南アフリカのおすすめホテル・各都市の移動手段まとめ

言語や民族、文化などの多様性から「レインボー・カントリー」とも呼ばれる南アフリカ。
感動間違いなしのダイナミックな自然や、そこに生きる野生動物たちの姿、美食家をうならせる料理とワインの数々、魂を揺さぶるアフリカンカルチャーなど多彩な魅力を誇る国です。
そこで今回は南アフリカ旅行を考えていらっしゃる方必見、おすすめのホテルや、各都市の移動手段についてご紹介します。

1.南アフリカのおすすめホテル

(1)ケープタウン(Cape Town)

ケープタウン

南アフリカで大自然と大都会の良さをどちらも味わいたいならケープタウンを訪れるのがおすすめ。
ヨハネスブルグに次ぐ大都市であるケープタウンは、共和国議会が開かれる立法府の首都であり、コロニアル風の街並みが印象的な都市です。堂々とした存在感を放つテーブル・マウンテンの麓に、この町の歴史を物語る建造物の数々や博物館、近代的な高層ビル、公園などが点在し、さまざまな表情を楽しむことができます。
ケープタウン郊外のみどころとしては、美しい夜景を満喫できる「ライオンズ・ヘッド&シグナル・ヒル」やネルソン・マンデラも収容されていた刑務所島である「ロベン島」、壮大な景色に圧倒される「喜望峰自然保護区」などが挙げられます。

また、ケープタウンには5つ星ホテルから節約家にもってこいの安宿まで多種多様な宿泊施設があります。クリスマスやイースターの時期は混み合いますので、出来る限り早い時期の予約を心がけましょう。

◇ケープ・グレース(Cape Grace) ★★★★★

豪華客船を模して造られた外観が素敵なブティックホテル「ケープ・グレース」。
外観だけでなく内装も気品に満ちたクラシカルな雰囲気が漂っていて、スーペリアのほか、スイートルームやペントハウスもあり、優雅なひとときを過ごすことができます。どの客室からもテーブル・マウンテンまたは港が望める好立地にあるので景色を楽しみたい方にもおすすめです。

◎詳細情報
所在地:West Quay Rd., V&A Waterfront
電話番号:(021)410-7100
公式HP:https://www.capegrace.com/
客室数:120室
Wi-Fi:あり(客室)

◇ワン&オンリー・ケープタウン(One & Only Cape Town) ★★★★★

世界各国のセレブリティに人気のラグジュアリーリゾート「ワン&オンリー・ケープタウン」。
ラグーンを囲むようにして建つホテルは、全室バルコニー付きの「マリーナ・ライズ」と水際にある隠れ家的な「アイランド」の2つのカテゴリーに分かれています。スパやプール、レストランなどの設備も充実しているため、ゆったりと落ち着いたひとときを過ごしたい方におすすめです。

◎詳細情報
所在地:Dock Rd., V&A Waterfront
電話番号:(021)431-5888
公式HP:https://www.oneandonlyresorts.com/
客室数:131室
Wi-Fi:あり(客室)

◇ベルモンド・マウント・ネルソン・ホテル(Belmond Mount Nelson Hotel) ★★★★★

市内の中心部にありながら緑に囲まれているホテル「ベルモンド・マウント・ネルソン・ホテル」。
薄ピンク色の本館・新館やコテージにある各客室のインテリアはすべて異なっており、お部屋ごとにちがった雰囲気を味わうことができます。廊下の調度品や壁紙など至る所に伝統を感じさせ、特に花や樹々が美しい庭は見事。レストラン、会議室、ジム、温水プールも完備されています。

◎詳細情報
所在地:76 Orange St.
電話番号:(021)483-1000
公式HP:https://www.belmond.com/
客室数:198室
Wi-Fi:あり(客室)

◇ザ・ポーツウッド・ホテル(The Portswood Hotel) ★★★★

港町ケープタウンを象徴するようなホテル「ザ・ポーツウッド・ホテル」。
ロビーには帆船の模型、各部屋には帆船の絵が飾られており、さらに全室から港またはテーブル・マウンテンが眺められるという好立地に位置しています。牢獄を改装してつくられた雰囲気の良いレストランも人気。

◎詳細情報
所在地:Postswood Rd., Portswood Sq., V&A Waterfront
電話番号:(021)418-3281
公式HP:https://www.legacyhotels.co.za/en
客室数:103室
Wi-Fi:あり(客室)

(2)ヨハネスブルグ(Johannesburg)

ヨハネスブルグ

南アフリカ最大の都市として知られるヨハネスブルグ。
エネルギッシュな雰囲気が漂い、南アフリカのほかの場所では感じることができないパワーで満ち溢れている街です。
ヨハネスブルグのおもなみどころとしては、旧青果市場を改装してつくられた博物館「ミュージアム・アフリカ」や話題の作品を楽しめる「マーケット・シアター」、ゴリラのマックス君が眠ることで知られる「ヨハネスブルグ動物園」、人類の起源を学べる「オリジン・センター」などがあります。
また郊外には、ライオンの赤ちゃんを抱いて記念撮影ができる「ライオン・パーク」、“人類のゆりかご”と呼ばれる世界遺産「スタークフォンテン洞窟」などがあり、ヨハネスブルグを拠点としたツアーもたくさん開催されています。

ヨハネスブルグには5つ星の豪華なホテルからB&B(ベッド&ブレックファスト)、安宿までさまざまなタイプのホテルが揃っています。郊外のサントン、ローズバンクには一流ホテルが林立しており、多くのビジネスパーソンや観光客が利用しています。

◇サントン・サン(Sandton Sun) ★★★★★

超豪華な近代的ホテル「サントン・サン」。
料金もかなりのものですが、それに見合った設備とサービスを誇っていることから多くの人々に愛されているホテルです。サントン・シティと連絡通路で直結しているため、ショッピングを楽しみたい方にはぴったり。

◎詳細情報
所在地:Cnr. Fifth & Alice St., Sandton
電話番号:(011)780-5000
公式HP:https://www.tsogosun.com/
客室数:326室
Wi-Fi:あり(客室)

◇ヒルトン・サントン(Hilton Sandton) ★★★★★

リボニア通り沿いに建つ豪華5つ星ホテル「ヒルトン・サントン」。
サントン・シティ、ネルソン・マンデラ・スクエアから歩いて数分という立地の良さと、32㎡~という十分な広さの客室が魅力的なホテルです。サントンはビジネス街でもあることから、ビジネスパーソンにもよく利用されています。

◎詳細情報
所在地:138 Rivonia Rd., Sandton
電話番号:(011)322-1888
公式HP:https://www.hilton.com/en/
客室数:329室
Wi-Fi:あり(客室)

◇ハイアット・リージェンシー・ヨハネスブルグ(Hyatt Regency Johannesburg) ★★★★★

高級感と行き届いた清潔感からビジネスパーソンにも人気のホテル「ハイアット・リージェンシー・ヨハネスブルグ」。
ローズバンク・モールに歩いて行ける好立地に位置しており、ショッピングを楽しみたい方にも便利です。客室設備はもちろん、スパやマッサージなどのサービスも充実しているため、落ち着いたひとときを過ごすことができます。

◎詳細情報
所在地:191 Oxford Rd., Rosebank
電話番号:(011)280-1234
公式HP:https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/south-africa/hyatt-regency-johannesburg/johph

 

2.ケープタウン・ヨハネスブルグ 各都市の移動手段について

ケープタウン

南アフリカを代表する2つの都市、ケープタウンとヨハネスブルグ。
ここでは、これらの都市の観光を考えている方に向けて、市内の交通機関をご紹介します。

(1)ケープタウン(Cape Town)

①ツアーに参加

ケープタウンには市内、郊外の両方にさまざまなみどころがあります。
郊外はあまり公共交通機関が発展していないので、効率的にみどころを巡りたいという方はケープタウン拠点のツアーに参加するのがおすすめ。「ケープ半島半日ツアー」や「ワイン・ランド・ツアー」、「ホエールウォッチング・ツアー」などさまざまなツアーがあります。

②ケープタウン観光バス

時間を制約されたくないという方は、ケープタウン観光バスを利用してみましょう。
好きな場所で乗り降りすることができ、市内とケープ半島のみどころの一部を巡ることができます。

③タクシー

ケープタウンのタクシーはメーター制ですが、料金は会社によってバラバラ。流しのタクシーのなかには悪質なドライバーも多いので、ホテルやレストランで呼んでもらった方が確実です。料金のおおよその目安は、中心部からウォーターフロントまでR50程度です。

④市バス

市内中心部からウォーターフロントやシー・ポイント、キャンプス・ベイなどに行くには市バスを利用するものおすすめ。観光客の利用も多く、ホテルやレストラン、観光地などを刑有しているのでとても便利です。

⑤その他

その他の移動手段としては、リッキーと呼ばれる小型トラックを改造した乗り物、市内と近郊を結ぶゴールデン・アロー・バスやミニバスがありますが、よほど慣れている旅行者でなければ利用しづらいでしょう。半島南部のサイモンズ・タウンやケープタウン近郊行きの列車もありますが、昼間でも安全とはいえないので利用は避けましょう。

 

(2)ヨハネスブルグ(Johannesburg)

一見平和そうに見えても、実は危険な場所も多いヨハネスブルグ。
市内にはミニバスなどの公共交通が走っているが、決して利用しないこと。
町なかを巡りたいのであれば、信頼のできるタクシーをチャーターするか市内ツアーに参加するのがおすすめです。見どころをざっと巡るなら、観光バスの利用も◎。

 

南アフリカに行こう!

いかがだったでしょうか。今回は南アフリカのおすすめホテルや、ケープタウン・ヨハネスブルグ各都市の移動手段をまとめてご紹介しました。ぜひ南アフリカの旅を心ゆくまで楽しんでくださいね。
Ooohでは、皆さま一人ひとりのご要望に合わせた旅のプラン作りのお手伝いをさせていただいております。些細なことでも構いませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

チャットで南アフリカ旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!