タイの女子旅におすすめな観光&体験まとめ

タイは文化や大自然をはじめ、グルメ、スパ・マッサージも楽しめるということで、女子旅に人気の国です。またフォトジェニックな建造物が注目されています。日本からのアクセスも良く、比較的治安が良いところも嬉しいポイント。今回はタイの女子旅におすすめの観光スポットを紹介します。

 

最新の新型コロナウィルスによるタイへの渡航制限状況

  

タイの基本情報

タイの国旗

まずはじめに、最も基本的なタイという国tに関する情報を紹介します。

【国名】タイ王国(Kingdom of Thailand)
【首都】通称はバンコク(Bangkok)タイ語での正式名称はクルンテープ・マハーナコーン・ボーウォーン・ラタナーコーシン・マヒンタラアユタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナー・ラーチャターニー・ブリーロム・ウドム・ラーチャニウェート・マハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカティッティヤ・ウィサヌカムプラシット【人口】約6918万人(2018年推計)
【面積】約51万4000km2(日本の約1.4倍)
【通貨】バーツ(バートとも)Baht(Bと表記)
【民族構成】タイ族75%、華人14%、その他民族11%
【宗教】仏教95%、ムスリム(イスラーム教)3.8%、キリスト教0.5%、ヒンドゥー教0.1%、ほか0.6%
【時差】日本の-2時間
【言語】タイ語
【出入国手続き】
観光目的で、入国後30日以内に出国する予約済み航空券および1人1万B(家族で2万B)相当の現金があれば、ビザなしで30日(29泊30日)滞在できる(隣接国からの陸路や海路での入国は1暦年に2回まで可能)。それ以上滞在する場合は、原則としてビザが必要となる。

 

タイ旅行で気を付けること

タイのバイクタクシー

タイは治安が良い国として知られていますが、日本とは文化が異なるため、旅行に訪れる際には気をつけなければならないこともあります。以下、タイに旅行した際に注意したいポイントをまとめました。

(1)ぼったくり

旅行中にタクシーやトゥクトゥクを利用することがあるかと思います。一般的なタクシーは走行距離をメーターで計測して運賃を請求する形態ですが、中には車が走り出す前に運賃を請求してくることがあります。行き先を告げただけで運賃を請求してくる場合はほぼぼったくりなので、きちんとメーターを利用してくれるタクシーを選ぶようにしましょう。トゥクトゥクでもぼったくりの被害に遭うことがあります。トゥクトゥクとは三輪タクシーのことで、タイでは近距離の移動によく使われる交通手段です。観光客に利用されることが多く、値段を高めに設定しているので、乗る前に必ず値段交渉をしましょう。

(2)スリ、置き引き

スリや置き引きは観光地でよく起きる犯罪です。人混みを歩いているときに貴重品を盗まれることもありますが、一人が話しかけている間に別の一人が後ろから貴重品を盗むケースもあります。チャックの空いたままのバッグ、ポケットに入った大きめの財布はもちろん、人混みでのリュック、同じくショルダーバッグも危険です。財布は小さめで、中身も少なめに入れて出かけてくださいね。万が一、スリの被害に遭った時に被害を最小限にするために、お金はバラして持つことをおすすめします。

(3)睡眠薬強盗

飲み物に睡眠薬を入れられて、眠っている間に財布などを盗む強盗事件が起きています。親切そうに話しかけてきた人とその日のうちに食事をすることになり、被害に遭うケースが多いです。初めて会う人、知らない人から食事を誘われたら断りましょう。また、あまりお客のいないお店は要注意です。食事中トイレに立つときは飲み物を空にする、自分の料理に何かを入れられていないか観察しておくといったことに気をつけて食事をしてください。

 

タイの女子旅におすすめな観光スポット

(1)ワット・パクナム

ワット・パクナム

前国王の誕生記念にとして2012年に創建された新しい寺院です。フォトジェニックな天井画が話題になりました。天井には菩提樹と仏陀の一生を現した二十八仏陀、宇宙の星々が色鮮やかに描かれいます。まるで宇宙の中に放り出されたかのような独特の世界観に浸ることができます。天井画の他に、高さ約80mのワット・パクナム大仏塔が有名です。5階建ての大仏塔内は博物館や儀式や瞑想をするスペースもあるのでパワースポットとしても知られています。
住所:300 Ratcha Mongkol Prasat Road, Bang Wa, Phasi Charoen, Bangkok

(2)マンゴー・タンゴ

マンゴー・タンゴ

南国のフルーツ大国であるタイで絶対に行きたいのがマンゴー専門店。タイで長く愛されるマンゴー・タンゴは、新鮮なマンゴーのフルーツやラッシー、アイスなどマンゴーづくしです。日本にも進出していますが、ぜひ本場のお店で自慢のマンゴーを味わってください。
住所:Siam Square Soi 7, Rama 1rd., Pathum Wan, Pathum Wan, Bangkok

(3)レッドロータス水上マーケット

レッドロータス水上マーケット

SNS映えするフォトジェニックスポットとして、2017年にオープン以来人気を集める水上マーケットです。、赤い睡蓮が一年中咲いているため、季節問わず楽しめます。ボートツアーで睡蓮の池の散策ができるだけでなく、ドローン空中撮影サービスもあります。午後に咲く種類の睡蓮もありますが、一番多くの種類がきれいに咲く10時頃までに行くのがおすすめです。
住所:Bang Len, Bang Len District, Nakhon Pathom 73130

(4)パタヤビーチ

パタヤビーチ

パタヤを代表する約4kmにも続くビーチ。砂浜にはパラソルが並び多くの人々がゆったり過ごしています。デッキチェアーは有料で、スタッフが注文を取りに来てくれるので海を眺めながら食事をすることもできます。スタッフに声をかければ予約なしでもマリンスポーツが楽しめます。
住所:Pattaya Bang Lamung District, Chon Buri

(5)コムローイ祭り

コムローイ祭り

毎年11月頃にタイのチェンマイで開催されるお祭りです。天のブッダへ感謝の気持ちを捧げ、日々の生活が幸福であるあるようにとの願いを込めてコムローイと呼ばれる熱気球を空に贈ります。何万ものコムローイが夜空に浮かび上がる迫力と美しさはまさに絶景。ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のワンシーンのモデルにもなったことで知られています。

(6)アユタヤ・エレファント・キャンプ

アユタヤのゾウ

象の背中に揺られながらアユタヤ遺跡をお散歩できるエレファント・ライドです。一緒に世界遺産と記念撮影ができるのでぜひ体験してみてください。
住所:Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya

 

(7)プーケット・オールドタウン

プーケット・オールドタウン

日本人にも大人の観光スポットです。インスタ映え間違いなしのカラフルな街並みで、おしゃれな雑貨屋さんやカフェもたくさんあります。中国とポルトガルの建築様式がミックスされて造られた街は、各国のアーティストが壁画を描いたことでも一躍有名になりました。
住所:Soi Pensri Tawornwongwong, Tambon Talat Yai, Amphoe Mueang Phuket

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「タイの女子旅におすすめな観光&体験まとめ」と題して、タイに数多くある観光スポットの中から、女子旅にぴったりのおすすめ観光スポットを厳選して紹介しました。皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さい。

チャットでタイ旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!