海外旅行に必須!日本でのワクチンパスポート申請方法まとめ

現在世界的に感染が拡大している新型コロナウイルス。しかし最近では日本でもワクチン接種が進められ、先日2回目のワクチン接種を終えた人が全国民の半数にのぼるとの発表もなされました。
また、他国に続いて日本においても海外渡航で必要となってくるワクチン接種証明書が申請できるようになり、海外への渡航も少しずつ近づいている状況です。そこで今回は、海外旅行に必須となるであろうワクチンパスポートの申請方法をご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

最新の新型コロナウィルスによる渡航制限状況

1.ワクチンパスポートについて

ワクチンパスポート

日本では7月26日から申請することができるようになったワクチンパスポート。
まずは、ワクチンパスポートとは何であるかを押さえておきましょう。

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は、海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づき交付するものです。渡航以外の目的での公的な証明書としての効力はありません。

ワクチンパスポートには、ワクチンの接種記録(ワクチンの種類・接種年月日など)と、接種者に関する事項(氏名、生年月日、旅券番号など)が記載されています。海外渡航時に利用できるよう、日本語と英語の両方で表記してあります。

 

2.ワクチンパスポートの申請ができる人の条件

ワクチンパスポート

当然ですが、ワクチンパスポートは誰でも申請できるというわけではありません。

ワクチンパスポートを申請できる人の条件は、

①新型コロナウィルス感染症のワクチン接種を必要回数接種した人
②海外渡航が決定している人

となっています。

ただし現在では海外渡航に限らず、国内の移動等に関してもワクチンの接種証明書を活用すべきではないかという議論もなされています。

 

3.ワクチンパスポートの申請方法

ワクチンパスポート

続いてはワクチンパスポートの申請方法についてみていきましょう。

日本のワクチンパスポートは、政府の接種記録システム(VRS)と連動しており、この情報をもとに各自治体で申請者に発行します。どこで申請すればいいのか?何日くらいで発行されるのか?など疑問点も多いと思いますので、順を追って説明します。

(1)ワクチンパスポートの申請場所

ワクチンパスポートの申請場所は、あなたの住民票がある市区町村の市役所、区役所、町役場、村役場となります。
基本的にはワクチン接種を行った市町村となりますが、接種後に転居した場合も、転居後の自治体で申請することが可能です。

(2)ワクチンパスポートの申請に必要な書類

多くの自治体では、申請書を公式ウェブサイト上に公表しています。申請者はそれをダウンロードして印刷し、必要事項を記載します。
申請に必要な書類は以下の通りです。

・申請書
・旅券(パスポート)の写し
・接種券の写し
・接種済証か接種記録書の写し
・本人の身分証明証の写し(運転免許証や健康保険証など)
・返信用封筒※宛名の記載及び切手を貼付したもの

ただし自治体によって若干異なる場合もありますので、必ずそれぞれの自治体の公式ウェブサイトを確認するようにしてください。

(3)ワクチンパスポートの申請受付方法

ワクチンパスポートの申請受付方法は自治体によりまちまちです。
多くの自治体では郵送と窓口による受付を実施していますが、なかには郵送のみというところもあります。ネット受付を実施している自治体もありますが、現時点では少数。今後日本がワクチンパスポートを大幅に取り入れ、入国規制の緩和などを行うに至った際にはネット受付もメジャーになるかもしれませんね。

(4)ワクチンパスポートの申請から受取までの期間

ワクチンパスポートは申請書類到着から1週間程度で郵送発行するという自治体が大部分を占めています。しかしなかには緊急の場合は窓口で申請すれば、その日のうちに発行できる自治体もあります。
これも自治体によってかなり異なるので、それぞれの自治体の情報を確認しましょう。

 

4.ワクチンパスポートがあれば海外旅行できるの?日本の入国制限について

コロナ 海外旅行

ここまではワクチンパスポートとは何であるのか、その申請方法などをご紹介してきました。

ワクチンパスポートさえあれば今からでもすぐに海外旅行ができるのでは…!と思われた方も多いと思います。たしかにワクチンパスポートで入国制限を完全解除、もしくは緩和してくれる国は少しずつ増えてきています。しかし!日本では帰国時に厳しい入国制限があるのをご存知でしょうか?

現在日本では世界水準でみると、かなり厳しい入国制限が敷かれています。これは海外から日本へ入国する人が対象となるので、日本から海外旅行に行き、また日本へと帰国する人もその対象に含まれます。

つまり現時点ではワクチンパスポートを使って出国、海外旅行を楽しむことができたとしても、日本への帰国・再入国が厳しいというのが状態なんです…

 

5.日本のワクチンパスポートを認めている国

海外旅行

今すぐには海外旅行を楽しめないと知ってがっかりした方も多いかもしれません。しかし、日本においてはワクチンの接種が現在進行形で続けられており、この後ワクチン接種率が上がれば日本における入国制限の緩和にも繋がる可能性は十分に考えられます。

ここでは、現時点で日本のワクチンパスポートを認めたうえで、入国制限の解除や緩和を行ってくれている国を確認しましょう。ただし、これらのなかにも「ワクチンパスポートがあれば特に制限がない国」と「ワクチンパスポートがあっても他にさまざまな申請が必要な国」が混在しており、それぞれ対応が異なりますので、渡航の予定がある方は必ずその国の在日本国大使館の公式ウェブサイトや外務省の公式ウェブサイトをご覧ください。

・イタリア
・インドネシア
・エクアドル
・エストニア
・オーストリア
・カナダ
・ガボン
・コソボ
・サモア
・スリランカ
・スロバキア
・スロベニア
・セントクリストファー・ネービス
・セントビンセント
・タイ(プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみ)ワクチン接種証明があっても、入国許可証や宿泊予定のホテル予約確認書など様々な書類が必要
・デンマーク
・ドイツ
・トルコ
・パプアニューギニア
・パラオ
・フランス
・ブルガリア
・米国(グアムのみ)
・ベトナム
・ベラルーシ
・ベリーズ
・ポーランド
・香港
・ホンジュラス
・マレーシア
・モルディブ
・リトアニア

・シンガポール ※旅行での渡航は一切認めず

・韓国 ※9月1日から日本からの渡航に隔離措置を導入

 

ワクチンパスポートの今後に期待!

いかがだったでしょうか。今回は「海外旅行に必須!日本でのワクチンパスポート申請方法まとめ」と題し、今後海外旅行に必要になるであろうワクチンパスポートについての情報をまとめてご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
Ooohでは、皆さま一人ひとりのご要望に合わせた旅のプラン作りのお手伝いをさせていただいております。些細なことでも構いませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

チャットで海外旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!