インドネシアを訪れたら食べたいグルメ&お土産20選

バリ島などで知られるインドネシアは、美味しいアジアングルメの宝庫。「ワルン」と呼ばれる小さな食堂が街の至る所にあり、リーズナブルに食事を楽しめます。またインドネシアの物価は日本より安いので、お土産も気兼ねなく買うことができます。今回は、インドネシアへ旅行した際のおすすめグルメ、お土産を紹介します。

インドネシアってどんな国?

インドネシアは赤道直下の東南アジアに位置する島国で、ジャワ島など主要5島と中規模な群島を含めた17,000以上の島々から構成されています。面積は日本の国土の約5倍に匹敵する世界最大の島嶼国家であり、人口は世界第4位を誇ります。インドネシアは多民族国家ですが、大多数がマレー系の住民で占められています。マレー系の住民でも、ジャワ族やスンダ族など多くの民族集団が存在しており、全体で490もの民族が居住していると言われています。宗教は国民の約87%がイスラム教徒であり、世界最大のイスラム国家です。基本的に他宗教におおらかであり、バリ島ではヒンズー教が主流となるなど、各地で多くの宗教が信仰されています。

インドネシアのおすすめグルメ

インドネシア料理の特徴は、香辛料や、ココナッツミルクを使うものが多く、多民族国家のため諸外国の影響も受けています。種類も多く、一度食べたら病みつきになること間違いなしの美味しいグルメを紹介します。

(1)ナシ・ゴレン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ダイニングKIDO(@daining_kido)がシェアした投稿


インドネシアのローカルフードと聞いて真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。ナシ・ゴレンは日本でいうチャーハンのようなもの。サンバルやケチャップマニスのような現地特有の香辛料を使うのが特徴です。具には唐辛子や鶏肉、エビなどが入り、「クルプック」と呼ばれる揚げせんべいがつくことも。

(2)サテ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bali Surf Guide(@bali_rhythm)がシェアした投稿


東南アジア諸国で広く食べられている串焼き料理。見た目が日本の焼き鳥そっくりですが、サテは鳥以外にも牛肉や羊肉を使ったものがあります。手軽に食べることができ、味もさっぱりとしていて日本人にもなじみやすいです。

(3)ガドガド

 

この投稿をInstagramで見る

 

ブンガブラン(@sambal_and_campur_bunga_bulan)がシェアした投稿


ガドガドとはごちゃ混ぜという意味で、文字通り様々な食材を混ぜた料理です。具材は卵・にんじん・いんげん・キャベツなどの温野菜にブンブーガドガドといわれる甘辛いピーナッツソースをかけて食べます。現地では軽食やおかず料理として食べることが多いですが、軽食の場合には米をバナナ葉に包んで茹でたロントンと呼ばれるライスケーキを切ったものを付けあわせる場合が多いです。

(4)ミー・アヤム

 

この投稿をInstagramで見る

 

クリウヨシキ(@yoshiki564)がシェアした投稿


アヤムとは鶏肉のことで直訳すると「鶏そば」のこと。具の鶏肉や青野菜がたっぷりとのり、スープは鶏ガラベースのダシに、醤油や油などの味つけがされています。麺の入っている小どんぶりとは別に、スープがついてくるがつけ麺ではなく、スープを麺の上からかけていただきます。

(5)ソト・アヤム

 

この投稿をInstagramで見る

 

@dalbhat_shogunがシェアした投稿


スパイスを多く使った鶏肉のスープ。主ににんにくなどを使い、ウコンを加え黄色くなったものが一般的です。またゆで卵や野菜が入っていて、ごはんと一緒に食べられています。

(6)バクソー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroaki Shibuya(@hiroaki428)がシェアした投稿


牛肉のすり身を使ったミートボールを入れた肉団子スープ。屋台の定番グルメです。お好みでケチャップやサンバルを入れたり、揚げワンタンをトッピングするのもおすすめ。

(7)プルクデル・ジャグン

 

この投稿をInstagramで見る

 

バリ島和るんWAMO♡時々きもの和モ_名古屋(@chiaki.takagi)がシェアした投稿


トウモロコシの揚げ料理でインドネシアの家庭料理として親しまれています。生地にじゃがいもが加わることもあり、サクサクの食感に香ばしい風味が食欲をそそります。

(8)ロティ・バカール

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE SANDWICHMAN(@sandwichman_morningman)がシェアした投稿


食パンにチョコレートやピーナッツバター、チーズなどを塗り、鉄板で焼き上げた定番おやつです。カフェメニューにある小洒落たロティ・バカールもいいですが、夜に屋台で売られる小さな食パン1斤丸ごと使った豪快なロティ・バカールは食べ応えあっておすすめです。

(9)オンデ・オンデ

 

この投稿をInstagramで見る

 

マレーシア政府観光局日本(@tourismmalaysia_japanoffice)がシェアした投稿


インドネシアで最もポピュラーなお菓子の一つです。モチモチした生地の中に水分が少ないアンコのようなものを入れ、それをさらに油で揚げていただきます。中に包んだ黒糖蜜が、時間経過と共に餅に吸収されるので出来たてから数時間以内に食べると美味しいです。

(10)ジャス・アルプカッ

アボカドのジュースで、どちらかというとスムージーやシェイクっぽい飲み物です。チョコレートソースが濃厚なフレッシュなアボカドと合わさると不思議な美味しさで、マッタリした味にハマる人も多いとか。

インドネシアのおすすめお土産

豊かな自然やリゾート地が人気のインドネシアには、かわいい雑貨やおいしい食べ物、そして限定コスメなど様々なお土産があります。絶対買うべきおすすめなお土産をご紹介します。

(1)コピルアク

 

この投稿をInstagramで見る

 

モフトンマル(@moftonmaru)がシェアした投稿


高級コーヒーとして知られるコピルアク。ジャコウネコの糞から採られる珍しいコーヒーで、世界一高価で希少なコーヒーと言われています。日本だと1杯4,000〜5,000円ほどしますが、インドネシアでは同じ値段で1箱(5杯)分購入することができます。

(2)ドリアンキャンディー

 

この投稿をInstagramで見る

 

nanasbali(@nanasbali)がシェアした投稿


強烈な匂いで友達と話題になること必至の商品。東南アジアで人気のドリアンをキャンディーにしたものです。キャンディーのみならず、羊羹やビスケットなど様々な商品もあります。

(3)チョコレート

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emi(@emi.june)がシェアした投稿


インドネシアはカカオ豆の生産が盛んで、世界でも屈指の生産量を誇っています。フレーバーにはスタンダードなものから、レッドチリ味とカシューナッツ味という珍しいものまで様々。

(4)インスタント商品

 

この投稿をInstagramで見る

 

プレミアムコレクション! 【インスタント ミーゴレン】 非常食として買ってみました。 非常時じゃないけど、食べたい😆 美味しいのかな? お土産にも高級感があって良いかも💡 karismabalitour.com/index_jp.html カリスマバリツアープライベートカーチャーター 【料金 / 車1台】 ■ 4時間:Rp.550,000(約4,020円) ■ 6時間:Rp.650,000(約4,750円) ■ 8時間:Rp.700,000(約5,110円) ■10時間:Rp.800,000(約5,840円) ※エアコン付き車、英語または日本語ドライバー、ガソリン代、笑顔😄が含まれています。 ※お迎え場所、時間はお客様のご希望通り配車させていただきます。 ※日本円表示は、3月16日現在のレートで計算しています。 💡ご予約、お問い合わせは、メッセージ、メールなどからお願いします🙏 携帯電話: (+62)821 4426 0254 ウェブサイト: https://karismabalitour.com/index_jp.html メールアドレス:info@karismabalitour.com #ミーゴレン #インドミー #インスタントラーメン #インドネシア料理 #バリ島 #バリ島グルメ #バリ島情報 #バリ島好き #バリ島暮らし #カリスマバリツアー

カリスマバリツアー Karisma Bali Tour(@karismabalitour)がシェアした投稿 –


実はインドネシアは世界でもインスタント消費量が多い国。そのため、インスタント麺の種類も豊富で、味のクオリティーも高いのです。中でもお土産として人数なのは『インドミー•ミーゴレン』。インドネシアで一番定番の人気インスタント焼きそばです。

(5)カシューナッツ

カシューナッツ

一口にカシューナッツといっても、ローストしてあるもの、揚げてあるもの、味付きのものなど色々と種類があるので、ちょっとずつ試してみるのも楽しい。大人数へのばらまき用のお土産にもおすすめです。

(6)サリビンクリーム

 

この投稿をInstagramで見る

 

インドネシアには南国独自の#ハーブ や有用植物 がたくさん自生しています。 インドネシアの各家庭では、古来よりその植物を#美容 や#健康 へ活用する習慣があるそうです。#家庭の医学 #家庭の薬箱 #民間療法 #家庭の台所を薬局に #キッチンファマシー という考え方です。それを#ジャムウ #jamu と呼び、中国 の#漢方 のようにたくさんの調合レシピがあるそうです。 現在でもその知識は#化粧品 に応用されており、#バリ島 にもたくさんの素晴らしい商品 #バリコスメ があります。 その一つが、この#サリビンクリーム #saribing #saribingcream です。 万能 #マッサージオイル として有名な#ボカシオイル #ボカシラブオイル #bokashiruboil の姉妹品です。 #ココナッツオイル をベースにハーブエキスや#天然成分 で作られた#ハーバル #ナイトクリーム です。#保湿ケア はもちろんのこと、#肌が明るく なります。 女性の#基礎化粧品 だけではなく、#男性化粧品 としてもお使いいただけます。ぜひ一度#フェイシャルケア にご利用頂きたい商品です。

バリフェスタ(@balifesta)がシェアした投稿 –


アロエやココナッツそしてパパイヤなど肌に良い成分ばかりで調合されているクリーム。ワセリンのような使いごこちで、肌をしっかりと保湿してくれます。ふっくらモチモチの赤ちゃん肌になれると評判です。

(7)バティック

バティック

世界無形文化遺産として登録されているバティック。マレーシアまたはインドネシアでよく見られる、ろうけつ染め布地のことで、特に有名なのはジャワ島のバティックです。古代では、王宮や一部貴族のみに着用が認められていたそうです。個性的で様々な柄があり、近年では若者のファッションとしても注目されています。

(8)ココナッツソープ

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARU(@bali_tokoharu)がシェアした投稿


インドネシアにはバリ島のスパ文化などがありますが、美肌の秘訣はどうやらココナッツソープにもあるようです。香りもアロマのナチュラルなものが多く、使うたびに癒されます。

(9)ヘアオイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

旅好き40代♡美活×語学(@cherinka_trip_beauty)がシェアした投稿


カプセルに入った洗い流さないトリートメントとして、話題沸騰中の商品「ellips」のヘアビタミン。最近では日本の100円ショップでも売り出され、売り切れ店舗が続出しています。カプセルの先端部分をハサミで切り、ドライする前の髪に塗るだけなので使うのも簡単。

(10)アタ製品雑貨

 

この投稿をInstagramで見る

 

アタバッグ アタ雑貨 専門店 Rosily(ロージリー)(@rosily.official)がシェアした投稿


インドネシアに自生するシダ科の植物の茎を裂いて編み込んだ雑貨品で、インドネシアの伝統製品です。かごバッグを含む全ての雑貨1つ1つが、熟練の職人によって編まれています。置物としてお部屋に飾ってかわいいものや、女子に人気なシンプルなデザインまで種類がたくさんあります。

インドネシアの旅を楽しもう

いかがでしたか?インドネシアには美味しく手軽に食べることのできる料理がたくさんあります。ぜひ訪れた際は紹介したグルメを食べてみてください。またインドネシアでしか手に入らない、実用的かつインドネシアらしいお土産を集めてみました。もしお土産選びに迷ってしまったら参考にしてみてくださいね。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さい。

チャットでインドネシア旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!