ウズベキスタンのおすすめホテル・移動手段まとめ

モスクや霊廟、中国と地中海地域を結んだ古代の交易路シルクロードに関連する史跡で知られている、中央アジアの国ウズベキスタン。麗で大きな歴史的建造物がたくさん残っていおり、何度でも訪れたくなる国です。
そこで今回はウズベキスタン旅行を考えていらっしゃる方必見、おすすめのホテルや移動手段についてご紹介します。

 

ウズベキスタンの基本情報

ウズベキスタンの国旗

まずは、ウズベキスタンという国の基本情報をご紹介します。

・国名:ウズベキスタン共和国(O’zbekiston Respublikasi)
・首都:タシケント(Toshkent)
・人口:約3325万人(2019年推計)
・面積:約44万7400㎢(日本の約1.2倍)
・通貨:スム
・時差:日本との時差はマイナス4時間。サマータイムは採用されていない。
・言語:
公用語はウズベク語。ロシア語の通用度も依然として高い。
なおウズベキスタンの国語表記はキリル文字からラテン文字に改められたが、ラテン文字を良く読め  ない人もいるため、日常生活に関わる部分は今でもキリル文字が使われている。
・民族構成:ウズベク人(83.8%)、タジク人(4.8%)、カザフ人(2.5%)、ロシア人(2.3%)など
・宗教:ウズベク人のほとんどがイスラーム教のスンニ派。他にキリスト教、ロシア正教など。
・出入国手続き:
①ビザ
2018年2月10日から日本国籍者は、入国日から30日間の滞在に限り、ビザが免除されている。
②パスポートの残存有効期間
ウズベキスタン滞在期間プラス3ヵ月以上必要。
③滞在登録
ウズベキスタン入国後72時間以内に滞在登録をする必要があり、ホテルが代行することとなってい   る。滞在登録を済ませた証拠に、スタンプが押された小さな紙を渡されるので常に持ち歩くこと。出  国の際に提示を求められることもある。

 

厳選!ウズベキスタンのおすすめホテル

つづいて素敵なひとときを過ごすことができるおすすめホテルを、厳選してご紹介します。

(1)シティ パレス ホテル タシュケント(City Palace Hotel Tashkent)

タシケント市内中心部にあるアミア・テマー・スクエアとアミール・ティムール博物館から500mに位置しており、ロケーションは最高です。屋外プール、屋内プールの二つが併設された大型のホテルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mike S. Berman(@mikesberman)がシェアした投稿

◎詳細情報
所在地:100000, Toshkent, Amir Temur Street, 15
客室数:251室
アクセス:タシュケント空港から車で約10分
公式HP:https://www.lottehotel.com/tashkentpalace-city/en.ht

 

(2)ハイアット リージェンシー タシケント(Hyatt Regency Tashkent)

ビジネスにもレジャーにも便利なロケーションが魅力なホテルです。客室はエレガントなインテリアでまとめられており、床から天井まで届く窓、コンテンポラリーな家具、地元の魅力が感じられるアート作品が飾られています。

◎詳細情報
所在地:Toshkent Navoi Street, 1 A
客室数:300室
アクセス:タシュケント空港から車で約20分
公式HP:https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/uzbekistan/hyatt-regency-tashkent/tasrt

 

(3)アビチェンナ ホテル(Avicenna Hotel)

ブハラの歴史ある市内中心部に位置するホテルです。周辺にはサーマーニー公園やイスマーイール・サーマーニー廟があり、観光を楽しみたい方にもおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Avicenna Hotel Istanbul(@avicennahotel)がシェアした投稿

◎詳細情報
所在地: Mirdustim Street 216/1, Bukhara, 200100
客室数:15室
アクセス:ブハラ空港から車で約19 分

 

(4)ホテル オリエント スター ヒヴァ(Orient Star Khiva Hotel)

世界遺産内に建設されたホテルです。歴史ある建物を改装して使われており、風情ある客室が魅力です。ヒヴァ観光におすすめ。

◎詳細情報
所在地:Pahlavan Mahmud Str. 1, Khiva 220900, Uzbekistan
客室数:61室
アクセス:ウルゲンチ空港から車で約45分

 

(5)アミュレット ホテル(Amulet Hotel)

ブハラ旧市街のラビハウズ広場から300mの場所に位置するホテルです。織りカーペットフロアと梁出し天井が特徴で、それぞれ異なる内装が施さています。伝統的な木製家具が備わる家庭的なカフェでは、毎朝ビュッフェ式朝食を提供しており、事前予約制でウズベク料理も楽しむことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝗖𝗛𝗜𝗛𝗜𝗥𝗢(@icpn77)がシェアした投稿

◎詳細情報
所在地:Bahauddin Nakshbandi Street 73, Bukhoro
客室数:8室
アクセス:ブハラ空港から車で約10分
公式HP:https://ja-jp.facebook.com/HotelAmulet

 

(6)インターナショナル ホテル タシケント(International Hotel Toshkent)

タシュケントの市内中心部に位置するホテルです。また、地下鉄駅も近くにあるため移動にも便利です。アミール ティムール博物館やウズベキスタン美術館、タシケント タワーや独立広場などの代表的な観光スポットにも行きやすいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wedding & Events(@madinawedding)がシェアした投稿

◎詳細情報
所在地:100084 Toshkent 107A Amir Temur Avenue
客室数:233室
アクセス:タシュケント空港から車で約25分

 

ウズベキスタン内の便利な移動手段

ウズベキスタンの世界遺産お次にウズベキスタン国内の便利な移動手段についてご紹介します。滞在期間や予算に合わせて、ベストな手段を選んでくださいね。

(1)市営バス

タシュケントやサマルカンドなど、市内の交通に欠かせない交通機関です。値段は、タシュケント市内のバスは距離により値段が異なり、空港から旧市街のチョルスー・バザールが1000スム、チョルスー・バザールからクリリク・バザール(クイリク・バザール)までが2000スムです。

(2)地下鉄

首都タシュケントのみメトロが3路線走っており、日本人も利用しやすいです。タシュケント地下鉄は中央アジアで最初の地下鉄として1977年に開業し、以来、庶民の生活の足として活躍しています。芸術作品のような世界屈指の美しいデザインが施されているので、ぜひ利用してみてください。

(3)タクシー

タクシーは2種類で、「TAXI」と書いてある正規のものと、非正規のいわゆる「白タク」があります。ウズベキスタンではどちらもメーター制ではなく交渉制なので、どちらでも大きな差はありません。市内であれば1~2アメリカドル程度が目安になりますが、最初に話し合った値段と全く違うことを言われることもあるので、注意が必要です。また夜間や雨の場合は少し値段が上がるようです。

 

ウズベキスタンに行こう!

いかがだったでしょうか。今回はウズベキスタンのおすすめホテルや便利な移動手段をまとめてご紹介しました。ぜひウズベキスタンを心ゆくまで楽しんでくださいね。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽にご利用くださいね。

チャットでウズベキスタン旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!