タイ、バンコクのおすすめ観光&体験10選

タイの首都バンコクは、日本から直行便で約6時間とアクセスが良く、時差も2時間のため人気海外旅行先ランキングでも常にトップクラスに入るほど日本人にも人気で馴染み深い国ですよね。近年、バンコクには新しいショッピングセンターや商業施設、ホテルが続々とオープンし、その大きさや近代的な造りも注目され、世界中から観光客が集まっています。今回はそんなタイバンコクのおすすめ観光スポットや体験したいこと、おすすすめグルメなど10選をご紹介します。

1.タイバンコクについて

“東南アジアのハブ”として世界中から注目が集まる国際都市、バンコク。お寺や市場、ナイトマーケットなどアジアを感じられる面もあれば、近代的な超巨大ショッピングモールや商業施設が立ち並び、大都会を感じられる面もあり、世界中から観光客が集まる人気都市です。

2.タイバンコクのベストシーズンは?

1年中気温が高く、常夏のタイ。ベストシーズンは雨が少なく、気温的にも過ごしやすい乾季でしょう。タイは実は大きく3つの季節に分かれているんです。

■乾季(11月〜3月)

乾季はほとんど雨の降らない季節で、この期間がベストシーズンと言えます。気温は12月〜1月は約20度、2月〜3月が約25度と最も過ごしやすく快適でしょう。

■暑季(4月〜5月)

タイで最も気温が上がる季節で、毎日灼熱の暑さが続きます。日中の気温は約35度〜37度で、中には40度を超える日もあるほど暑くなります。

■雨季(6月〜10月)

降水量が最も多く、雨の日が続きます。気温は暑季とそれほど変わりませんが、特に9月は1日に1度はバケツをひっくり返したかのようなとても強いスコールが降ります。ずっと降り続けることはなく、大量に降った後はピタっと止んで晴れることが多いです。

3.タイバンコクで体験したいこと

(1)タイの三大寺院①「ワット・プラ・ケオ」


Image by photoontour from Pixabay

タイと言えばお寺巡り。三大寺院のまず1つ目のワット・プラ・ケオは、タイで最も美しいと言われる寺院で、通称エメラルド寺院と呼ばれています。1782年に現在のチャクリー王朝が開かれた際に護国寺として建てられました。

ワット・プラ・ケオ

住所:Na Phra Lan Rd, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok
営業時間:8:30-16:30
アクセス:サナームチャイ駅から徒歩15分

(2)タイの三大寺院②「ワット・ポー」


Photo by Taylor Simpson on Unsplash

三大寺院の2つ目、ワット・ポーはバンコク最古の寺院で長さ46メートル、高さ15メートルの黄金のブッダが横たわっているのが1番の見どころです。ブッダの足の裏には仏教の世界観を現した108の図が描かれています。

ワット・ポー

住所:2 Sanam Chai Rd, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok
営業時間:8:00-18:30
アクセス:サナームチャイ駅から徒歩15分

(3)タイの三大寺院③「ワット・アルン」

ワット・アル外観
Photo by REY MELVIN CARAAN on Unsplash

三大寺院の3つ目はワット・アルン。「アルン」とは「暁」という意味で、その名の通り夕暮れ時の暁に染まる寺院はとても美しい光景です。ワット・アルンはタイの硬貨10バーツの裏にも描かれています。

ワット・アルン

住所:158 Thanon Wang Doem, Wat Arun, Bangkok Yai, Bangkok
営業時間:7:30-17:30
アクセス:サナームチャイ駅から徒歩13分

(4)本場のタイ料理「トムヤムクン」を味わう

おすすめしたいのは、若者に人気の街、サイアム・スクエアにある「バーン・クン・メー」。「お母さんの家」という名の通り、本場のタイ料理がいただけます。タイに行ったら絶対に食べたいトムヤムクンは、やみつきのスパイスにレモングラスの香りがたまりません。

バーン・クン・メー

住所:458/6-9 Siam Square Soi 8 Rama l Rd, Bangkok
営業時間:11:00-22:00
アクセス:サイアム駅から徒歩3分

(5)リバーサイドの商業施設「アジアティーク・ザ・リバー・フロント」

バンコクのナイトスポットと言えばココ!アジアティークは屋内型のナイトマーケットで、約1500店舗のショップと40店舗以上の飲食店が集まる人気の観光スポットです。おしゃれで清潔感があり、大きな観覧車や伝統人形劇、ムエタイ鑑賞など楽しみ方は様々です。

アジアティーク

住所:2194 Charoen Krung Rd, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok
営業時間:16:00-24:00頃(店舗によって異なる)
アクセス:サパーンタクシン駅からシャトルボート又はタクシーで10分

(6)まるでテーマパークみたいなデパート「アイコンサイアム」

2018年にチャオプラヤー川沿いにオープンしたタイ最大級のショッピングセンター。中にはタイ初となるアップルストアや高島屋をはじめ、世界的に有名なブランドも数多く入店しています。店内には川が流れ、水上マーケットを再現しているフロアもあり楽しめます。

アイコンサイアム

住所:299 Charoen Nakhon Soi 5 , Charoen Nakhon Road, Khlong Ton Sai Sub District, Khlong San District, Bangkok
営業時間:10:00-22:00
アクセス:サパーンタクシン駅からシャトルボートで15分

(7)「ルーフトップバー」からバンコクの夜景を


Photo by Waranont (Joe) on Unsplash

セントラルワールドの屋上にあるルーフトップバー「クルー・シャンパンバー」からは、バンコクの最大の繁華街、サイアムの夜景を360度楽しむことができます。トレードマークの巨大なアーチがカラフルに光り、21時からはDJによるパフォーマンスも見どころです。

クルー・シャンパンバー・アット・レッド・スカイ

住所:Centara Grand at CentralWorld, 999/99 Rama 1 road,, Phatumwan, Bangkok
営業時間:17:00-25:00
アクセス:チットロム駅から徒歩5分

(8)南国のマンゴーを味わう「マンゴー・タンゴ」


Image by liwanchun from Pixabay

南国のフルーツ大国であるタイで絶対に行きたいのがマンゴー専門店!タイで長く愛されるマンゴー・タンゴは、新鮮なマンゴーのフルーツやラッシー、アイスなどマンゴーづくしです。日本にも進出していますが、ぜひ本場のお店で自慢のマンゴーを味わってください。

マンゴー・タンゴ

住所:Siam Square Soi 7, Rama 1rd., Pathum Wan, Pathum Wan, Bangkok
営業時間:11:00-22:00
アクセス:サイアム駅から徒歩2分

(9)バックパッカーの聖地「カオサン通り」

東南アジアでも有数のバックパッカーの聖地、カオサン通り。約300mほどの道の両脇には格安ホステルやバー、クラブ、レストランが並びます。格安ファッション市場やマッサージ店などもあり多くの外国の観光客で賑わっています。

カオサン通り

住所:Khaosan Road, Pra Nakorn, Bangkok
アクセス:王宮から車で10分

(10)「タイ古式マッサージ」を受ける

バンコクでお手頃価格で受けられるマッサージ店。ラグジュアリーな店内で、スパなどメニューが充実しているのにコスパが最高なのが嬉しいポイント。バンコク在住の日本人も訪れる人気店です。

リフレッシュ@24

住所:43 Soi Sukhmvit 24, Bangkok
営業時間:9:30-25:00
アクセス:プロームポン駅から徒歩15分

4.まとめ

今回はタイバンコクのおすすめ観光&体験10選をご紹介致しました。この他にもまだまだ書ききれないほどたくさんの観光スポットやオススメのレストラン、ショップ、アクティビティなどがあります。Ooohでは、現地の旅のプロがあなたの希望に沿った旅行プランをチャットで簡単ご提案致します。もちろん無料ですのでお気軽に相談してみてくださいね。

チャットでタイ旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!