【用語集】アルゼンチン旅行に行くなら覚えておきたい挨拶やお礼など

日本のほぼ裏側に位置し、“南米のパリ”との異名を持つ国アルゼンチン。
「イグアスの滝」や「ペリトモレノ氷河」に代表されるダイナミックな自然と、ヨーロッパのような趣きの街並み、そしてジューシーで美味しいお肉…多彩な魅力を持つアルゼンチンは多くの旅人の心を掴んで放しません。
そんなアルゼンチンの公用語は、スペイン語。そこで今回はアルゼンチンを訪れるなら知っておきたいスペイン語のフレーズをご紹介します。

 

最新の新型コロナウィルスによるアルゼンチンへの渡航制限状況

 

アルゼンチンの基本情報

アルゼンチンの国旗

Image by Santiago Manosalva from Pixabay

まずはじめに、アルゼンチンという国に関する基本的な情報をご紹介します。
【国名】アルゼンチン共和国(República de Argentina)
【国旗】空と海の色であり、また自由と正義を表す色でもあるブルーと白のストライプ。中央の太陽はスペインからの独立を表す自由のシンボル。
【面積】約278万400㎢(日本の約7.5倍)
【人口】約4494万人(2019年)
【首都】ブエノス・アイレス(Buenos Aires)
【民族構成】スペイン系・イタリア系の白人(97%)、残りの3%が白人とインディヘナ(先住民)の混血メスティソ、インディヘナ、その他人種。
【宗教】国民の74%がローマ・カトリック。その他プロテスタント、ユダヤ教、イスラーム教。

 

アルゼンチン旅行で注意すべき5つのこと

ボカ地区

旅人を惹きつけるたくさんの魅力を持つ国アルゼンチン。アルゼンチンは南米のなかでは比較的治安の良い国として知られていますが、それでも多くの危険が潜んでいます。ここでは不安が残る治安面、そして日本とは異なるマナー面に関してアルゼンチン旅行の際に観光客が注意すべきポイントをまとめてご紹介します。

①スラム街には立ち入らない
アルゼンチンでは郊外よりも都市部の方が貧富の差が激しく、治安に不安が残ります。首都であるブエノスアイレスをはじめ、観光客に人気の都市においても繁華街から一歩裏に入ると「ヒジャ」と呼ばれるスラム街が立ち並んでいることがあります。道に迷った際などはむやみに歩き回らず、人通りの多い開けた道を通るように心がけましょう。
また「ヒジャ」ではないですが、観光スポットとしても知られるブエノスアイレスの「ボカ地区」も一部治安の悪い地域があるので注意してください。

②サッカー場は無法地帯
サッカー大国として知られるアルゼンチン。サッカー観戦が目的でアルゼンチンを訪れる方も多いのではないでしょうか。
アルゼンチンの人々も言わずもがなサッカーが大好きで、大事な試合が行われる日にはそこらじゅうが異様な盛り上がり。収集がつかないことも多々ありますので、思わぬトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。特に治安の良くない「ボカ地区」を本拠地とするブエノスアイレスの人気クラブ「ボカ・ジュニアーズ」の試合日には注意が必要です。

③OKサインに注意
日本ではよく用いられる、親指と人差し指で丸をつくるタイプのOKサイン。
実はこのサイン、アルゼンチンをはじめとする他国ではまったく違った意味になることがあるので注意が必要です。アルゼンチンでこのサインは「私は危険人物です」という意味、ペルーでは卑猥な意味合いを持つようになります。思わぬトラブルに巻き込まれないよう、旅行中にこのサインを使うのはやめましょう。

④会話中に目をそらしてはいけない
アルゼンチンでは、お互い目を見ながら会話するのがマナー。
日本人がついついやりがちな「会話中に目をそらす行為」や「はじめから全く相手も目を見ずに話を聞く行為」はかなりのマナー違反になるので気を付けましょう。

⑤床や足元に荷物を置かない
日本においては、荷物を置く場所がなかった場合に床や足元に置くことがよくあります。
しかしアルゼンチンをはじめとする多くの国では、このような行為は「縁起の悪い行為」といわれ、避けられています。レストランなど、自分の荷物を置く場所に迷った際には必ず椅子の上か自分の膝の上に置くようにしてください。

アルゼンチン観光で使える用語集

アルゼンチン タンゴ

アルゼンチンの公用語はスペイン語。首都の観光スポットやホテルを除いて、ほぼほぼ英語は使えないと理解しておきましょう。
そこで以下ではアルゼンチンで使えるスペイン語のフレーズをまとめてご紹介します。

(1)挨拶編

①やあ!
…Hola! “オラ!”
時間帯も相手との関係も問わず、自由にいつでも使える挨拶。アルゼンチンでは非常によく使われるフレーズですので、覚えておきましょう。

②元気?
…Cómo andas? “コモ アンダス?”
アルゼンチンでは、スペイン語圏で一般的によく使われる「コモ エスタス?」とともにこちらのフレーズもよく使います。こちらの方がやや親しみのこもった感じがあります。

③元気です、ありがとう。あなたは?
…Muy bien, gracias. Y vos? “ムイ ビエン、グラシアス。イ ボス?”
「元気?」と聞かれたときの、返し方の一例です。

④バイバイ
…Chau! “チャオ!”
日常的な別れの挨拶。フレンドリーで、またすぐに会うであろう相手に対して使うフレーズです。

⑤さようなら
…Adiós! “アディオス!”
日本への帰国前の挨拶など、改まった別れの挨拶はこちらのフレーズを使いましょう。

⑥また会いましょう
…Nos vemos! “ノス ベモス!”
日常的な場面でも、改まった別れの場面でもどちらも使うことができます。

(2)自己紹介編

①私の名前は〇〇です
…Me llamo 〇〇 “メ ジャモ 〇〇”
直訳すると「〇〇と呼んでね」といった意味。名乗る時によく使われるフレーズです。

②私は〇〇(場所)から来ました
…Soy de 〇〇 “ソイ デ 〇〇”

③私は学生です
…Soy estudiante “ソイ エストゥディアンテ”
もし〇〇会社の会社員ならSoy empreado de 〇〇 “ソイ エンプレアード デ 〇〇”、ツーリストならSoy turista “ソイ トゥリスタ”となります。

④どうぞよろしく
…Mucho gusto “ムチョ グスト”

(3)観光編

①タクシーを呼んでください
…Podrías llamar a un taxi, por favor? “ポドリアス ジャマル ウン タクシー、ポルファボール?”

②〇〇(場所)までお願いします
…A 〇〇(場所), por favor. “ア 〇〇、ポルファボール」

③〇〇はどこにありますか
…Dónde está 〇〇? “ドンデ エスタ 〇〇?”

④いくらですか
…Cuánto cuesta? “クアント クエスタ?”

⑤お勘定をお願いします
…La cuenta, por favor. “ラ クエンタ、ポルファボール”

(4)感謝・謝罪編

①ありがとう
…Gracias “グラシアス”
感謝の気持ちを伝えたいときは、にこっと微笑んでこのフレーズを言いましょう。

②どういたしまして
…De nada “デ ナーダ”
もしアルゼンチンの方に感謝される場面があったら、こちらのフレーズで返せると素敵ですね。

③本当にすみませんでした
…Le pido mil disculpas. “レ ピド ミル ディスクルパス”

④本当にごめん
…Te pido mil disculpas. “テ ピド ミル ディスクルパス”

⑤すみません
…Perdón! “ぺルドン!”
こちらのフレーズは軽い謝罪に使います。

アルゼンチンに行こう!!

今回は「【用語集】アルゼンチン旅行に行くなら覚えておきたい挨拶やお礼など」と題して、せっかくの旅を楽しむためにぜひとも覚えておいていただきたいフレーズを紹介致しました。皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたします。些細なことでも構いませんので、ぜひ気軽にご相談ください。

 

チャットでアルゼンチン旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!