カンボジアの治安は?ベストシーズンは?海外旅行準備で知りたいカンボジアの基本情報まとめ

カンボジアには歴史的な世界遺産をはじめ独自の文化や生活風景が存在し、世界でも人気のある旅行先のひとつです。アンコール・ワットをはじめ、『天空の城ラピュタ』の世界を彷彿させる遺跡や湖上生活をする人々の暮らしを見たり、首都プノンペンでは王宮巡りなど、魅力的な観光スポットがたくさんあります。しかしいざ訪れるとなれば現地の治安や安全が気になるところ。そこで今回は、カンボジアを訪れる前に知っておきたい基本情報をまとめて紹介します。

カンボジアってどんな国?

カンボジアの国旗

まずはじめに、最も基本的なカンボジアという国に関する情報を紹介します。

・国名:カンボジア王国
・首都:プノンペン
・人口:約1620万人(2017年)
・面積:約18万km²(日本の約50%)
・通過:リエル
・時差:日本より2時間遅れ
・言語:クメール語
・民族構成:人口の90%がカンボジア人(クメール人)
・宗教:仏教(一部少数民族はイスラム教)
・出入国の手続き:
①ビザ
カンボジアに入国する場合は観光目的でもビザの取得が必須です。ビザは日本にあるカンボジア王国大使館、名誉領事館で申請すれば、1~2営業日で発給されます。またインターネットでも「e-ビザ」で取得することができます。シェムリアップ、プノンペンの空港、また陸路の国境でも発給されますが、事前に取得しておくのが望ましいです。通常の観光ビザ(シングルビザ)で30日間の滞在が可能。
②パスポート
入国にあたっては、カンボジア入国予定日から6ヵ月以上の残存有効期間が必要です。
③出入国カード
機内で配られるので、到着までに記入をしましょう。

カンボジアの気候と服装について

カンボジアは熱帯モンスーン気候に属し、大きく乾季(11月〜4月)と雨季(5月〜10月)に分けられます。同じ時期なら地域による大きな違いはないです。雨季には一年の降水量のほとんどが降り、一日中雨が降り続くというよりも強い雨が集中的に降るスコールが多いです。乾季に入れば蒸し暑さはやわらぎ幾分過ごしやすくなります。旅行のベストシーズンは乾季で、なかでも11~1月が雨も少なく、比較的過ごしやすいのでおすすめ。シェムリアップやプノンペンを訪れるのなら、1年を通じて日本の夏の服装と同じでよいですが、冷房の効き過ぎや日焼け対策に長袖のシャツが1枚あると便利です。

カンボジアでの生活について

カンボジアでの生活

カンボジアは日本と同じアジア圏の国ですが、その生活・文化に関して様々な違いがあります。いざ現地に降り立ってから、その違いに戸惑うことがないように事前の情報収集が大切です。以下ではカンボジアでの一般的な生活について、知っておきたい知識をまとめました。

①チップ

チップの習慣はなく基本的に不要です。
・ レストラン:高級店以外では不要。高級店でも、サービス料が付加されている場合は不要
・ホテル:ベルボーイやルームサービスに対しては2000~4000リエル程度
・ガイド:1日US$1~3程度
・専属ドライバー:1日US$1~3程度

②マナー

政治的な話題や戦争の話は避けるようにしましょう。寺院を参拝するときは短パンやミニスカートは避け、またお堂に上がるときは履き物を脱ぎます。僧侶に対しては常に敬意を払い、女性は僧侶に触れたり直接物を渡すことはできません。人の頭の上には精霊が宿っていると考えられているため、他人の頭に手を当てたり、子供の頭を撫でることも避けましょう。

③水

水道水は衛生的に問題があるため飲まないほうがよいです。ただし歯磨きやシャワーで使う分には問題ありません。市販のミネラルウォーターの購入をおすすめします。また、レストランで提供される無料の水は水道水を使っている可能性が高いので飲まないようにしましょう。

④トイレ

都市部のホテルのトイレはほとんどが水洗の洋式。地方では柄杓で水を汲んで流す和式タイプも多いです。水洗の洋式でも便座の横にゴミ箱が置いてある場合は、紙は流さずごみ箱に捨てること。町なかに公衆トイレはほとんどないので注意です。

⑤現金・クレジットカード

クレジットカードはほとんどの商店で使えますが、小さな商店や地方のお店では使えないこともあります。一般的に通用しているカードはVisa、Master、JCBです。またアメリカ$の紙幣が普通に使えます(1~20$の少額紙幣が便利)。リエルは日本国内では両替ができないので、現地の空港、街中の銀行やホテル、両替所などで両替をしましょう。

カンボジアの治安について

カンボジアの治安

海外に出向くなら、訪れる国の治安情報は誰もが気になるところ。カンボジアは1990年代初頭まで続いた内戦の影響か、治安があまり良いイメージを持たれていません。しかし凶器を使った重犯罪は皆無ではありませんが、安全に配慮して行動していれば、頻繁に遭遇するものではないでしょう。ただ、外務省の「海外安全ホームページ」では危険レベル1に指定されており(2019年11月時点)、ひったくりやスリなどの軽犯罪には十分注意が必要という状況となっています。以下ではカンボジアの治安に関してぜひ知っておいていただきたいことをまとめました。

①スリやひったくり

路上やナイトマーケット、観光名所など、あらゆる場面で遭遇する可能性のあるスリ・ひったくり。常にまわりを気にして行動し、貴重品の管理をしっかりすることが大切です。トゥクトゥク走行中スマホで撮影しているとすれ違いざまに盗られることもあるので、注意しましょう。

②ぼったくり

トゥクトゥク利用時やナイトマーケットでのショッピングでは、ほぼ毎回と言っていいほど値段交渉をすることになります。しかし特に日本人旅行者に対しては、高額な値段をふっかけてくることも多いのが現状。事前に相場を調査した上で、ぼったくりだと思ったらはっきり断るなど、被害にあわないように気をつけましょう。

③ドラッグ

特に観光客の多い場所では、現地の売人が声をかけてきてドラッグを売ろうとしてくることがあります。夜はもちろん日中でも堂々と勧められることも日常茶飯事。怪しい人に話しかけられても相手にしないこと、巧みな日本語で勧められてもきっぱり断ることを徹底しましょう。

④交通事故

無免許運転、スピード違反、飲酒運転が横行しているカンボジア。さらに、信号機がない場所や、あっても機能していない場所が少なくありません。交通ルールなど存在しないに等しい状況です。飲酒した友人の車・バイクには乗らない、ヘルメットなしでバイクタクシーに乗らないなど、便利さよりも自分の身を守ることを優先しましょう。

カンボジアの旅を楽しもう

今回は「カンボジアに行く前に知っておきたい基本情報」と題して、せっかくの旅を楽しむためにぜひとも心に留めておいていただきたい情報を厳選して紹介致しました。.皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたしますので、ぜひ気軽にご相談ください。

チャットでカンボジア旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!