ニュージーランド、クライストチャーチのおすすめ観光&体験10選

ニュージーランドの南島最大の都市、クライストチャーチ。2011年のカンタベリー大地震で大きな被害を受けたものの、目覚ましい復興を遂げ、近年では新しい商業施設やレストラン、カフェなどが続々とオープンしています。まだまだ地震の被害がそのままになっている場所も多く残りますが、活気を取り戻しているクライストチャーチは見どころがたくさん詰まった街。大都市でありながら緑あふれるガーデンシティとしても愛されています。今回は、ニュージーランドクライストチャーチのおすすめ観光スポットや体験したいこと、おすすすめグルメなど10選をご紹介します。

1.ニュージーランド クライストチャーチについて

ニュージーランドの南島最大の都市ですが見どころは中心部にぎゅっと集まっているので、1日あれば徒歩で観光できてしまいます。2011年に起こった大地震の被害を受けたものの、目覚ましい復興を遂げているクライストチャーチには地震を忘れないための博物館や、仮設でありながらも美しい教会があるほか、メディアでも話題の可愛らしい街並みや大自然に囲まれた公園など見どころたっぷりです。

クライストチャーチへのアクセスは、日本からの直行便がないため、オークランドやクイーンズタウンを経由して行くのが一般的です。所要時間は国内線でオークランドから1時間25分、クイーンズタウンから1時間50分ほどです。

2.ニュージーランド クライストチャーチのベストシーズンは?

ベストシーズンは春〜秋に当たる10〜4月です。クライストチャーチは年間を通して温暖で、降水量も少ないことからベストシーズンでなくても比較的観光がしやすい街です。ニュージーランドにも日本と同じように四季がありますが、南半球に位置するニュージーランドでは季節が日本の真逆となります。春は9~11月、夏は12~2月、秋は3~5月、冬は6~8月です。

3.ニュージーランド クライストチャーチで体験したいこと

(1)大地震後もそのまま残る「カセドラル・スクエア」

大地震により半分以上が崩壊してしまった大聖堂。今もそのままの姿で残されており、地震の凄まじさを物語っています。現在は仮設の紙でできた大聖堂が建てられ、カセドラル・スクエアも再建が決定しています。かつての街の中心地であり、シンボルです。

カセドラル・スクエア

住所:Christchurch Central City, Christchurch
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩9分

(2)なんと紙でできた大聖堂!「カードボード・カセドラル」

大地震で崩壊したカセドラル・スクエアが再建されるまでの間、期間限定で建てられた大聖堂。なんと屋根を支えるパイプや祭壇、イスなど全て強固な紙でできている斬新な大聖堂です。設計は日本人の建築家、坂茂氏。正面のカラフルで美しいステンドグラスが見どころです。

Photo by Casey Horner on Unsplash

カードボード・カセドラル

住所:234 Hereford Street, Christchurch Central City, Christchurch
営業時間:9:00-17:00
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩15分

(3)カラフルな街並みはメディアでも話題「ニュー・リージェント通り」

コロニアル建築で建てられた、パステル色の可愛らしい建物が並ぶメインストリート。震災後にいち早く復興を果たした通りで、カフェやレストラン、ブティックやお土産屋さんなど多くの店舗が軒を連ねます。この通りを走るレトロなトラムもお目にかかれるかも?

ニュー・リージェント通り

住所:New Regent Street Precinct
営業時間:店舗によって異なる
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩11分

(4)大地震の歴史をぎゅっと詰め込んだ「クエイク・シティ」

クライストチャーチを襲った2度の大地震について学ぶことのできるミュージアム。地震で崩壊したカセドラルの塔の一部などを展示し、街の復興の歴史を知ることができます。

クエイク・シティ

住所:299 Durham Street North, Christchurch Central City, Christchurch
営業時間:10:00-17:00
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩7分
入館料:NZドル20

(5)大自然の中をボートで観光「パンティング・オン・ジ・エイヴォン」

クライストチャーチ市内を流れるエイヴォン川で大人気のアクティビティ。船頭さんが漕いでくれるのでゆっくりと遊覧を楽しむことができます。街の中心の大自然に囲まれて、小さな船に揺られながらクライストチャーチの街を感じましょう。

パンティング・オン・ジ・エイヴォン

住所:2 Cambridge Terrace, Christchurch Central City, Christchurch
営業時間:9:00-18:00(冬は10:00-16:00)
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩6分
体験料:所要時間は約30分、NZドル30

(6)日本の情報バラエティ番組でも紹介!「C1エスプレッソ」

地元のメディアではもちろん、日本の情報バラエティ番組でも紹介された”空を飛ぶハンバーガー”が有名なレストラン。天井に張り巡らされたチューブ内を超高速で駆け抜けて席まで届くというアトラクション感覚のお店です。ドアが本棚だったり、給水機がミシン台だったりとユニークな店内は訪れる客を飽きさせません。

C1エスプレッソ

住所:Old Post & Telegraph, Office building 185 High Street, Christchurch
営業時間:7:00-22:00
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩15分

(7)オーガニックにこだわったおアイスクリーム店「ロリッキン・ジェラート」

チェーン店のアイスクリーム店、ロリッキン・ジェラート。オーガニック素材にこだわり、毎日日替わりで10種類ほどのフレーバーが並びます。味も名前もユニークなものばかり。迷ったら店員さんにおすすめを聞いてみましょう。

ロリッキン・ジェラート

住所:37/35 New Regent Street, Christchurch Central City, Christchurch
営業時間:11:00-22:00
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩12分

(8)オセアニア最大級の美術館「クライストチャーチ・アート・ギャラリー」

ニュージーランドの南島で最大の美術館。前面ガラス張りのスタイリッシュな外観が特徴。ニュージーランドの歴史にまつわる作品や国内外のアーティストの作品を展示しています。中にはカフェやお土産屋さんも入っているので、街歩きの休憩にも最適。

クライストチャーチ・アート・ギャラリー

住所:Montreal Street, Christchurch Central City, Christchurch
営業時間:10:00-17:00(水曜は-21:00)
アクセス:クライストチャーチアートセンターから徒歩2分

(9)ニュージーランド最高峰の世界遺産「アオラキ/マウント・クック国立公園」

クライストチャーチから足を延ばしてぜひ訪れたいのが、1990年に世界遺産登録された国立公園。ミルキーブルーの湖や連なる山脈は、まるで絵画のようで美しい景色が広がります。大自然に囲まれウォーキングや登山を楽しむことができます。

アオラキ/マウント・クック国立公園

住所:Aoraki/Mount Cook National Park
アクセス:クライストチャーチから車で5時間、クイーンズタウンから車で4時間

(10)ミルキーブルーの湖は必見「テカポ湖」


Image by Tigorelick from Pixabay

テカポ湖の見どころは、ミルキーブルーの湖と湖畔にたたずむ「善き羊飼いの教会」、世界遺産に登録申請中の満点の星空です。その圧巻の星空を見るために、世界中から観光客が星空観光ツアーに訪れます。天候によって大きく左右されるため、余裕を持って2泊はできると良いでしょう。

テカポ湖

住所:Pioneer Drive, Lake Tekapo
営業時間:インフォメーションセンター8:00-18:00
アクセス:クライストチャーチからバスで3時間30分

4.まとめ

今回はニュージーランド クライストチャーチのおすすめ観光&体験10選をご紹介致しました。この他にもまだまだ書ききれないほどたくさんの観光スポットやオススメのレストラン、ショップ、アクティビティなどがあります。Ooohでは、現地の旅のプロがあなたの希望に沿った旅行プランをチャットで簡単ご提案致します。もちろん無料ですのでお気軽に相談してみてくださいね。

チャットでニュージーランド旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!

CTR IMG