【海外旅行】年末年始に訪れたいアジアの海外都市ランキング

年末年始はまとまった休みが取れるため、海外旅行の計画を立てる方が多いのではないでしょうか。各国の大晦日やお正月の文化を感じてみるのも楽しいですよね。今回は年末年始に訪れたいアジアの都市についてご紹介します。
なお、新型コロナウイルスの影響により、現在多くの国や地域で入国制限が行われています。渡航を計画中の方は事前に当該国の入国制限を確認し、現地で施行中の規制や条例を遵守するようにしましょう。

 

最新の新型コロナウィルスによる渡航制限状況

  

1,台北/台湾

台湾の首都であり、日本の植民地時代に整備された車線が通っている台北。夜市やショッピングモールなど、魅力あふれる観光スポットがぎゅっと詰まっており、短期滞在でもロングステイでも楽しめます。台湾のお正月は旧正月の期間となるので、施設などは年明け2日から通常営業となり、通常と変わらない旅行が楽しめます。

【台北のおすすめスポット】

●台北101

台北101

毎年台湾の若者が集める台北101カウントダウンイベントは、台湾の人気歌手が集まり、カウントダウンまでコンサートを堪能します。31日当日の台北101周辺では交通規制も敷かれるほど、人で溢れ返ります。台湾の12月31日23時59分50秒の時に、皆の一緒にカウントダウンし、1月1日になった瞬間に、台北101から花火が打ち上げられます。

 

●龍山寺

龍山寺

台北で最も古い寺院であり、商売繁盛、勝負必勝、邪気退散にご利益があることで知られる人気のパワースポット。台北の四大観光スポットの一つとしても数えられています。台北で年末年始を過ごすのであれば、初詣の場所としても押さえておきたい場所。夕暮れ時から始まるライトアップは幻想的な雰囲気が味わえるのでおすすめです。

 

2,バンコク/タイ

“東南アジアのハブ”として世界中から注目が集まる国際都市、バンコク。お寺や市場、ナイトマーケットなどアジアを感じられる面もあれば、近代的な超巨大ショッピングモールや商業施設が立ち並び、大都会を感じられる面もあります。
中国と陸続きになっており、世界中から多くの観光客を迎えるタイでは、さまざまな文化がミックスされています。そのため、お正月のお祝いも西暦の新年(1月1日)、中華圏の旧正月(1月下旬~2月中旬)、「ソンクラーン」と呼ばれるタイ独自の旧正月(4月)と、新年が3回も祝われています。

【バンコクのおすすめ観光スポット】

●アイコンサイアム

アイコンサイアム

2018年11月にチャオプラヤー川沿いのクローンサーン地区に開業したタイ最大級となる複合施設です。1階には「SOOK SIAM」(スックサイアム)という水上マーケットを模したタイの各地方の物産展のような広大なエリアがあり、お土産物を買ったり、屋台風のお店で地元の食べ物やスイーツを購入しその場で食べることもできます。毎年年越しに大規模なカウントダウンイベントが行われ、重要なタイの文化遺産を伝える壮大な芸術的・文化的なショーも開催されます。

 

●ワット・アルン

ワット・アルン

「アルン」とは「暁」という意味で、その名の通り夕暮れ時の暁に染まる寺院はとても美しい光景です。ワット・アルンはタイの硬貨10バーツの裏にも描かれています。新年の日の出をみようと多くの人が訪れるそうです。

 

3,クアラルンプール/マレーシア

クアラルンプールはマレーシアの首都で、高層ビルが立ち並ぶ現代的な街並みが特徴的です。市内には多くの大型ショッピングセンターがあり、アジア有数の買い物天国としても知られています。またマレーシアは様々な人が暮らす多民族国家であり、それだけに食べ物の種類も豊富です。安くておいしい屋台料理から高級中華料理まで、さまざまな料理を楽しむことができます。

【クアラルンプールのおすすめ観光スポット】

●ポート・ディクソン

ポート・ディクソン

マレーシアは年中常夏なので、年末年始でもプール&ビーチが楽しめるのが嬉しいポイント。ポートディクソンはクアラルンプール中心地から約100kmほどの場所にあります。約2キロメートルのビーチはそこまで大きくはありませんが、地元の人々にも愛されているカジュアルな穴場ビーチのため、ローカルな雰囲気も感じながらリゾート気分を味わえます。

 

●ペトロナスツインタワー

ペトロナスツインタワー

高さ452mを誇る、20世紀に建てられたビルとしてはもっとも高いビルです。アルゼンチン出身のシーザー・ペリ氏が設計し、タワー1を日本、タワー2を韓国、2つのタワーを結ぶブリッジをフランスの会社が施工するという、珍しい座組で作られました。毎年カウントダウンのイベントが行われています。24:00からカウントダウンの花火が約10分間打ち上げられます。

 

4,ホーチミン/ベトナム

ホーチミンはベトナム最大の都市で経済の中心地。世界中から多くの観光客が訪れ最大商業都市となっています。中心地には高層ビルが立ち並ぶ他、昔から長く続く市場も多く、ベトナムがフランス統治下にあった時代の面影が残るコロニアル建築があるなど、様々な雰囲気を味わうことができます。
日本でいう年末年始は、ベトナムでは単なるカウントダウンパーティーのような位置付けとなっています。お店などもこの期間でお休みすることは少ないようです。

【ホーチミンのおすすめ観光スポット】

●グエンフエ通り

グエンフエ通り

ドンコイ通りと並ぶホーチミンのメインストリートの一つです。2平日19時から6時と週末は完全歩行者天国になります。中央の幅広い遊歩道はバイクの喧騒も忘れて、のんびりと散歩することができます。毎年年始には花火が打ち上げられます。大勢の人でごった返すので、手荷物には十分注意が必要です。

 

●ベンタイン市場

ベンタイン市場

新スポットが続々オープンしている話題の市場がココ!雑貨やシルバーアクセサリー、刺繍の伝統工芸などのお土産屋さんをはじめ、世界中のグルメが味わえる新しくできた屋台村、裏路地のビストロなど散策すればするほど楽しい大きな市場です。夜になると市場の周辺の屋台が次々とオープンし、ナイトマーケットがはじまります。

 

5,上海/中国

上海は中国の海岸線の中央部に位置する同国最大の都市で、世界的な金融都市でもあります。中心部にある外灘は有名な海沿いの遊歩道で、この一帯には植民地時代の建物が並んでいます。賑やかなマーケットでショッピングをしたり、上海料理を味わったり、博物館や寺院で歴史を学んだりと楽しみ方は様々です。モダンとレトロの対照的な光景が広がる黄浦江沿岸の夜景は絶対に押さえたいポイントです。

【上海のおすすめ観光スポット】

●新天地

新天地

毎年カウントダウンイベントが行われている定番の観光スポットです。新天地のカウントイベントではカウントダウンを楽しむのはもちろんですが音楽ショーなども行われており、誰でも気軽に楽しむ事ができるのが嬉しいポイントです。

 

●龍華寺

龍華寺

こちらも毎年年越しイベントが開催されるのが恒例となっています。夜には建物も綺麗にライトアップされ、毎年違った出し物や演奏などを見る事ができるので上海ならではの年末年始を過ごしたい方に最適です時間になると除夜の鐘も鳴り響き、年末年始の雰囲気も味わうことができます。

 

年末年始はアジア旅行へいこう!

いかかでしたか?今回は夏休みに訪れたいアジアの都市についてご紹介しました。ぜひこの記事を参考に年末年始の海外旅行の計画を立ててみてください。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さい。

チャットで旅行の相談が無料でできるOooh

現地のプロとオーダーメイド旅行が作れる”Oooh”

経験豊富な現地のプロ(旅行会社)に相談して旅行手配ができる”Oooh”で旅行相談してみませんか?

「旅先のことをもっと知りたい」「旅行手配をする時間がない」「旅行の幹事になったけど何をしていいかわからない」「詳しい人に相談してオリジナルの旅行に行きたい」を現地の旅のプロが解決します!

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!