【秘境】アメリカ西海岸エリア、一人旅におすすめの観光4選

アメリカ西海岸エリアといえば、ロサンゼルスやサンフランシスコ観光を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかしなんといってもアメリカは広大な国。実は、西海岸エリアには手つかずの大自然が楽しめるとっておきの“秘境”がたくさんあるんです。そこで今回は、時間や日にちに融通の利きやすい一人旅の方に特におすすめの観光スポットをまとめてご紹介します。

ボンネビル・ソルトフラッツ

アメリカ、ボンネビル・ソルトフラッツ

皆さんは“死ぬまでに一度は行きたい絶景”と称される「ウユニ塩湖」をご存じでしょうか。実は、その「ウユニ塩湖」にそっくりな場所がアメリカの西海岸にあるんです。
その名も「ボンネビル・ソルトフラッツ」、アメリカのユタ州に存在する真っ白な塩の平原が遥か彼方まで続いている…一つ目にご紹介するのはそんな絶景スポットです。

「ボンネビル・ソルトフラッツ」は、ソルトレイクシティから西側に200㎞ほどの距離にあり、車で約1時間半で訪れることができます。もともとは1万4000年前に存在していたという巨大なボンネビル湖の一部でしたが、長い年月をかけて徐々に水分が蒸発し、さらに風の浸食を受けたことで現在のような姿になったとか…。琵琶湖の約3分の2ほどの大きさを誇る広大な平原は、通常見渡す限り塩に覆われていますが、雨が降ると一面に水が広がります。そこに空や山々が映し出される様子は、「ウユニ塩湖」に負けず劣らずの幻想的な絶景です。

さらにさらに!「ボンネビル・ソルトフラッツ」には、「ウユニ塩湖」と比較しておすすめできるポイントがあります。
まずは高山病の心配がいらないということ。
標高3700mにも及ぶ高地に位置する「ウユニ塩湖」とは異なり、「ボンネビル・ソルトフラッツ」は標高約1280mのところに位置しているので高山病に罹るリスクは少ないといえます。
そして「ウユニ塩湖」よりも空いているということ。
「ウユニ塩湖」は今となっては世界的に有名な絶景スポットとなっていますが、「ボンネビル・ソルトフラッツ」はそこまで知名度が高くありません。落ち着いた環境でゆったりと絶景を満喫することができるので、一人旅の方にもおすすめです。

化石の森国立公園

アメリカ、化石の森国立公園

続いてご紹介するアメリカ西海岸エリアの秘境は、アリゾナ州に位置する「化石の森国立公園」。
こちらの国立公園では、2億2500万年という想像もつかないくらい長い年月をかけて化石になった大木が横たわる様子や、700年ほど前に栄えた古代文明が残した数々の痕跡など何とも不思議な風景に出会うことができます。

「化石の森国立公園」の敷地面積はおよそ885㎢ほどですが、旅人それぞれのスケジュールに合わせた楽しみ方ができるのがこの公園の魅力のひとつ。
園内には3㎞ほどの長さのトレイルが7本あるため、自分が気になる場所を、好きなだけ楽しむことができます。

もちろん一人旅で時間がたっぷりあるという方や古代のロマンが好きな方は7本のトレイルを一つひとつじっくり見てまわることをおすすめします。
アリゾナ砂漠特有の色合いが楽しめる「ペインテッド・デザート」、先住民族の住居跡や絵文字が残る「プエルコ遺跡」、無数の大木の化石が見学できる「ブルー・メサ」、数多くの丸太が無造作に転がる「クリスタル・フォレスト」など、園内の各所においてほかの場所では味わうことのできない神秘やロマンを体感できるはずです。

セドナ

アメリカ、セドナ

お次にご紹介したいのは、“全米で最も美しい町”に選ばれたこともあるアリゾナ州の「セドナ」。
「セドナ」はネイティブ・アメリカンの聖地のひとつとして知られています。砂漠に囲まれているものの、美しい山や川があり、自然豊かな大地にあることから、アメリカ人が住みたい町ランキングでも常に上位にランクインしている実力の持ち主なんです。

そんな「セドナ」ですが、実はアメリカ随一の“パワースポット”としてもその名を轟かせています。
科学的に証明されているわけではありませんが、「セドナ」には渦を巻く莫大なパワーがみなぎっているのだとか…。レッドロックや奇岩、そして流れる川にもパワーが宿り、至る所でそのとてつもなく大きな力を感じることが出来るそうです。
実際に「セドナ」を訪れてみると、そのパワーを身体に取り込もうと岩の上で座禅を組んだり、瞑想をしたりしている旅人に出会うこともしばしば。20世紀の半ばからはインスピレーションが刺激される場所として多くのアーティストたちが移り住み、芸術の町としても発展しています。

また「セドナ」にはヒーラーが多く住んでいるので、マッサージやセラピーなど充実した癒しのサービスが受けられるのも魅力のひとつ。特にネイティブ・アメリカンの伝統を取り入れたチャクラバランスを整えるマッサージや、ストーンセラピーなど「セドナ」らしいサービスは旅人にも人気です。

ぜひ不思議な魅力に溢れた「セドナ」へ、パワーと癒しを求めに訪れてみるのはいかがでしょうか。

デスバレー国立公園

アメリカ、デスバレー国立公園

「デスバレー」はアメリカ・カリフォルニア州に広がる、非常に乾燥した盆地。「デスバレー国立公園」としてアメリカの自然保護区に指定されており、国立公園の総面積はなんと13,158㎢!全米でも最大級の国立公園となっています。

「デスバレー」といえば、やはり特徴的なのはその暑さ!
最も低いところで海抜下86mを誇る「デスバレー」では、異常に地面が乾燥し気温が高くなっています。過去には最高気温56.7℃を記録したこともあるほどで、まさに“死の谷”を意味する名前がぴったりの環境です…。

そんな過酷な「デスバレー」ですが、このような特殊な環境だからこそ見られる絶景が今旅人たちの注目を集めています。以下では「デスバレー国立公園」の絶景ポイントを3つ紹介します。

まず一つ目は、先述した海抜下86mの地点である「デスバレー」の中心部「バッドウォーター」。
「バッドウォーター」は結晶化した塩が辺り一面に広がる塩水湖で、見渡す限り白い結晶の模様が続く神秘的な光景を楽しむことができます。「ウユニ塩湖」に引けを取らない塩湖の絶景はこんなところにもあるんですね!
二つ目は、標高1669mものところに位置する展望台「ダンテスビュー」。
「ダンテスビュー」からは「バッドウォーター」を含む「デスバレー」の風景を一望することができます。サンセットに時間を合わせて訪れれば、山々に沈む真っ赤な太陽を目の当たりにすることができ、感動的な絶景に心奪われること間違いなしです。
最後は、波打ったように連なる白い岩山「ザブリスキーポイント」。
この白い岩山は、日の光を浴びると黄金に輝き、圧巻の絶景を生み出します。非常に長い年月をかけて自然がつくりあげた“天然のアート”は一見の価値ありです。

「デスバレー国立公園」は秘境地帯にあるため、なかなかアクセスが難しい場所。
しかし訪れるのが大変だからこそ、実際に絶景を目の当たりにしたときの感動はひとしおのはず…。ぜひスケジュールに融通が利く一人旅で、訪れてみてはいかがでしょうか。

アメリカ西海岸エリアに行こう!

いかがだったでしょうか。今回は、数多くあるアメリカ西海岸エリアの観光スポットのなかでも、一人旅におすすめの大自然を満喫できる観光スポットを厳選してご紹介しました。
少しでも皆様の旅のお役に立てれば幸いです。
Ooohでは、皆様一人ひとりのご要望に合わせた旅のプラン作りのお手伝いをさせていただいております。些細なことでも構いませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

チャットでアメリカ旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!