ケニアの観光おすすめスポット【5選】

ケニアに旅行に行くことになったらどこに行きますか。実はケニアにはたくさんの訪れるべきスポットが存在します。しかもケニアで見られるものは日本では絶対に目にすることのない、かけ離れた経験をできること間違いなし。そんなケニアに行ったら外せないスポットを5つ紹介したいと思います。

ケニアについて知る

ケニアはアフリカ東部の拠点。野生動物の聖地。アフリカの東部に位置しインド洋とビクトリア湖に挟まれたケニアは、貿易と移民のルート上に位置していたため、多様な文化の影響を受けました。ケニアには16の主要な動物生態系があり、国立公園、国立保護区、そして動物保護地区として、国、地方自治体により管理されています。また、ケニアの人口は約5千万人で主な言語はスワヒリ語、英語となっています。日本から直線距離でおよそ11,000kmも離れたケニアは、たくさんの見るに値するスポットが存在します。そんな中でも特に外せないスポットとして5つご紹介したいと思います。

アンボセリ国立公園

アンボセリ国立公園

ケニアのリフトバレー州、カジアド県に位置する国立公園で、キリマンジャロの麓に広がって入りため、ここから見ることができる。かの有名なヘミングウェイが「キリマンジャロ雪」を執筆そいた場所としても有名です。かつてキリマンジャロの噴火によってアンボセリ湖の大部分が干上がってしまってできたことに端を発する。1906年に保護区として指定され、その後1974年に創立となりました。2010年2月には、旱魃の影響により8割の草食動物が死亡しており、生態系に深刻な影響が生じている。さらにエサ不足で肉食動物が人里を襲うのを避けるため、野生動物保護当局によりエサとなるシマウマやヌーなどの移送が行われています。ここから壮麗なキリマンジャロを拝むのに適しているのは、小雨季の後の乾季という時期でやまが雲に覆われていることが少ない12〜3月頃がベストシーズンです。

一番のみどころはやはりキリマンジャロを見ることですが、それに加えてアンボセリ国立公園では、キリマンジャロをバックに動物をウォッチングできることです。象やキリン、シマウマなどに加えて、ダチョウ、セグロジャッカル、オグロヌー、トムソンガゼル、などたくさんの動物を見ることができます。キリマンジャロを横から見るには最適な場所と言えます。
所在地;Loitoktok District, Rift Valley, ケニア

ナクル湖国立公園

ナクル湖国立公園

ケニアの世界遺産の一つであるナクル湖国立公園はグレート・リフト・バレー(大地溝帯)内に7つある湖のうちのひとつで、アルカリ性の湖に発生する藻を求めて、フラミンゴの大群が飛来することで有名になった観光スポットです。

1961年にナクル湖国立公園は設立され、クロサイの保護のために範囲が広げられ(1987年来)ています。1977年以降にケニア西部から移送されたロスチャイルド・キリン(別名「ウガンダ・キリン」)や、ウォーターバックも生息しており、ケニア国内にいる2種は共に公園内でよく見ることができます。そして2011年に「グレート・リフト・バレーのケニア湖水システム」として周辺地域とともに世界遺産に指定されています。

ナクル湖国立公園は、年間を通し手の観光が可能です。フラミンゴのは3~5月の雨季に多いといわれており、服装は日本の春や秋と同じでよいでしょう。雨季でも雨が降るのは夜から明け方にかけてのことが多いので、天気についてはとくに問題なく観光することができます。しかし気候変動が激しい近年では、“ベストシーズン”を明確に示すのが難しくなっています。

以前は数百万羽のフラミンゴで湖がピンクに染まったように見えることもあるので、ピンク色に見える様は圧巻です。長い足を曲げて水中を歩く様子などを近くで観察でき、ほかにもペリカンや、絶滅の危機にあるクロサイも見られるかもしれません。ジープで周囲をまわるゲームドライブや、熱気球に乗って上空から見下ろすバルーンサファリ見所の一つなので、旅行好きな人は必ず訪れたいものですね。

所在地;ケニア、リフト・バレー州

マサイマラ国立公園

マサイマラ国立公園

マサイマラ国立公園は南西部にあるケニアを代表する国立保護区です。面積は大阪府とほぼ同じ約1840平方キロメートルで、タンザニアと国境を接して広がっています。アフリカ野生動物の種類や数がもっとも豊富な、ケニア1の野生王国と言われている区域です。マサイマラ国立公園は隣の国タンザニアに国境を接する場所で、有名な「ヌーの川渡り」は、9月上旬にタンザニアとケニアの国境の川であるマラ川を、決死の大群で渡るヌーを見る事が出来ます。

時期で言うと、乾季の12~2月、6~10月がベストシーズンですが、雨季でも雨が降るのは週に数回なのでほとんど影響はありません。ヌーの大群を見たいなら7~10月がベストです。サファリカーで動物を見るゲームドライブが一般的だが、熱気球に乗るバルーンサファリもおすすめ。「サバンナ」と聞いて誰もが思い描く景色がここにあります。サバンナを堪能してみてください。

所在地;ケニア、リフト・バレー州

ラム島

ラム島

ケニアにはインド洋に浮かぶラム島があります。この島の一番大きな都市、ラムの町が出来たのは14世紀で、珍しい建物が並ぶ旧市街は世界遺産になっています。マリンディ、モンバサと並んでケニアで最も古い港町の一つで、かつてはヨーロッパ、インド、アラブ、そして中国をも結ぶ東アフリカ有数の港として栄えました。移動手段がロバと徒歩中心で、車は地方長官の乗用車1台しかないことが、のんびりした雰囲気を倍増させていると言えるでしょう。アフリカとは思えないようなイスラム風の町並みが残る旧市街は、ユネスコの世界遺産にも指定されています。

最も広い海岸通り沿いを歩けば伝統的なアラブのダウ船が多く停泊しているのを見ることもできます。日本人はまだまだ少ないようですが、観光客にも人気の、ロバで街中を見て回るのがおすすめのようです。インスタ映えするような景観に心躍らせること間違いなしです。

所在地;ケニア

ナイロビ国立公園

ナイロビ国立公園

ナイロビは1899年にモンバサ~カンパラ(ウガンダ)間を結ぶ鉄道工事のために作られたキャンプが元になった歴史の浅い町ですが、現在は東アフリカで最も繁栄する都市へと成長しました。ナイロビの近く訪れる人も多いため動物が車に慣れていて、実は他の公園より動物を近くで見ることができると言われています。ナイロビ国立公園はケニア最大の都市、ナイロビのジョモ・ケニヤッタ国際空港に近い観光スポットです。ここは都会に近く、日数が少ない旅行にはオススメ!3時間ほどのアフリカンサファリを十分楽しめます。サファリカーから、近くに寄って来るキリンやバッファローなどの野生生物たちを見る事ができます。

ここでは街の建物と動物達の姿がマッチした不思議な写真を撮影出来るのだとか。都会から少し離れた自然の中でのリフレッシュにも最適な場所のようです。空港が近いため、飛行機から動物を見るチャンスもあるようです。自然と建物の融合の生み出す形容しがたい光景をぜひ!!

所在地;ケニア、ナイロビ

ケニアを楽しもう!

今回はケニアのたくさんある観光スポットの中で5つだけ紹介しました。ケニアには心惹かれるものがまだまだあります。ぜひ自分なりのケニアの魅力を探しに行ってみてください。「〇〇に行きたい!!」などのご要望にもお答えできるOoohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さいね。

チャットでケニア旅行の相談が無料でできるOooh

アフリカの最新記事8件

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!

CTR IMG