【海外旅行】夏休みに訪れたい北米の海外都市ランキング

長期休暇がとれる夏休み。海外旅行は日常を忘れて思いっきり楽しむことができます。大都心から自然まで様々な見どころがあり、旅行する際は長期間滞在したいですよね。そこで、今回は夏休みに訪れたい北米の都市と観光スポットについてご紹介します。
なお、新型コロナウイルスの影響により、現在多くの国や地域で入国制限が行われています。渡航を計画中の方は事前に当該国の入国制限を確認し、現地で施行中の規制や条例を遵守するようにしましょう。

 

最新の新型コロナウィルスによる渡航制限状況

 

1,サンディエゴ/アメリカ(カリフォルニア州)

サンディエゴは1年を通じて温暖な気候で、青い空と12㎞にも及ぶ美しい海岸線を望むことができます。さらに動物園や水族館、博物館などのたくさんの見どころがあります。また、日本からの直行便も運航しているのでアクセスしやすく、日本人にも人気の海外旅行先です。メキシコに近いこともあり、スペイン統合時代の歴史を持つメキシコ文化を感じられるスポットや、南国文化を感じられるエスニック料理なども楽しむことができるのも魅力の一つです。

【サンディエゴのおすすめ観光スポット】

●ミッションビーチ

ミッションビーチ

ウォーターアクティビティを思いっきり楽しみたいという方には、ミッションビーチがおすすめです。砂浜ではビーチバレー、海ではサーフィンやSUPなど、様々なウォーターアクティビティを楽しむことができます。海岸沿いに並ぶカフェやレストランもおしゃれなお店が多く、女子旅にもおすすめです。

 

●オールド・タウン

オールドタウン

1774年にスペインの植民地開拓者がサンディエゴに入ったことを皮切りに、ヨーロッパからの入植者によって作られた集落です。現在では1800年代当時の街並みが再現された歴史公園となっています。オールドタウンの中には、メキシコの工芸品も多く、可愛らしいお土産を買うこともできます。

 

2,トロント/カナダ

カナダオンタリオ州第一の都市であるトロントは、カナダ最大の都市でもあります。人口は北米第4位を誇り、ニューヨークにも近く多くの日本人が留学やワーキングホリデーの場所としてトロントを選択しています。また、移民の人口も世界第二位で色々な国出身の方々が生活しています。カナダのエンターテイメントの中心地でもあり、季節ごとにさまざまなイベントが開催されているのも魅力です。

【トロントのおすすめ観光スポット】

●ウォーターフロント

ウォーターフロント

美しいオンタリオ湖が見渡せるウォーターフロントは、週末になると大勢の人々で賑わいます。オンタリオ湖はカナダのトロントにある、北米の五大湖の中で最も小さな湖です。夏には無料のフェスティバルやコンサートが開催され、冬はスケートリンクや夜のイルミネーションなども人気があります。湖では一年を通してフェリーを運行しており、ナイアガラの滝など四季折々の景色をクルーズ船から眺めるのもおすすめです。

 

●CNタワー

CNタワー

トロントのランドマークともいえる電波塔。1976年にカナダ鉄道により建設され、高さは553mにも達します。完成当時は、自立式電波塔としては世界最高でしたが、現在は東京スカイツリーにその座を譲りました。天気が良いと青空にそびえ立つCNタワーをはっきりと見ることができます。真下からみるとその高さに圧倒されること間違いなし。

 

3,メキシコシティ/メキシコ

メキシコの首都であるメキシコシティは人口が多く旅行者にも人気の地域です。スペイン人入植者によって破壊され、現在のようなヨーロッパ風のコロニアル建築が立ち並ぶ現在の都市に変容を遂げました。ラテンアメリカの陽気な雰囲気と輝く太陽が心地の良い場所で、カラフルな街並みに異国情緒を感じられます。

【メキシコシティのおすすめ観光スポット】

●ソカロ

ソカロ

「ソカロ」はメキシコのどの町にもある中央広場のことです。特に広大なことで知られるメキシコシティのソカロの見どころはコロニアル建築とアステカ帝国遺跡が一度に見られるところ。大広場を囲むように「メトロポリタン大聖堂」や「国立宮殿」などの歴史的建造物が立ち並ぶ姿はまさに圧巻です。

 

●ヴァスコンセロス図書館

 

この投稿をInstagramで見る

 

David Camarena(@dave_239)がシェアした投稿

広大な市民図書館で、外観はごく普通の図書館です。しかし中に入ると、書架がすべて空中に浮いているかのように見えるデザインが特徴的で驚くはず。575000冊をおく巨大図書館としての機能していると共に、「空中図書館」の異名をとり、近未来的、宇宙的などといわれ観光客も訪れる人気スポットとなっています。

 

4,ホノルル/アメリカ(ハワイ州)

ホノルルはオアフ島の南側に位置し、島の玄関口となる街です。遠い昔はハワイ王国の首都、現在はハワイ州の州都として政治経済の中心となっています。また世界でも有数の南国ビーチリゾートであり、ホノルルをメインにしたツアーも多く誰もが楽しめる楽園です。観光施設やショッピングセンター、レストランも多数集っており、常に観光客で賑わっています。

【ホノルルのおすすめ観光スポット】

●ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッド

約30万年前の噴火によって形成されたクレーター状の死火山です。片道30~40分程度で山頂まで到達することができます。登山道は手すりも整備されており、子供から年配の方まで楽しめる歩きやすい山です。頂上からはワイキキ・ビーチとワイキキの街を見渡せ、ハワイらしく美しい景観を眺められます。

 

●ワイキキビーチ

ワイキキビーチ

ワイキキ市にある8つのビーチの総称です。最西部のデューク・カハナモク・ビーチから最東部のアウトリガー・カヌークラブ・ビーチまでは、約3㎞もの長さになっています。一部のビーチは人工砂で作られていますが、どのビーチも大変波が穏やかになっており、それぞれ遊ぶことができるアクティビティや施設がことなっているので、自分好みのビーチを訪れるのがおすすめです。

 

5,マイアミ/アメリカ(フロリダ州)

マイアミは世界中のセレブやお金持ちの集まる超高級リゾートというイメージがありますが、同時に歴史的背景から「ラテンアメリカ経済の首都」と呼ばれるほど、ラテンテイストの強い都市です。人口の半分以上がヒスパニック系です。カラフルなアールデコ調の建物、白い砂浜、海沿いのホテルや流行の先端を行くナイトクラブで知られる華やかな雰囲気を楽しめます。

【マイアミのおすすめ観光スポット】

●マイアミビーチ

マイアミビーチ

フロリダ半島の南部に位置し、暖かい気候のためリゾート地としてセレブやモデルにも人気のビーチです。真っ白な砂浜に寝転んでゆったりと過ごしたり、サーフィンやジェットスキー等のマリンスポーツでアクティブに過ごしたりと楽しみ方は様々です。

 

●ベイサイド・マーケットプレイス

マイアミのダウンタウンに位置するショッピングモールで、サウスビーチからバス1本でアクセスできるので地元民はもちろん、マイアミ観光に訪れた方にも人気があります。このスポットはビスケーン湾に面し、クルーズ船乗り場もあるので、ショッピングだけでなくクルーズも楽しむことができます。

 

夏休みは北米旅行に行こう!

いかかでしたか?今回は夏休みに訪れたい北米の都市についてご紹介しました。ぜひこの記事を参考に夏休みの海外旅行の計画を立ててみてください。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さい。

チャットで旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!