パラグアイに行く前に知っておきたい基本情報

首都アスンシオンを中心に栄える自然豊かな内陸国、パラグアイ。
皆さんはパラグアイときくとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
パラグアイは植民地時代に根付いたスペイン文化と先住民の文化が見事に融合されている国として知られており、南米の中央に位置することから観光の拠点として選ぶ方も多くいます。また世界で2番目の発電力を誇っている水力発電所があることでも有名です。
そこで今回は、そんな魅力あふれる国パラグアイを少しでも身近に感じていただけるよう、パラグアイに訪れる前に知っておきたい基本情報をまとめて紹介致します。

パラグアイってどんな国?

パラグアイの国旗

まずはじめに、最も基本的なパラグアイという国に関する情報を紹介します。

・国名:パラグアイ共和国(República del Paraguay)
・首都:アスンシオン(Asunción)
・人口:約696万人(2018年)
・面積:40万6752㎢(日本の約1.1倍)
・通貨:グアラニー
・時差:
日本より13時間遅れ。サマーターム(年によって異なるが大体10月上旬~3月下旬)には12時間遅   れ。
・言語:公用語はスペイン語とグアラニー語。
・民族構成:
白人と先住民グアラニー族の混血メスティーソ(95%)、白人(2%)、グアラニー族(2%)、その他(1%)
・宗教:カトリック(90%)、プロテスタント(6%)
・出入国手続き:
①ピザ
90日以内の滞在であれば、観光・商用問わずビザ不要。
②パスポート
入国時点で有効なパスポートを所持していればよい。

パラグアイの気候と服装について

気候と服装

楽しく快適な旅行にするために、忘れてはならないのが気候や服装の事前チェック。
以下ではパラグアイの気候や服装についての情報をまとめて紹介します。

パラグアイの気候は亜熱帯性。年間の平均気温は17~24.5℃となっています。
内陸にあるため、1日のなかに四季があるといわれるほど昼と夜の寒暖差が大きいことが特徴です。

またパラグアイは南半球に位置するため、日本とは季節が逆です。9~10月が春、11~3月が夏、4~5月が秋、6~8月が冬となっています。パラグアイ観光のベストシーズンは冬で、暑さが和らぎ過ごしやすく、また降水量も少ないため快適な旅を楽しむことができます。

パラグアイでは季節に合わせた服装を準備をする必要があります。
夏には気温が40℃を超えるため涼しい格好で、一方冬には積雪があるため防寒具が必要です。一日のうちでも寒暖差が大きいので重ね着など体温調節をしやすい服装が望ましいでしょう。

パラグアイでの生活について

パラグアイでの生活

パラグアイは日本から遠く離れた場所に位置する国ということもあり、その生活・文化に関して様々な違いがあります。いざ現地に降り立ってから、その違いに戸惑うことがないように事前の情報収集が大切です。以下ではパラグアイでの一般的な生活について、知っておきたい知識をまとめました。

①チップ
パラグアイではチップの習慣はそこまで浸透しておらず、他の南米の国々よりも厳格ではありません。
以下では場面ごとのチップの目安をご紹介しますので参考にしてください。
【レストラン】サービスがよければ料金の10%程度。
【ホテル】ポーターに荷物を運んでもらったらG.5000程度。ベッドメイクには気持ち程度のチップを置いた方がスマートとされる。
【タクシー】基本的に不要。

②水
パラグアイでは水道水ではなく、ミネラルウォーターを購入して飲んだ方が安全です。
レストランでも基本的に水は有料で、炭酸入り(con gas)と炭酸なし(sin gas)があります。

③年齢制限
パラグアイでは18歳未満の酒類の購入ができないので、注意しましょう。

④電化製品
電圧は220Vで、周波数は50Hz。プラグは日本と同じAタイプと、Cタイプがあります。
日本の電化製品を持っていって使う場合には、念のためプラグアダプターを合わせて持参した方が安心です。ACアダプターの電圧が対応しているかも確認しましょう。

⑤日曜日は家族で過ごす
パラグアイでは、日曜日には多くの人が家族と一緒に家で過ごします。最近では日曜日に営業しているスーパーマーケットやコンビニが見られますが、観光の際は注意してください。

パラグアイの治安について

治安とセキュリティ

海外に出向くなら、訪れる国の治安情報は誰もが気になるところ。
パラグアイは南米の中では安全な国といわれていますが、それでも日本と比べると安全な国とはいえません。以下ではパラグアイの治安に関して観光客が注意すべき点など、ぜひ知っておいていただきたいことをまとめました。

①首都アスンシオンでは常に警戒が必要
パラグアイ観光の拠点として多くの観光客が利用する首都アスンシオン。
しかしアスンシオンはパラグアイの中でも治安があまり良くない地域として注意が勧告されています。特にセントロと呼ばれる旧市街、その中のチャカリータ地区は危険であり、強盗など多くの被害が報告されています。セントロには観光スポットも含まれていますが、夜の観光は避ける、貴重品の管理に気を付けるなど常に警戒を怠らないようにしましょう。

②コンセプシオン県など危険レベル2の地域には近づかない
パラグアイの一部には外務省から危険レベル2の勧告が出されている地域があります。それがパラグアイ中部のコンセプシオン県とサン・ペドロ県の県境にまたがる地域です。
この付近では、反政府武装グループによる身代金誘拐、殺人事件などが頻繁に起こっているので、絶対に近づかないでください。

③基本の防犯対策をしっかりと
パラグアイでは、スリや置き引き、ケチャップ強盗、タクシーのぼったくり、バイク強盗、スキミングなどの被害が頻繁に報告されています。どの国を訪れるときにも共通して言えることですが、危険な場所には近づかない、現金を大量に持ち歩かない、夜間には出歩かない、目立つ服装は避けるなど基本的な防犯対策をしっかりと意識しましょう。

パラグアイの旅を楽しもう

今回は「パラグアイに行く前に知っておきたい基本情報」と題して、せっかくの旅を楽しむためにぜひとも心に留めておいていただきたい情報を厳選して紹介致しました。
皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたしますので、ぜひ気軽にご相談ください。

チャットでパラグアイ旅行の相談が無料でできるOooh

パラグアイの最新記事8件

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!