タンザニアに行く前に知っておきたい基本情報

サファリ、登山、ビーチリゾートに歴史探訪…多彩な楽しみ方ができる東アフリカの国、タンザニア。
タンザニアには“野生動物の楽園”として知られる国立公園や、アフリカ最高峰のキリマンジャロなど多くの観光資源があふれています。
そんなタンザニアへの旅を思う存分楽しんでいただくため、今回はタンザニアに訪れる前に知っておきたい基本情報をまとめてご紹介致します。少しでも皆さまのお役に立てたら幸いです。

タンザニアってどんな国?

タンザニアの国旗

まずはじめに、最も基本的なタンザニアという国に関する情報を紹介します。

【国名】タンザニア連合共和国(United Republic of Tanzania)
【首都】ダル・エス・サラーム(Dar es Salaam)※法律上はドドマ
【人口】約5347万人(2015年国連人口部)
【面積】約94.5万㎢(日本の約2.5倍)
【通貨】タンザニア・シリング(Tsh)
【民族構成】おもに130の民族(バンツー系のアフリカ人が約95%)から構成される。アジア系(0.6   %)、アラブ系(0.3%)、ヨーロッパ系の居住者もいる。最大の民族は人口約120万人のスクマ族。
【宗教】イスラーム教(40%)、キリスト教(40%)、伝統宗教(20%)
【時差】日本より6時間遅れ。サマータイムの採用はなし。
【言語】スワヒリ語(国語)、英語(公用語)。ザンジバルや沿岸部ではアラビア語も通用。
【出入国手続き】
①ビザ
ビザが必要。観光目的のシングルビザは、国境や空港でもUS$50で簡単に取得できるが、あらかじめ  日本や近隣諸国で取得しておく方が安心。観光目的の滞在は3ヵ月まで。
②パスポート
最低6ヵ月の残存有効期間が必要。

タンザニアの気候と服装について

アフリカ地図

次にタンザニアの気候と、快適に過ごせる服装、ベストシーズン、持っていくと便利なものについて紹介します。

【気候】

タンザニアでは3~5月が大雨期、11~12月にかけてが小雨期、その他の時期が乾季となっています。乾季の間はほとんど雨は降りません。
サファリなどが楽しめる内陸部は平均標高が1200mほどあるため、一日のなかでの寒暖差が大きいという特徴があります。一方でダル・エス・サラームなどの沿岸部は高温多湿で、日本の夏のような暑さが続きます。

【服装】

一日のなかで寒暖差が大きいので、半袖のシャツにウインドブレーカー、フリースなど脱ぎ着しやすい服装がおすすめ。日差しが強いので肌の露出はできるだけ控えてください。

【持ち物】

日差し対策の帽子やサングラス、日焼け止めクリームは必須。ホコリ対策のマスクもあるとよいでしょう。またサファリには双眼鏡や望遠のきくカメラがあるとよいです。

【ベストシーズン】

タンザニア観光の人気シーズンは、ケニアのマサイマラヘヌーが大移動をする6月中旬~10月(乾季)とされています。しかしサファリは一年中楽しむことができ、1~2月には動物たちの赤ちゃんに遭遇できる確率が高まるため、そちらもおすすめです。

タンザニアの習慣・生活について

タンザニアの街

タンザニアは日本と遠く離れたところに位置する国というだけあって、その生活・文化に関しても様々な違いがあります。いざ現地に降り立ってから、その違いに戸惑うことがないように事前の情報収集が大切です。以下ではタンザニアでの一般的な生活について、知っておきたい知識をまとめました。

①チップ
タンザニアには基本的にチップの習慣がありませんが、外国人の利用する施設では例外もあります。以下ではチップの相場を紹介するので参考にしてください。
【ホテル】高級ホテルで荷物を運んでもらった場合、1000~3000sh。
【レストラン】中・高級レストランで料金にサービス料が含まれていない場合、料金の5~10%をチップとして渡すことがある。
【タクシー】不要。
【サファリドライバー】サファリなどで車をチャーターした場合、1日あたりUS$20ほど。
【登山ガイド・ポーター】事前交渉が必要だが、ガイドの場合1日あたりUS$15ほど、ポーターの場合1日あたりUS$8~10ほど。

②水
タンザニアの水道水をそのまま飲むことはできません。飲用には必ずミネラルウォーターを利用し、うがいもミネラルウォーターで行いましょう。氷も避けた方が安全です。

③電圧とプラグ
電圧は230Vで、周波数は交流60Hz。プラグはBFタイプが一般的だが、一部B3タイプやCタイプも存在します。日本の電化製品はそのまま使用できないことが多く、変圧器が必要。

④年齢制限
タンザニアでは18歳から成人とみなされ、飲酒や喫煙がゆるされます。選挙に投票できるようになるのも18歳からです。

⑤挨拶
タンザニアでは挨拶が非常に重要なものと考えられており、道を歩いていると、知らない人からも挨拶されることがよくあります。特に年下の人は、年上の人に率先して挨拶すべきであると考えられているので、覚えておきましょう。

⑥左手は不浄
世界には左手を“不浄の手”と考え、モノの受け渡しなどで左手を使うことをご法度とする国がありますが、タンザニアもそのような国のひとつ。タンザニア滞在中は左手でご飯を食べたり、左手でモノの受け渡しをしたりすることは控えましょう。モノを受け取るときは差し出した右手に左手を添えるようにすると丁寧です。

タンザニアの観光スポット

大移動

雄大な自然と野生動物の宝庫であるタンザニアには、観光客を虜にする魅力たっぷりの観光スポットがたくさんあります。ここではその一部をご紹介します!

(1)セレンゲティ国立公園

タンザニア最大の国立公園、世界遺産にも登録されている「セレンゲティ国立公園」は、地球上で最も多くの哺乳類が暮らす場所。生息する動物は約300万頭にのぼり、大型の哺乳動物や特大のダチョウなど非常に多くの種類の動物たちが暮らしています。
そんな「セレンゲティ国立公園」一番のみどころは、ヌーやシマウマ、トムソンガゼルなど多くの草食動物が雨季の終わりごろに始める“大移動”。全長約10㎞にもおよぶ群れをなした動物たちが、乾季でも湿潤な場所を目指して一斉に動き出す光景はまさに圧巻です。

(2)ンゴロンゴロ自然保護区

火山の噴火によって生まれたクレーターを中心に広がる約300㎢の大草原である「ンゴロンゴロ自然保護区」。こちらも世界遺産に登録されており、クレーターを中心にした変化に富んだ自然環境が約2万5000頭もの野生動物の生息を可能にしています。また「ンゴロンゴロ自然保護区」の一帯は、古くからマサイ族が住む場所であり、今でも動物たちと共存を続けています。

(3)キリマンジャロ

アフリカ大陸最高峰の山として知られ、アフリカ独立の象徴として多くの人々に愛される「キリマンジャロ」。「キリマンジャロ」は赤道近くに位置するためふもとは熱帯サバンナの気候ですが、6000m近い標高があるため、峰は万年雪に覆われていることから“神秘的な山”とみなされてきました。登るのは容易ではありませんが、登頂に至るまでには標高によって地球上のさまざまな気候帯を凝縮したような世界が広がり、ここでしか見ることのできない多くの動植物に出会うことができます。

 

タンザニアの治安について

警告のイラスト

海外に出向くとなると、その国の治安は誰もが気になるところ。
タンザニアは東アフリカ地域のなかではテロや災害が少なく、比較的安全であるといわれていますが、日本と比べると油断はできません。以下では具体的にどのような危険があるのか、観光客が気を付けるべきなのはどのような点か、まとめてお伝えします。

①スリやひったくりに注意
世界のどの地域においてもある程度言えることですが、タンザニアでもスリやひったくりの被害が多く報告されています。地元の方でも時々被害に遭うことがあるそうなので、観光客はより注意が必要です。手口としては、混雑しているバスや街角で財布を盗る、2人乗りのバイクでカバンをひったくるなどのケースが多いですが、なかには日本人の人の良さにつけこんで日本語で巧みに話しかけてだまそうとする人もいますので注意しましょう。

②交通マナーを信用しない
タンザニアは日本と同様に左側通行で、日本製の車も多く走っています。しかし日本と決定的に異なるのは、交通マナーを守らない人の多さ。信号無視、スピード違反、急な飛び出しなど危険な運転を挙げればキリがありません。また停電で信号機が動いていない、なんてことも…。タンザニアでは歩行者優先という概念はないので、常に気を引き締めて行動しましょう。

③食事に注意
タンザニアでは食中毒や寄生虫の被害にも気を付ける必要があります。加熱されていない生野菜や生水、暑さで腐りかけたもの、調理しきれていない肉や魚には十分注意し、少しでも変だと感じたら口にしないようにしましょう。食中毒や寄生虫による症状としては、下痢をはじめとして、食べても食べてもお腹が減るというものもあります。

④蚊が媒介する病気に注意
タンザニアでは、免疫が落ちているときに菌を持った蚊に刺されることによって発症する病気にも注意が必要。代表的なものとしてはマラリアやデング熱が挙げられます。

タンザニアに行こう!

今回は「タンザニアに行く前に知っておきたい基本情報」と題して、せっかくの旅を楽しむためにぜひとも心に留めておいていただきたい情報を厳選して紹介致しました。皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたします、
ぜひ気軽にご相談ください。

チャットでタンザニア旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!