チリに行く前に知っておきたい基本情報

イースター島のモアイ像やパタゴニアをはじめとする数多くの観光スポットがある南米の国、チリ。
南北に細長いチリは大自然が織りなす絶景を思う存分楽しめることから、毎年多くの観光客が訪れています。しかし日本から行くとなると、地球の反対側に位置するということもあり、気候や文化など様々な違いに戸惑うことも…。
そこで今回は、魅力あふれる国チリを少しでも身近に感じていただけるよう、チリに訪れる前に知っておきたい基本情報をまとめて紹介致します。

チリってどんな国?

チリの国旗

まずはじめに、最も基本的なチリという国に関する情報を紹介します。

・国名:チリ共和国(República de Chile)
・首都:サンティアゴ(Santiago)
・人口:約1899万人(2019年時点)
・面積:約75万6000㎢(日本の約2倍)
・通貨:チリ・ペソ(Chile Peso)
・時差:
チリのほとんどの地域は日本より13時間遅れだが、パタゴニア南部のマガジャネス州は12時間遅れで、 イースター島は15時間遅れ。サマータイムの適用は8月の第二日曜から5月の第二日曜で、期間中はチリ のほとんどの地域で日本より12時間遅れ、イースター島は14時間遅れとなる。マガジャネス州はサマー タイムの適用なし。
・言語:公用語はスペイン語。
・民族構成:スペイン系(75%)、その他欧州系(20%)、先住民系(5%)
・宗教:ローマ・カトリック(88%)、その他プロテスタント、ユダヤ教など
・出入国手続き:
①ビザ
査証免除協定に基づき、90日以内の観光ならビザは不要。
②パスポート
パスポートの残存有効期間は滞在日数以上あれば問題ない。
③ツーリストカードと動植物未所持誓約書
チリに向かう機内で動植物を所持していないかの誓約書が配られるので、到着時までに記入してお   く。何気なくカバンに入っていたフルーツや梅干しも罰金の対象になるので注意すること。入国審査  の際には大きくPDIと書かれたレシートのようなツーリストカードが渡されるので、出国時までパス  ポートと一緒に保管する。

チリの気候と服装について

気候と服装

楽しく快適な旅行にするために、忘れてはならないのが気候や服装の事前チェック。
以下ではチリの気候や服装についての情報をまとめて紹介します。

チリは日本の約2倍もの国土を有しており、また南北は全長4239㎞にも及びます。さらに起伏に富んだ地形もあいまって、チリの気候は地域ごとにかなり異なるといえます。
そこで以下では日本人観光客に特に人気の観光スポットである首都サンティアゴと、チリ本土から約3700㎞離れた沖合に位置するイースター島の気候と服装について季節ごとにまとめてご紹介します。

・サンティアゴ
サンティアゴは地中海性気候で、夏は暖かく乾燥し、冬に雨が降ります。一年を通じて、一日の
なかの気温差が大きいのが特徴です。

【春(9~11月)】

日中は暖かいですが、朝晩は10℃を下回り、肌寒く感じます。服装は長袖または半袖、朝晩は上着やアウターが必要です。

【夏(12~2月)】

日中は30℃を超える日もありますが、湿度が低いためカラッとした暑さです。雨はほとんど降りません。夏でも朝晩は10℃近くまで気温が下がり肌寒く感じることがあります。服装は日本でいう夏服で快適に過ごせますが、朝晩は上着が必要です。

【秋(3~5月)】

春と同様に日中は暖かいですが、朝晩は10℃を下回り、肌寒く感じます。服装は長袖または半袖、朝晩は上着やアウターが必要です。

【冬(6~8月)】

日中は15℃くらいですが、朝晩は0℃近くまで下がり、かなり冷え込みます。また、雨もまとまって降ります。服装は日本でいう冬服で、特に朝晩はダウンジャケット、マフラー、手袋などでしっかりと防寒しましょう。

・イースター島
イースター島は海洋性亜熱帯気候で、温暖で湿潤。雨季と乾季に分かれていますが、一年を通じて日差 しが強く、風も強いです。天気が変わりやすく、雨が多いのも特徴です。

【雨季(5~10月)】

乾季に比べて暑さは和らぎますが、湿度は高いです。服装は長袖に上着も用意しておくとよいでしょう。帽子やサングラス、日焼け止めなどで紫外線対策をすることも忘れずに。雨具も必須です。

【乾季(11~4月)】

日中は25℃を超える日が多く、日差しも強いです。服装は長袖または半袖で、脱ぎ着しやすい上着もあると便利です。紫外線対策、にわか雨対策の雨具も忘れずに。

チリでの生活について

生活と治安

チリは地理的にも日本から離れており、その生活・文化に関して様々な違いがあります。いざ現地に降り立ってから、その違いに戸惑うことがないように事前の情報収集が大切です。以下ではチリでの一般的な生活について、知っておきたい知識をまとめました。

①水

水道水をそのまま飲むことができるといわれていますが、ミネラルウォーターを飲んだ方が安全です。
Con Gasは炭酸入り、Sin Gasは炭酸なしです。

②チップ

チリにはチップ文化があります。場面ごとのチップの相場は以下の通りです。
【レストラン】料金の10%程度。
【ホテル】ルームサービスの利用時やポーターに荷物を運んでもらった際は$500~1000程度。ベッドメイクには不要。
【タクシー】基本的には不要。
【映画館・劇場】座席の案内係にチケット代の約10%を渡すのが習慣。

③電気

チリの電圧は220V、周波数は50Hz。プラグの形状はCタイプ。一部には穴が3つありOタイプが使用できる場合もあります。
日本の電化製品を使用する場合はプラグアダプターが必要です。
ACアダプターの電圧が対応しているのかの確認も忘れずに。

④食事のマナー

チリでは、手でものを掴んで食べる習慣が全くありません。
フライドポテトなど普段は手を使って食べるものでも、チリではフォークなどを使って食べるのが正しいマナーとされています。

⑤食事の時間

チリでは一般的に日本よりも遅めの時間に食事をとります。
一日の食事の時間は、朝食が7~8時、昼食が14時頃、夕方の軽食(オンセ、夕食の代わりにする場合も)が18時半~19時半、夕食は21時頃となっています。夕食をとるために19時頃にレストランに行っても、厨房の準備ができていない場合があるので注意しましょう。

⑥トイレ

チリのトイレでは便器に紙を流してはいけない場合がほとんどです。そういった場合には備え付けのゴミ箱に捨てるようにしてください。

チリの治安について

治安とセキュリティ

海外に出向くなら、訪れる国の治安情報は誰もが気になるところ。
チリは治安に関して「南米の優等生」ともいわれており、他の南米諸国に比べると治安は良いとされているものの、日本と比べると安心はできません。
以下ではチリの治安に関してぜひ知っておいていただきたいことをまとめました。

①都市部、特にサンティアゴでは注意

チリの中でも治安面で特に注意すべきなのはサンティアゴを中心とした都市部です。
ショッピング中に何人かが不自然に寄ってきて気づいたら財布が盗まれていた、デビットカードが知らぬ間にスキミングされていた、駐車していた車の窓ガラスを割られ貴重品が盗まれた、など多くの被害が報告されています。
都市部の犯罪はやり方も計画的なものが多いので、気を抜かず十分に用心してください。

②観光客のオーラを消す

観光客はどこの国でもターゲットにされることが多く、チリでも例外ではありません。
なるべくチリの人と同じような雰囲気の服を着る、観光客とわかるようなジュエリー、腕時計はしないなどの心がけが大切です。また美しい景色に見惚れて写真を撮っているうちに荷物が盗まれていた例などもありますので、気を付けましょう。

③性的暴行に注意

女性に注意していただきたい犯罪のひとつに性的暴行があります。チリへの女性の一人旅はなるべく避け、また夜の一人歩きは絶対にしないでください。
チリは南米の中でもHIVの感染率が最も高く、エイズなどをはじめとする感染症の心配もあります。

④公共交通機関での居眠りに注意

日本人観光客は、日本にいるときの癖でつい乗り物に乗るとウトウトしがち…。
しかしチリでは公共の乗り物で居眠りをしているとスリにあう危険性が高まります。
現地の人ですら居眠りは危険と考えているようなので、観光客として訪れる皆さんはなおさらの注意が必要です。

チリの旅を楽しもう

今回は「チリに行く前に知っておきたい基本情報」と題して、せっかくの旅を楽しむためにぜひとも心に留めておいていただきたい情報を厳選して紹介致しました。
皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたしますので、ぜひ気軽にご相談ください。

チャットでチリ旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!