。

 

キュラソーに行こう!

いかがだったでしょうか。今回はキュラソーのおすすめホテル、島内の移動手段をまとめてご紹介しました。ぜひキュラソーへの旅を心ゆくまで楽しんでくださいね。
Ooohでは、皆さま一人ひとりのご要望に合わせた旅のプラン作りのお手伝いをさせていただいております。些細なことでも構いませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

チャットでキュラソー旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!