【定番からB級まで】モロッコを訪れたら食べたいグルメ8選

モロッコってどんな国?

モロッコ砂漠

基本情報

首都:ラバト
宗教:イスラム教
民族:アラブ人、ベルベル人など
言語:アラビア語(公用語)、フランス語
通貨:ディルハム
時差:マイナス9時間(モロッコが正午のとき、日本は午後9時)

モロッコの食文化

アフリカ北西部に位置するモロッコの食文化は、”砂漠の民ベルベル人とアラブのミックス”と表現することができます。

フランスの植民地だったことからモロッコの主食はパンです。モロッコで最も一般的な「ホブス」、薄く焼いた「ムセメン」、日本人にもお馴染みの「バゲット」などがあります。モロッコの人々はこれらのパンをお供におかずやスープを食べます。

今回は、煮込み料理や豆料理、食感がユニークなクスクスなど、日本では食べられないモロッコのおすすめグルメをご紹介していきます。

必ず食べたい!定番グルメ5選

野菜とお肉をじっくり煮込んだ「タジン鍋」

タジン鍋

一時期日本でもブームになったタジン鍋は、モロッコを中心とした北アフリカ地域の定番料理です。

鶏肉や羊肉、野菜を入れた鍋にとんがり帽子のような三角蓋をかぶせ、ふっくら時間をかけて煮込みます。サフランやパプリカなどのスパイスで味付けがお肉や野菜の旨味を引き出します。

お肉と野菜の他に魚やキノコ、豆が入ったタジン鍋もあるので、色々な種類を食べ比べてみるのもおすすめです。モロッコ人が毎日食べるほど定番料理なので、ぜひ旅中一度は食べてみましょう。

つぶつぶ食感がやみつきになる「クスクス」

クスクス

クスクスは、北アフリカや中東を代表する煮込み料理です。スムールという粗粒状の小麦を蒸して野菜やお肉と一緒に食べる料理で、煮込まれたスープとたっぷりのスパイスで味付けされています。

世界最小のパスタと言われるクスクスは、米よりも細かく粒々の食感で一度食べたらやみつきになります。スープの味やスパイスの配合はレストランごとに違うので、色々なレストランで食べているうちにお気に入りの味が見つかるかも。

モロッコでは、安息日である金曜日の昼食にクスクスを食べることが多く、朝に家族でモスクに行きその後のお昼にクスクスをみんなで食べるので金曜日は「クスクスデー」と呼ばれることもあるとか。この他、結婚式、誕生祝い、割礼、葬式など主要な行事でも食べられているフォーマルなモロッコ料理でもあります。kusuk

身体に優しい回復食スープ「ハリラ」

ハリラ

ハリラは、スパイスの効いたトマトベースのスープにひよこ豆や野菜、ショートパスタを入れて煮込んだ料理です。日本人にとっての味噌汁のようなもので、モロッコの人々にとっては欠かせない料理です。

ほとんどがイスラム教徒のモロッコでは、ラマダンという断食が定期的に行われます。身体に優しく栄養たっぷりのハリラは、ラマダンが明けた時によく飲まれるので、「ラマダンブレックファスト」のメニューとしても知られています。

初めて飲むとその独特な味に慣れないかもしれませんが、毎日飲んでいると食事には欠かせない一品になってくるのが不思議ですね。寒い日や胃が疲れている時にもぴったりのスープとなっています。

シンプルで飽きない味わいのパン「ホブス」

ホブス

フランスの植民地であった歴史から、モロッコの主食はパン。モロッコではスプーン替わりにパンを使って食べると言っても過言ではないほど、どんな料理にもパンを合わせます。

中でもポピュラーな「ホブス」は、平焼きの丸いパン。バターなどを使わずシンプルな材料で作られているので、噛めば噛むほど味わいが増します。この飽きのこない上品な味わいは、どんな料理も美味しく味を引き立ててくれます。

タジンなど汁気の多い煮込み料理にはホブスがぴったり!ホブスで汁や具をすくいながら食べるのがモロッコ流の食べ方。また、ホブスのシンプルな味わいはサンドウィッチにも向いています。現地では、じゃがいもとゆで卵を挟みオリーブオイルをたっぷりかけたものが人気のようです。

とっても甘党なモロッコ人は、ホブスに甘いジャムやはちみつなどをかける食べ方も好き。このように色々な食べ方でホブスを楽しんでみてくださいね。

爽やかなミントで癒される「モロカンミントティ」

モロカンミントティ

モロッコの生活で欠かせない飲み物、モロカンミントティー。宗教上アルコールを飲めないベルベル人たちにとって団欒にマストな飲み物ということで、ベルベルウィスキーとも呼ばれています。

緑茶にフレッシュなミントと大量の砂糖を加えて飲むのでとても甘い仕上がりです。甘いのが苦手な方は、注文の時に砂糖少なめ、もしくは砂糖なしと伝えましょう。

ポットに入ったミントティを高い位置から注ぎ入れるパフォーマンスも見ものです。それを何度か繰り返すことで、空気が入ってまろやかになると同時に飲みやすい温度になるそう。ツアーではガイドさんがミントティを勧めてくれることがありますが、一杯飲んだだけでも旅の疲れを癒してくれます。

知る人ぞ知る!B級グルメ3

量り売りで買える豆「カウカウ」

カウカウ

モロッコの人々にとって豆は身近なもので、たくさんの料理に豆が使われています。軒先に並ぶミニショップに様々な豆やアーモンドなどが並んでいるので、お好みの豆を量り売りで購入することができます。

栄養満点!濃厚な「アボカドミルク」

アボカドミルク

モロッコでは、太陽の恵みをたくさん受けて育った新鮮なフルーツジュースがポピュラーです。朝食のお供や午後のカフェタイムに旬のフルーツジュースを飲むモロッコ人の姿が多くみられます。

中でもおすすめなのが「アボカドミルク」です。濃厚なアボカドとミルクの組み合わせは癖になる美味しさです。良質な栄養分もとれるので、旅中見かけたらぜひ試してみてくださいね。

やみつきになるフルーツシェイク「パナシェ」

パナシェは、りんご、アーモンド、デーツ、ミルクなどが入ったフルーツシェイクです。「アボカドパナシェ」や「ナッツパナシェ」など種類も豊富!

日本にはない中毒性のある味なので、街中のパナシェ専門店を見つけたらぜひ挑戦してみてくださいね。

モロッコに行こう!

いかがでしたか?
モロッコのグルメはどれも日本人には珍しい味!でも一度食べたらその味が忘れられないやみつきになるグルメばかりです。日本ではなかなか出会えないグルメをぜひモロッコで味わってみてくださいね。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さいね。

チャットでモロッコ旅行の相談が無料でできるOooh

チャットで無料相談する

 

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!