【用語集】モザンビーク旅行に行くなら覚えておきたい挨拶やお礼など

インド洋沿いに長い海岸線を持ち、アフリカ南部に位置する国、モザンビーク。。古くから交易の要衝として栄え、ポルトガルやアラブなどの海外文化に影響を受けています。そのため他のアフリカ諸国とは少し違った雰囲気が味わえるのが魅力です。
海外旅行での醍醐味の一つに現地の方との交流があるのではないでしょうか。さらっとワンフレーズ話すだけでもぐっと距離が縮まるはずです。今回はモザンビークに旅行した際に覚えておきたい用語をまとめて紹介します。

 

目次

モザンビークの基本情報

モザンビークの旗

まずはじめに、最も基本的なモザンビークという国に関する情報を紹介します。

【国名】モザンビーク共和国(Republic of Mozambique)
【首都】マプト(Maputo)
【人口】約2949万人(2018年)
【面積】79.9万㎢(日本の約2倍)
【通貨】メティカル
【民族構成】マクア、ロムウェ族など約40部族
【宗教】キリスト教(約40%)、イスラーム教(約20%)、伝統宗教
【時差】日本より7時間遅れ。サマータイムの採用はなし。
【言語】ポルトガル語・英語
【出入国手続き】
①ビザ:必要
②パスポート:申請時6ヵ月以上の残存有効期間が必要。また余白ページが連続で4ページ以上必要。

 

モザンビーク旅行で注意すべきこと

モザンビークの街モザンビークは近年急速な経済成長を実現していますが、それに伴って貧富の差が拡大し、強盗や誘拐、性犯罪、空き巣、車上荒らしなど様々な犯罪が多発していることが社会問題になっています。以下、モザンビークへ旅行した際に注意したいポイントをまとめました。

(1)危険な地域には立ち入らない

外務省が発表しているモザンビークの危険情報によれば、モザンビークは地域によって危険レベルが0~3とバラつきがあります。北部のカーボデルガード州では正体不明の武装集団による襲撃事件が頻繁に発生し、非常に危険な状態であることから「渡航中止勧告」である危険レベル3又は「不要不急の渡航中止」の危険レベル2が発出されています。その他にも首都マプトを含むマプト州などで危険レベル1が出されており、警戒が必要です。

(2)夜間の一人歩きは危険

多くの国でそうであるように、モザンビークでも夜間の一人歩きは危険です。夜に出歩くとなるとそれだけで犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高まります。モザンビーク観光の際には昼間、できるだけ大人数で行動することを心がけましょう。

(3)強盗に注意

観光客が訪れるであろうホテルや観光スポット周辺でも武器を持った強盗に遭遇する可能性があります。万が一強盗に遭遇してしまった場合には無理に抵抗せず、相手を刺激するような言動は避けてください。またターゲットにされないために、お金を持っているように見える服装やアクセサリーは避けた方がいいでしょう。

 

モザンビーク旅行で使える基本フレーズ

モザンビークの山モザンビークの公用語はポルトガル語です。15世紀にポルトガルに占領され、1975年に独立しました。ここでは日常で使える挨拶や自己紹介で使えるフレーズを紹介します。

(1)おはよう:Bom dia(ボン ディーア)

bomは「良い」、diaは「一日」を意味し、二つ合わせることで英語の「good morning」のように「おはよう」となります。


(2)こんにちは:Boa tarde(ボア タールデ)

tardeは「午後」を意味します。

(3)こんばんは:Boa noite(ボア ノイト)

寝る前や別れ際の場合は、「おやすみなさい」という意味になります。

(4)やあ:Oi/Olá(オイ/オラ)

道であった際などに使われる、英語でいう「Hi(ハイ)」にあたる表現です。また、Oiは聞き返すときにも使われ、その際は「えっ?」という意味になります。

(5)元気ですか?:Tudo bem? (トゥドゥ べン?)

直訳すると「全てうまくいってますか?」となります。

(6)調子はどう?:E aí?( イ アイ?)

くだけた表現で、友達同士で使う挨拶です。英語で言うところの「What’s up?」 に相当します。

(7)さようなら:Adeus(アデウシュ)

他にも別れの挨拶に「Tchau (チャオ):またね」があります。こちらは軽い別れを告げる挨拶です。

(8)ありがとう(男性):Obrigado(オブリガード)
        (女性):Obrigada(オブリガーダ)

最初に「Muito(ムイント):本当に」をつけるとより丁寧な表現になります。

(9)ごめんなさい:Foi mal(フォイ マウ)

道で人にぶつかってしまった時などの謝罪する際に使います。

(10)すみません:Com licença (コン リセンサ?)

主に人を呼ぶときに使われる表現です。人混みを通る際の声を掛ける時に「すみません」といった意味合いにも使えます。

(11)私の名前は〇〇です:Meu nome é 〇〇(メウ ノーミ エ)

〇〇のところに名前を入れて、自己紹介の時に使えるフレーズです。

(12)はい/いいえ:Sim (シン)/Não(ナォン)

ポルトガル語は日本語と似ている部分があり、質問の答えで「はい/いいえ」単体で答えることはとても珍しく、後ろに必ず動詞がつきます。注意したいのがはい」にはもう一つ「Pois(ポイシュ)」という表現があります。日本語にすると、「そうそう」や「うん」といった、口語的な肯定の返事です。

 

モザンビーク旅行に便利なフレーズ

モザンビークのビーチモザンビークへ旅行した際に使えるポルトガル語を紹介します。

(1)〇〇をください/お願いします:〇〇  por favor(ポル ファヴォール)

レストランで注文するときや、商店で何かを買う時に便利なフレーズです。物の名前がわからないときは、指をさしながら「これ」にあたる「isto(イシュトゥ)」を使いましょう。

(2)いくらですか?:Quanto custa? (クアントゥ クシュタ)

(3)おすすめ料理は何ですか?:Qual prato recomenda?(クァル プラット ヘコメンダ?)

現地の料理を味わうのも旅行の楽しみ。ぜひレストランなどで店員さんのおすすめを聞いてみてください。

(4)美味しい:gostoso(ゴストーソ)

料理がおいしかった時は感想を伝えてみましょう。きっと喜んでくれるはずです。

(5)〇〇はどこですか?:Onde fica 〇〇?(オンジ フィカ)

〇〇に目的地を入れて、道を尋ねたいときなどに使えます。

(6)クレジットカードは使えますか?:Posso usar cartão de crédito?  (ポーソ・ウザール・カルタォン・ジ・クレジット?)

各種クレジットカードはホテルやレストランで使用可能ですが、念のために確認したい場合に使ってみてください。

(7)〇〇に行きたいです:Eu quero ir 〇〇(エウ キエロ イール)

タクシーやバスなどに乗る際に行き先を伝えられるフレーズです。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はモザンビーク旅行の際に使える用語を紹介しました。ぜひモザンビークを訪れた際は積極的に使って、現地の方とコミュニケーションをとってみてください。より旅が楽しくなるはずです。
Ooohでは現地に詳しい旅のプロが、チャットを通してあなたの希望に合わせて旅行プランをご提案します。チャットは無料で利用できますので、ぜひお気軽に相談して下さい。

チャットでモザンビーク旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!