パナマに行く前に知っておきたい基本情報

中央アメリカの最南端に位置する北海道よりも小さな国、パナマ。
面積は小さいものの、「パナマ文書」の舞台や「パナマ運河」などを持つ非常に影響力の大きい国です。観光の面でも、「パナマ運河」をはじめとして、歴史ある街並みや自然が生み出した絶景など、ここでしか見られない景色を楽しむことができます。
そこで今回はパナマを訪れる方に向けて、気候や服装、習慣、治安など事前に知っておくべき情報を厳選してお伝えします。

パナマってどんな国?

パナマの国旗

まずはじめに、最も基本的なパナマという国に関する情報を紹介します。

【国名】パナマ共和国(República de Panamá)
【首都】パナマ・シティ(Panama City)、正式名称はスペイン語でシウダー・デ・パナマ(Ciudad de Panamá)
【人口】約393万人(2015年)
【面積】7万5517㎢(北海道よりやや小さい、日本の5分の1)
【通貨】パナマでは自国のお札がなく、正式名称を「バルボア」という米ドルがそのまま使われている。
硬貨は「センタボ」で、パナマ独自のものとアメリカのものが両方流通しているが同等に使用できる。
なお、パナマ硬貨はアメリカで使うことができない。
【時差】日本よりも14時間遅れ。サマータイムの採用はない。
【言語】公用語はスペイン語、ほかにクナ語など先住民の言語がある。
【民族構成】混血(70%)、アフリカ系(14%)、欧州系(9%)、クナ・エンベラなどの先住民(7%)
【宗教】カトリック(85%)、プロテスタント(13%)、その他(2%)
【出入国に関して】
①ビザ
観光や語学学習を目的として入国する日本国民は、180日以内の滞在であればビザ不要。
②パスポート
入国時に有効残存期間が6ヵ月以上必要。
③入出国税
空路の入国税、出国税や空港使用料はかからない。また入国の際、入出国カードが省略される場合もある。

パナマの気候と服装について

気候と服装

海外を訪れる際は、旅先の気候や服装が気になるもの。
快適に旅を楽しむためにも気候のチェックは欠かせません。

そこで以下ではパナマの気候、快適に過ごせる服装、ベストシーズンなどについてお伝えします。

パナマは赤道に近いため、一年を通して高温多湿の亜熱帯気候です。季節は、12月半ば~4月の乾季と5月~12月半ばの雨季に分けられます。
【乾季】パナマでは一年を通して気温の変化があまりありませんが、1~3月は比較的過ごしやすく、パナ マ観光のベストシーズンだといわれています。4月は最も暑く、気温が35℃を超えることも。ただし朝 夕は気温が下がり、日本の真夏のような暑苦しさはありません。
【雨季】雨季の午後にはスコールに見舞われます。短時間に集中的に降る雨が多く、日本の梅雨のように 長い間降り続くことはありません。特にカリブ海側の地域は雨が多いので、雨具の準備を忘れずに。

次にパナマでの服装についてです。
パナマは一年を通して暑いため、基本的には夏服で過ごすことができます。ただし、バスの車内やレストランは冷房が効きすぎていることも多いので、薄手の上着があると安心でしょう。
西部の山岳地帯では、朝夕は非常に冷え込みます。この地域を訪れる人はセーターなどの防寒具が必要です。
パナマは赤道に近い国なので、日差しはかなり強め。日焼け止め、サングラス、帽子などで日焼け対策をするようにしましょう。日傘を使っている人はあまり見かけません。

パナマでの生活と習慣について

パナマでの生活

パナマは日本から遠く離れたところに位置する国であり、その生活・文化に関しては様々な違いがあります。いざ現地に降り立ってから、その違いに戸惑うことがないように事前の情報収集が大切です。
以下ではパナマでの習慣やマナーについて、知っておきたい知識をまとめました。

①チップ
パナマでは本来チップの習慣はありません。しかし欧米人の観光客が多いため、渡した方がよい場面もあります。チップの目安は以下を参考にしてください。
【タクシー】基本的には不要。
【レストラン】レストランでは、料金にサービス料が含まれていない場合に、料金の10%程度を渡すのが 一般的。庶民的な簡易食堂では不要。
【ホテル】ポーターに荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだりした場合にはUS$1~2程度。
【ツアーなどのアクティビティ】ツアーガイドには料金の10%程度。

②水
パナマでは水道水を飲むことが出来るといわれています。しかし日本人観光客の場合は念のため煮沸してから飲用するか、ミネラルウォーターを購入した方が安全です。
ホテルやレストランで出される水は飲料用の水を使用していることが多いですが、市場などの簡易食堂ではミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

③電気製品
電圧は110V、周波数は60Hz。コンセントのプラグの形状は日本と同じAタイプが使われています。
日本から電化製品を持ち込む場合はそのまま使えるケースが多いですが、地域によっては電圧が不安定であるため、変圧器が必要な場合もあります。

④年齢制限
パナマでは18歳未満の飲酒と喫煙が禁じられているので、注意しましょう。

⑤喫煙
パナマでは2009年より、建物敷地内での喫煙が全面禁止されています。飲食店の屋外テラス席も禁煙の対象エリアなので注意してください。

⑥教会の見学
パナマにはカトリック、プロテスタントなどキリスト教を信仰している人が多くいます。教会などの施設に入る際には、信仰の場であることに十分配慮してください。タンクトップや短パンなど露出の多い服装は避け、建物内では帽子を脱ぐことを心がけましょう。飲食物の持ち込みやカメラでの撮影も基本的には許可されていないことが多いです。

パナマの治安について

治安とセキュリティ

海外に出向くなら、訪れる国の治安情報は誰もが気になるところ。
北アメリカと南アメリカを結ぶパナマは治安が劣悪というわけではありませんが、日本と比較するとやはり安全とはいえません。そこで以下ではパナマを訪れるにあたって観光客が特に注意すべき点をまとめてご紹介します。

①意外にも…世界遺産ダリエン国立公園付近に注意
外務省によるパナマの治安情報を見てみると、パナマには危険レベル指数が0から2までの地域があることがわかります。危険レベル2の地域はというと、意外にも世界遺産に指定されているダリエン国立公園のある、自然豊かなダリエン県なんです。
ダリエン県には未開発の自然が残っているがゆえ、ゲリラが潜んでいる可能性があるのだとか。もし観光するのであれば、信頼できるツアーに参加することをおすすめします。

②麻薬関連犯罪に注意
パナマは北米と南米の結節点に位置にあるため、しばしば麻薬取引の中継地として利用されています。特に危険レベル2のダリエン県やコロン市、首都パナマ・シティでは、麻薬に伴う犯罪が多発しているので注意が必要です。

③タクシーの運転手による強盗に注意
他の多くの国と同様、パナマでも流しのタクシーやショッピングモール等で客待ちをしているタクシーを利用することは危険です。ぼったくりをされる可能性があることはもちろん、ひどい場合にはタクシー運転手による強盗に巻き込まれる可能性も…。
空港から出ている正規のタクシーは色が白く、白地のナンバープレートに青い文字で「SET」と書かれているので、そちら以外は利用しないようにしてください。

④最後に…衛生面の治安にも注意
外務省によるパナマの治安情報では、感染症に関する注意喚起も見られます。蚊を介した感染症や狂犬病などには注意しましょう。
またパナマは一年を通して暑い地域なので、食中毒には十分に注意することが必要です。レストランや簡易食堂で提供された食べ物でも少しでも怪しいと感じたら口にしない方が賢明です。

パナマの旅を楽しもう

今回は「パナマに行く前に知っておきたい基本情報」と題して、せっかくの旅を楽しむためにぜひとも心に留めておいていただきたい情報を厳選して紹介致しました。
皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたしますので、ぜひ気軽にご相談ください。

チャットでパナマ旅行の相談が無料でできるOooh

パナマの最新記事8件

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!