【用語集】ブラジル旅行に行くなら覚えておきたい挨拶やお礼など

日本から見ると地球の裏側に位置する広大な国、ブラジル。
アマゾン川やイグアスの滝に代表される雄大な自然や、コロニアルな建造物が立ち並ぶ街並み、陽気な文化や温かい人々など、多彩な魅力に溢れた国です。
そんなブラジルの公用語はポルトガル語。観光地などでは英語が通じる場面もありますが、やはり基本的なコミュニケーションはポルトガル語で行うことが多いです。そこで今回はブラジル観光の際に知っておくと便利なポルトガル語のフレーズをご紹介します。

ブラジルの基本情報

ブラジルの旗Image by ASSY from Pixabay

まずはじめに、ブラジルという国に関する基本的な情報をご紹介します。
【国名】ブラジル連邦共和国(Republica Federativa do Brasil)
【国旗】緑は森、黄色は鉱物、青い丸は空を表わしている。青い丸のなかの27個の星は、ブラジルの26州と首都ブラジリアを意味しており、1889年11月15日に無血革命で共和制となった際のリオデジャネイロの星座となっている。中央の文字は「秩序と進歩」を意味する。
【面積】約851万2㎢(日本の約22.5倍)
【人口】約2億784万人(2015年)
【首都】ブラジリア(Brtasilia)
【民族構成】白人系(48%)、混血(43%)、アフリカ系(8%)、アジア系ほか先住民など(1%)
【宗教】国民の大半がローマ・カトリックを信仰。ほかにプロテスタントやユダヤ教など。

 

ブラジル旅行で注意すべき4つのこと

サンパウロ

ブラジルは多彩な魅力にあふれた陽気な国ですが、その一方で少々危険なイメージをお持ちの方も少なくはないはず。また日本から遠く離れた国ということで、文化や習慣のちがいを感じる場面も多くあるかもしれません。ここではブラジル旅行で観光客が気を付けるべき4つのポイントについてまとめて紹介します。

①「待つ」のがあたりまえの文化
ブラジル旅行の際に、日本人観光客の多くがストレスを感じることとして時間感覚のちがいがあります。日本では電車などの公共交通機関も待ち合わせも時間厳守が基本ですが、ブラジルでは何事も「待つ」のがあたりまえ。ブラジルに降り立つと、ATMや電車、売店のレジに至るまでさまざまな場所で長い行列ができているのに驚くことでしょう。
またブラジル人と会う約束をした際に、ブラジル人がメールなどでいう「到着しました(estou chegando)」は、しばしば彼らがまだ家にいることを表わしています。悪気があるわけではないので、過度にイライラすることなく気長に待つ姿勢が、ブラジル観光を楽しむ秘訣かもしれません。

②徹底した防犯対策
アメリカ雑誌『グローバル・ファイナンス」が発表した「世界で最も治安のよい国ランキング」によれば、ブラジルは108位。世界的にみてもブラジルは治安が良い国とは言えず、危険な国と言わざるを得ません。
ブラジルを訪れる際には、貴重品を厳重に管理する、夜の一人歩きは控える、貧民街に近づかない、高価なものは身に着けないなど基本的な防犯対策を徹底して行ってください。また外務省や大使館から出される情報を常にチェックし、急な情勢の変化に気づけるように心がけましょう。

③国の批判はNG
ブラジル人は汚職や不正といった問題に関して、自国を批判することがよくあります。しかし外国人旅行者が同じように批判することは好まれません。
確かにブラジル人は自分たちの住む国に不満を感じることもありますが、同時に多くの魅力を誇りに思っています。ブラジルに限らず、どこの国においても少なからずそうであると思いますが、現地の方と良好な関係を築きたいのなら、まず相手国の長所を理解し、分かち合いましょう。

④OKのジェスチャーに注意
日本においては、親指と人差し指で丸をつくるのは「OK」というサイン。しかしブラジルにおいてこのサインは、性的且つひどく侮辱的な意味を持ちます。このことを知らずにうっかりこのサインを使ってしまうと、ブラジル人の方に不快な思いをさせてしまうので旅行中は心に留めておくようにしてください。
一方、親指を立てるジェスチャーはブラジルにおいても「全て良い」「すばらしい」といった意味合いで使われているので、こちらのサインなら誤解なく思いを伝えることができそうです。

 

ブラジル観光で使える用語集

ブラジルの人々

ブラジルは、スペイン語を公用語とする他の南米諸国とは異なり、ポルトガル語を公用語とする国です。スペイン語はほとんど通じず、英語も観光地においてや若い世代の方々には通用することもありますが、基本的にはポルトガル語が使われています。
そこで以下ではブラジル観光で使えるポルトガル語のフレーズをまとめてご紹介します。

(1)挨拶編

①ボン・ジア…おはようございます
ボア・タルヂ…こんにちは
ボア・ノイチ…こんばんは
これらは最も基本的な挨拶として知られています。“ボア・ノイチ”は、寝る前や別れ際などに使われると「おやすみなさい」の意味になります。
②オイ/オラ…やあ
道で出会ったときなどに交わされる軽い挨拶の言葉。英語でいうところの“Hi”にあたります。“オイ”は聞き返すときにも使われる言葉で、その際は「えっ?」という意味になります。
③トゥドゥ・ベン?…元気ですか?
ブラジル人が人と会ったときに最初に使うフレーズです。直訳すると「全てうまくいっていますか?」という意味になり、転じて「元気ですか?」という意味になります。類似表現としては“トゥードゥ・ボン?”もあるので覚えておきまよう。
④フィルメーザ?…元気?
友達や親しい仲で使われる、少しくだけた言葉です。また答えるときに“フィルメーザ”を使えば、「いいよ」「OK」という意味になります。ほかに“ベレーザ?”や“イ・アイ?”も親しい仲で使われる同様の意味の表現です。
⑤グラッサス・ア・デウス…おかげさまで
直訳は「神のおかげで」となりますが、転じて「おかげさまで」という意味になります。「元気ですか?」と聞かれた際の返事や、なにか良いことがあったときに使う表現です。
⑥チャオ…さようなら
今後もう会うことがないという場面で使う別れの挨拶です。“アデウス”は同じく「さようなら」の意味ですが、近いうちにまた会う可能性があるときに使います。
⑦アテ・アマニャン…また明日
類語には“アテ・ローゴ”「またすぐに」や、“アテ・マイス・タルヂ”「またあとで」があります。

(2)感謝と謝罪編

①オブリガード/オブリガーダ…ありがとう
男性は“オブリガード”を、女性は“オブリガーダ”を使います。一番シンプルに感謝の言葉を表現できるフレーズです。
②ヴァレウ…どうも
少しくだけた表現。感謝の気持ちを伝えるときに使います。
③ジ・ナーダ…どういたしまして
相手から感謝の気持ちを伝えられた際に返す言葉です。
④ヂスクウパ…すみません
謝る時に使う表現です。
⑤フォイ・マウ…ごめんなさい
道で人にぶつかってしまったときなどに使う言葉です。

 

情熱の国ブラジルに行こう!!

今回は「【用語集】ブラジル旅行に行くなら覚えておきたい挨拶やお礼など」と題して、せっかくの旅を楽しむためにぜひとも覚えておいていただきたいフレーズを紹介致しました。皆様の旅が、一生の宝物になるような素敵なものになることをお祈りしています。
Ooohでは、旅のプロがあなたのニーズを汲み取って、最適な旅行計画を提案いたします。些細なことでも構いませんので、ぜひ気軽にご相談ください。

 

チャットでブラジル旅行の相談が無料でできるOooh

>海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

海外旅行の無料チャット相談「Oooh」

"簡単チャットで無料相談"
現地在住の旅のプランナーがあなたに合わせた旅行プランを提案から手配までしてくれるサービスです。

忙しいあなたでも旅プランナーと一緒に希望通りの旅を実現できます!